アイリスオーヤマフライパンどこで売ってる?最安値は?口コミ評判・おすすめを解説

アイリスオーヤマフライパンどこで売ってる?最安値は?口コミ評判・おすすめを解説

お手頃価格で使いやすいと評判のアイリスオーヤマのフライパン。「何を買ったらいい?」「どこで売っている?」など、豊富な種類からどれを購入していいか迷う方も多いのではないでしょうか?

アイリスオーヤマのフライパンは主に4つの種類があり、100点以上ものラインナップがあります。さらに、単品か?セットか?などの選択肢もあり迷ってしまいますよね。私もアイリスオーヤマのフライパンを初めて購入するとき、とても困りました。

そこでこの記事では、アイリスオーヤマのフライパンの特徴・口コミ評判などをまとめていきます。

購入後「ちょっと違うな」「別の種類を買えばよかった」と思わなくていいように購入前に種類や特徴を理解しておきましょう。

これからアイリスオーヤマのフライパンを購入する方はぜひ参考にしてみてください。

アイリスオーヤマフライパンはどこで売ってる?

アイリスオーヤマフライパンはどこで売ってる?

この項ではまず「アイリスオーヤマのフライパンの売ってる場所はどこ」「IH対応フライパンの販売店は?」などの疑問を解決していきます。

実店舗はある?

アイリスオーヤマに実店舗はありません。しかし、実際に店舗で商品をみたい場合は、お近くのホームセンターでチェックできます。ヤマダ電気やヨドバシカメラなどの家電量販店にも置いていますので、店舗に問い合わせてみてください。

もちろん、IH対応フライパンも取り扱いがあるはずです。

アイリスオーヤマフライパンの購入はネットが便利

アイリスオーヤマフライパンの購入は、ネット通販が便利です。

ホームセンターでは種類も少なく、探しているものがなかったりと手間がかかりますが、ネット注文なら価格の比較もできて簡単です。

アイリスオーヤマの実店舗はありませんが、公式通販サイトがあります。アイリスオーヤマの全商品が閲覧・購入できて便利です。しかし、少しでもお得に購入したい方は、最安値で販売しているお店を狙いましょう。

アイリスオーヤマのフライパンの最安値は、商品により多少異なりますが多くがamazonです。普段からamazonユーザーで、プライム会員の場合は送料無料ですし、ポイントも貯まります。

アイリスオーヤマフライパンの種類と特徴

次にアイリスオーヤマのフライパン4つの種類があります。

  • ダイヤモンドコート
  • セラミックコート
  • スキレット
  • フッ素樹脂加工

それぞれの特徴を解説していきます。

ダイヤモンドコート

ダイヤモンドコート

出典:アイリスオーヤマ

ダイヤモンドコートシリーズは、累計販売個数約500万台を超えたアイリスオーヤマの中で人気NO.1のシリーズです。

人工ダイヤモンド粒子をフッ素樹脂加工の中に配合していますので、焦げ付きにくく耐摩耗性に優れています。耐摩耗性実験50万回をクリアした圧倒的に丈夫なフライパン。

少ない油でも焦げ付きがなく、汚れもするっと落ちます。洗剤も少なく済むのでエコ&経済的です。

煮詰めて作るソースや焦げ付きやすいスープも落ち着いて調理できます。IH用は、底面に厚みをもたせた鍛造プレスで熱からの変形を防ぎます。

ダイヤモンドコートシリーズはこちら

セラミックコート

セラミックコート

出典:アイリスオーヤマ

セラミックコーティングから放出される赤外線の熱で。素早く食材に火が通り、芯までしっかり加熱できる時短フライパンです。セラミックコーティングで、焦げ付きにくく少ない油でも調理可能!お手入れも簡単で、洗剤の量も普通のフライパンに比べて少量でOK。

耐摩耗試験は70万回クリア!底面が厚く、側面を薄く設計した鋳造タイプなので、熱変形に強く軽い!取っ手が取れるタイプもコートパンは、オーブン調理もOK!そのまま食卓に出せる手軽さと、おしゃれなデザインが人気です。

セラミックコーティングシリーズはこちら

スキレット

スキレット

出典:アイリスオーヤマ

四角い形が特徴的でおしゃれなスキレットシリーズ。これ1台で「蒸す・焼く・炒める・煮る・揚げ物」までこなす優れもの。表面に焼き色をつけたハンバーグをそのままオーブン調理など、とにかく便利です。

スキレットといえば少し重たいイメージがある方も多いと思いますが、アイリスオーヤマのスキレットはとっても軽いのが魅力的です。一般的なスキレットは、1.5〜2kgとかなりの重量。しかしアイリスオーヤマは20㎝の深型で770g、24㎝でも840gとかなり軽い!

