志望動機の書き出しの例文!インパクトが需要。【新卒・履歴書・ES】

志望動機の書き出しの例文!インパクトが需要。【新卒・履歴書・ES】

志望動機の書き出しは、採用担当者が一番先に見るのでいちばん重要です。

採用担当者はたくさんの履歴書に目を通すので、書き出しに採用担当者の目を引くようなインパクトを与えて、良い印象を残さなければいけません。

この記事では、志望動機の書き出しにインパクトを与える方法やポイントをご紹介します。

就活での志望動機書き出し!履歴書に書くポイント

まずは、志望動機の書き出しのポイントを3つのポイントにまとめてご紹介します。志望動機書き出しにインパクトを与えよう!就活を有利に!新卒・未経験者必見!

まずは結論から!

まずは結論から!

履歴書の書き出しは必ず結論から書きましょう!

まず、一番重要なのは「結論」です。

なぜかというと、「志望した理由」つまり、結論を最初に書く事で志望理由を明確にアピール出来るからです。

なので、志望動機を必ず最初に書きましょう!

良くある失敗例としては一番最後に結論である志望動機を書いてしまうパターンです。

なぜ志望しているのかの理由が曖昧になってしまうのでやめましょう。

「私は、〇〇なので、この会社に志望いたしました。」

言い切る形で結論を先に書きましょう!

結論の次に根拠を書く!

結論を先に書き、その次にその「根拠」を書くと良いでしょう。

「なぜなら、〇〇だからです。」

とハッキリと分かりやすく書く事が大切です。

必然性をハッキリと書く!

「必然性」とは「なぜ、この会社でなければいけないのか?」ということです。

よくある失敗例は「貴社でなら私の想いを実現していけると感じたので」という、曖昧すぎる表現です。

これでは、仮に書類選考に通過したとしても、「他の会社でもいいんじゃないの?」と面接でつっこまれることになるでしょう。

この会社でなければならないという想いが採用担当者に伝わるように具体的に書きましょう。

このポイントを押さえて書いた例文が、以下の通りです。


①結論

〇〇業界での経験を活かせる仕事を探しておりましたので、今回の募集を拝見してすぐに応募致しました。

②根拠

在学中は、〇〇を専攻していました。以前から〇〇に興味があり、大学でも集中して学んできました。

③必然性

貴社の〇〇という企業理念に、共感しました。また、貴社にOB訪問をさせて頂き、詳しいお話を伺って、説明会にも参加いたしました。その際に、貴社は自分が今まで学んできた経験と知識を存分に活かせる環境があると感じました。

全社員が一丸となって目標に向かっている企業だという印象を受けたことも、貴社を志望した理由です。


①結論・②根拠・③必然性

このようにポイントを押さえて書くと、かりやすく説得力のある書き出しになります。

構成を工夫し、説得力をもたせる

文章全体の構成を意識して書きましょう。

また構成に説得力があれば、魅力的で、伝わりやすい志望動機になります。

書き出しの結論の部分でグッと読み手を引き付けたあと、そのつぎの結論に説得力を持たせることが大事なのです。

将来自分が勤めるかもしれない会社なので、当然、皆さん会社の情報はチェックしていると思います。

しかし、さらに説得力を持たせるためには、企業HPや求人情報はもちろん、説明会やOB訪問に行ったりするなどして企業情報を徹底的に調べ、企業の事業・業務内容・社風などをしっかりと把握しておきましょう。

また、「なぜこの会社でなければならないのか」という部分の説得力を高めるには、同業他社との違いを把握することは特に重要ですので、正確な情報を基に具体的に書きましょう。

インパクトを残す

志望動機の書き出しに、インパクトがあればさらに魅力的になるでしょう。

ここでは、採用担当者の目をより引き付ける書き方のポイントを3つ紹介します。

「自分の将来像」をアピール

自分がこの企業でどんな人物になりたいのか、というのをアピールしていきましょう。

そのためには、まず「なぜ自分はそう思ったのか」と過去の経験などを起点に書きましょう。

そして、その企業の理念などをポイントに「どこが魅力的だと思ったのか」も含めて書くと良いでしょう。それを基に、「その会社でどんな人物になりたいか」という未来を考えて自分の将来像を書いてください。