軽さの秘密は、アルミ合金とステンレス鋼を配合した素材だから。表面の凹凸は特殊なコーティング技術で再現しています。鉄オンリーではないので扱いやすく、お手入れもカンタン。丸いタイプもあり、好きな方を選べるのも嬉しいですね。

スキレットシリーズはこちらから

ステンレス

ステンレス

出典:アイリスオーヤマ

ステンレスフライパン「スタイルシェフ」は、丈夫でサビにくくおしゃれ。

保温性の高いステンレスと熱伝導に優れたアルミを挟んだ3層構造。保温性がより高まるので、外はパリッと、中はジューシーに仕上がります。

ステンレスフライパンのネックは焦げ付きやすいこと。しかし、アイリスオーヤマのフライパンは特殊コーティングされていますので、焦げ付きにくい!耐摩耗試験で100万回をクリアしています。

ステンレスフライパンシリーズはこちら

アイリスオーヤマフライパンの口コミ・評判

アイリスオーヤマフライパンの口コミ・評判

アイリスオーヤマのフライパンを購入した方の実際の口コミと評判をチェックしていきましょう。

【ダイヤモンドコートフライパンの口コミ】

  • 軽くて持ちやすくお気に入り
  • サイズ違いで何度も購入している
  • 焦げ付きにくいのでとろみのある料理もストレスなく調理している
  • 取っ手が取れるタイプを購入!めちゃくちゃ使いやすくて収納も場所をとらず◎
  • 洗いやすくて手入れが楽!煮物・焼物・炒め物全部このフライパン1つでやっている
  • コスパがいいので、使えなくなっても買い換えればいいので気が楽

【セラミックコートフライパンの口コミ】

  • パンケーキを焼いたらお店のような焼き上がりに大満足!
  • 取っ手が取れるタイプを購入!カラーが豊富でキッチンが明るくなった。
  • ハンドルととってそのままテーブルへ出しても違和感なし。
  • 油が必要だけどくっつかずに料理できて便利。
  • 洗うのが楽チンでこればっかり使っています。
  • しばらく使うとくっつくようになったので買い直し!リーズナブルで嬉しい。

【スキレットの口コミ】

  • 普通のスキレットと違いかなり軽い!使いやすい。
  • コンロからオーブンへそのまま入れられるので楽チン!しかも食卓へも出せるからおもてなし料理でよく使っています。
  • ステーキが美味しく焼けます!
  • くっつきにくく洗いやすいの手間が少ない

【ステンレスフライパンの口コミ】

  • 使いやすさも抜群だけど、デザインがとても素敵。
  • おしゃれなのでプレゼントに購入しました!
  • 期待通りの使い心地!お手入れしてこの輝きを保ちたいです。
  • ステンレスは焦げ付きやすいイメージがあったけどこれは大丈夫でした!
  • 最初は失敗したけどよく熱した状態で使うと抜群の焼き加減!

アイリスオーヤマフライパンIH対応:おすすめ

それではここからアイリスオーヤマで口コミ評判のいい、IH対応フライパンをご紹介していきます。

アイリスオーヤマ フライパンDIS-W28 28cm ガス火/IH対応:2764円

アイリスオーヤマ フライパンDIS-W28

ダイヤモンドコートでもっともスタンダードな形。多くの人に愛用されている28㎝フライパンです。深型で、多めの量も炒めやすい!これ1台で煮る焼く蒸す揚げるの全てをこなします。アイリスオーヤマのフライパンデビューなら、このタイプをおすすめします。

【詳細】

  • 商品サイズ(cm):幅約49.1×奥行約29.1×高さ約12.1
  • 満水容量:約4.2L
  • 直径サイズ:約28cm
  • 表面加工:内側:ダイヤモンドコーティング:外側:焼付塗装加工
  • 材質:本体/アルミニウム合金(底の厚さ2.6mm)、はり底:ステンレス鋼(クロム16%)、ハンドル/アルミニウム合金、フェノール樹脂(耐熱温度150℃)

アイリスオーヤマ フライパン 28cm DIS-W28はこちらから

アイリスオーヤマ フライパン シルバー 28cm IH対応 SP-F28:3175円

アイリスオーヤマ フライパン シルバー 28cm IH対応 SP-F28

ステンレスSP-F28は、スタイリッシュなデザインと焦げ付きにくいダイヤモンドコーティングで機能性とデザイン性を兼ね揃えたフライパンです。本体底3層+内側3層コーティングで保温性に優れ、外はパリッと中はジューシーに仕上がります。お手入れが楽で圧倒的に使いやすい!

ステンレスフライパンの見た目が好きだけど、焦げ付きやお手入れに不安を感じる方は、ダイヤモンドコーティングされているアイリスオーヤマをおすすめします。

【詳細】

  • 商品サイズ(cm):幅約49.8×奥行約29.4×高さ約9
  • 材質:本体:ステンレス鋼(クロム18%、ニッケル8%)、取手:ステンレス鋼(クロム16%、ニッケル6%)、はり底:アルミニウム合金、ステンレス鋼(クロム16%)
  • 底の厚さ: 6.7mm
  • 満水容量:約3.0L
  • 表面加工:内側:ふっ素樹脂加工

アイリスオーヤマ フライパン シルバー 28cm IH対応 SP-F28

アイリスオーヤマ フライパン 深型 20㎝ ガス火/IH対応 GC-RF-20I:2264円

深型 20㎝ ガス火/IH対応 GC-RF-20I

日本初上陸のロックス加工×サーモロンコーティングで、焦げ付きにくく丈夫で長持ち!耐摩耗試験120万回クリアしています。サーモロンコーティングが放出する遠赤外線効果で焼き上がりはふっくらと仕上がります。

少ない油で調理できるので、健康的。お手入れも簡単です。

アイリスオーヤマ フライパン 深型 20㎝ ガス火/IH対応 GC-RF-20I

アイリスオーヤマのフライパンIH対応:セット

アイリスオーヤマフライパンはセット買いがお得です。形の違うものを幾つか揃えれば、どのような料理にも対応できます。しかも、単品で買うより手間もかからず種類も豊富です。

アイリスオーヤマ フライパン フライパンセット IH対応 6点 H-IS-SE6:4616円

アイリスオーヤマ フライパン フライパンセット IH対応 6点 H-IS-SE6

アイリスオーヤマのダイヤモンドコートフライパンIH対応セットは、アイリスオーヤマ人気アイテムが全て揃った6点セットです。取っ手が取れるので収納しやすくコンパクト。一人暮らしならこの1セットで、ほとんどの料理に対応できます。価格もリーズナブルで万が一どれかが壊れても単品購入できますので安心。

付属の蓋を使ってそのまま冷蔵庫で保存できるのは、かなり助かりますよ。

【詳細】

  • 【6点セット】:フライパン20cm・フライパン26cm・なべ20cm・ガラスふた20cm・PEシールふた20cm・マルチハンドル
  • 【満水容量】:フライパン26cm 2.7L/フライパン20cm 1.1L/なべ20cm 2.6L
  • 【耐熱温度】:ガラス蓋 ゴム部220℃/PEシール蓋 80℃/マルチハンドル 樹脂上部180℃、樹脂下部150℃/ゴム部220℃
  • ハンドルは着脱式です。
  • IH対応です。 電子レンジには使用できません。

アイリスオーヤマ フライパン フライパンセット IH対応 6点 H-IS-SE

アイリスオーヤマ フライパンセットダイヤモンドグレイス シルバー DG-SE6:7249円

アイリスオーヤマ フライパンセットダイヤモンドグレイス シルバー

美しい見た目と機能性に優れたダイヤモンドグレイスシリーズの鍋・フライパンセットです。プレゼントにもおすすめできる、おしゃれなセット。

ダイヤモンドコートで焦げ付きにくく、丈夫で長持ちします。煮物から焼き物まで大活躍。新生活はこのセットがあれば安心です。

【詳細】

  • セット内容;フライパン 24cm、マルチパン 24cm、片手鍋 18cm、エッグパン、ガラスふた18cm/24cm
  • 【フライパン 24cm】●寸法:24cm●満水容量:1.9L
  • 【マルチパン 24cm】●寸法:24cm●満水容量:2.9L
  • 【片手鍋 18cm】●寸法:18cm●満水容量:2.0L
  • 【エッグパン】●寸法:約35.5×15.4×6.8cm●満水容量:0.8L
  • 【ガラスふた 18cm/24cm】●品名:強化ガラス製器具●強化の種類:全面物理強化

アイリスオーヤマ フライパンセットダイヤモンドグレイス シルバー DG-SE6

アイリスオーヤマ 無加水鍋 IH /ガス火対応 「ルオント」3点セットLUO-SE3W:6224円

アイリスオーヤマ 無加水鍋 IH /ガス火対応 「ルオント」

アイリスオーヤマの人気シリーズ「ルオント」。 無加水鍋でガス・IH対応です。お料理がくっつかないセラミックコーティング。深めのフライパンは、カレーなどの煮物から焼き物までOK。使いやすいので、メインのフライパンになること間違いなしです。

見た目はホワイトでとても可愛いので女性に人気があります。

【詳細】

  • セット内容:フライパン 26cm/無加水なべ ふた 20cm、両手なべ
  • 20cm対応熱源:IH200V、IH100V、ガスコンロ、ラジエントヒーター。電子レンジ、オーブンでは使用できません。

アイリスオーヤマ 無加水鍋 IH /ガス火対応 「ルオント」3点セットはこちら

まとめ

この記事では、アイリスオーヤマのフライパンの特徴と口コミ、おすすめをご紹介しました。私も使っていますが、アイリスオーヤマのフライパンはとにかくコスパが良く使い勝手のいい!TVでも一押し商品として紹介される人気商品です。単品買いよりセットの方がお買い得ですから、これを機にぜひアイリスオーヤマのフライパンセットを検討してみてください。

調理器具カテゴリの最新記事