過去から未来への軸を決めて志望動機を書く事で、強いインパクトが生まれます。

「自身の経験や能力」についてアピール

自分がどのような能力をもっていて、それは他の人とどう違うのかという事を具体的に説明しましょう。

資格をもっている人は、必ずその資格をとった経緯なども含めて書くと効果的です。

また、資格のない人でも、学生自体の経験から、どのような事を学んだのかを具体的に書き、それが企業にどのように役に立つのかという事をアピールしましょう。

これをアピールすることで他の応募者との差別化ができます。

「装飾やひとひねりした書き方」でアピール

何百何千の履歴書を見なければならない採用担当者は、たったの数秒で合否を判定しなければなりません。パッとみたときに、装飾や変わったフレーズがあると「とりあえず会ってはなしを聞いてみよう」と思わせることが出来ます。

例としては

  • 強調する文字を太く書く
  • 赤ペンを使う
  • キャッチーな言葉に言い換える

などがあるでしょう。

見た目のインパクトも重要なので、ぜひ取り入れてみましょう。

志望動機書き出しの例文(未経験)

事務

ここでは営業サポート事務での志望動機を例にあげて紹介します。

事務では正確さや丁寧さや根気強さがあることを中心にアピールしていくと良いでしょう。

また、協調性とコミュニケーション能力があることをアピールすることも事務職では有効です。


【例文】

私は人をサポートすることが得意な性格なので、事務職に向いていると感じ、貴社に応募いたしました。

私は学生時代、〇〇サークルで副幹事をしておりました。

その中で、仕事を一つ一つを丁寧にこなし、メンバーとコミュニケーションをとりながら、皆がスムーズに仕事ができるようサポートすることにやりがいを感じました。

また、どんな仕事でも柔軟に考え処理をしていく対応力も身に付けました。

このような経験から、営業職をサポートできる一般事務の仕事に興味を持ちました。

事務作業は全くの未経験ですが、貴社では研修制度が非常に充実しているということで大変興味を持っております。

貴社に採用された際には、学生時代に培った経験を基に営業の方が円滑に業務を行えるようにサポートしていきます。

看護師

ここではクリニックでの志望動機を例にあげて紹介します。

看護師の勤務先には大型病院、小児科、クリニックなど様々な種類がありますが、その病院の特徴にあった志望動機を意識して書きましょう。


【例文】

私は、患者さんとしっかり向き合える看護をしたいと思い、貴院に応募いたしました。

看護学校での研修などを通して、看護師という職業は多くの知識や技術が必要だという事とともに、患者さんに寄りそうことが一番重要だと感じました。

そのため、貴院の「患者さんを尊重し徹底的にサポートする」という看護理念に大変共感をし、是非とも貴院で働きたいと思いました。

貴院は地域密着型のクリニックのため、患者さんのに寄りそい、精神面でのサポートをより近い立場できると考えております。

私は、小さな頃から人の役に立つ仕事に就きたいという思いから看護師を目指しました。

患者さんの立場になり、患者さんの気持ちに寄りそえる看護師になるというのが私の目標です。

貴院では地域医療に率先して取り組んでおり、地域住民からの信頼も厚いことから、私も貴院が目指す地域に根差したクリニックの一員となりたいと強く思っております。


公務員

ここでは市役所での志望動機を例にあげて紹介します。

地域に貢献したいという意欲や、事務作業を迅速に行えるかというのもアピールポイントの1つとなるでしょう。


【例文】

私は生まれ育った〇〇市に貢献できる仕事がしたいと考え応募いたしました。

昨年の〇〇地域イベントでは、ボランティアとして参加致しました。

その際、職員の皆様がひとつひとつ丁寧に仕事内容を教えてくださったことが印象に強く残っています。

このように地域に貢献されている職員の皆様に尊敬と憧れを抱き、私も皆様のように地域の皆様のお役に立てる仕事をしたいと考えるようになりました。

また、私は大学時代にMOSの資格を取得しておりますので、パソコンの扱いには自信があります。この能力は日常の業務を迅速かつ正確に行うことに役に立つと考えております。

採用された際には、職員の皆様のように丁寧で心のこもった仕事をこなす職員になり、〇〇市に貢献していきます。


まとめ

志望動機の書き出しは合否を決める一番重要なポイントです。

しかし、どんなに一生懸命に書いても、インパクトに欠けていると採用担当者からスルーされてしまい、書き出しすら読んでもらえないという事も。

上記で紹介した方法を使って、志望動機の書き出しにインパクトを与えて自分の魅力を存分にアピールしてください!

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

就活カテゴリの最新記事