自分を動物に例えるとの例文!猫、ネズミ、フクロウ【面接・ES】

自分を動物に例えるとの例文!猫、ネズミ、フクロウ【面接・ES】

就職活動で意表を突く質問として、自分を動物に例えると何かという質問をするケースが多くの例であります。

いきなり面接などで質問されると緊張するし、

「なんでこんな事聞いてくるんだろう・・」

と不安になりますよね。

私も就活面接の時に質問されて、とっさに答えましたが、この答えでいいのか不安になりました。

そこで今回は、面接やESで自分を動物に例えるとを聞いてくる理由と例文を経験を交えつつ、解説いたします。

自分を動物に例えるとを面接・ESで尋ねる理由

自分を色に例えると同様に志願者を悩ませる質問が自分を動物に例えると、という質問です。

しかし、採用者側からすれば自分を動物に例えるとという質問は相手の能力や性格を知る上でとても分かりやすい質問のため、時々意表を突くように質問してくることがあります。

この性格と能力を簡単に知ることができるという理由から尋ねることが多く、また動物も多様なものがいるため例文作成などの対策が取りにくいのではという意図もあり、自分を色に例えるとという質問同様、時々意表を突く形で聞いてくるのです。

志願者の性格を知りたい

面接官は志望者の性格を知りたいため、動物に例えるとを質問してきます。

動物は猫はマイペース、犬は主従関係を大事にあるなどイメージしやすいですし、仮にイメージがわかない動物に例えられても、あとで検索すれば回答の意図がわかります。

企業は長年事業を営んできた経験から、どんな性格を持った人材が活躍しているのか傾向が出ています。

なので、過去の活躍した人物と近い性格であるかを知りたいために、自分を動物に例えるとを聞いてくるのでうs。

志願者の対応能力を知りたい

もう一つの理由が対応能力を知りたいためです。

自分を動物に例えるとはガクチカや志望動機に比べるとあまりされない質問で、この質問をされると多くの学生は想定外の質問だと驚きます。

そうなると、その場で機転を聞かせて答えるわけですが、その時に答える内容や間合い、頭の使い方など対応力があらわになります。

対応力はビジネス現場でも必要となるので、面接官は質問してきます。

自分を動物に例えるとの例文・書き方【ES・履歴書】

自分を色に例えるとという質問同様に例文や書き方などの対策が難しい質問が自分を動物に例えるとという質問です。

こういった質問に対してどのような対応をするかと言ったことについて、ここでは猫、フクロウ、ネズミと言った動物を例文として紹介していきます。

逆にこれらの例文を知れば、自分を色に例えるとと言った変則的な質問に対しても対応できる力が得られるのがメリットです。

猫の例文は、クールさと行動力のPRができます。

自分を色に例えるとという質問に例えると青のようなイメージです。

例文としては、

「動物に例えれば猫です。猫は様々な場所に出没し、活動的です。また、客観的に自分と飼い主、あるいは他の猫との関係を見ることができます。このように活動的でありながら冷静な面もあるのが似ていると感じる点です。また周りから愛嬌があるとも言われるのでその点も猫と答えた理由になります。」

フクロウ

フクロウは、智の象徴に例えられる動物です。

この動物を自分を動物に例えるという質問の答えにするのは多少勇気がありますが、敢えてこれを出すことでPRになります。

例文は、

「自分を動物に例えるとフクロウです。学生の頃から様々な事象に対して考察を行うことを習慣としており、学業やサークル活動でもその性格を生かして頑張ることができました。この動物をとっさに出したということも普段からそういった習慣があると自覚しているからです。」

ネズミ

ネズミというと、やや小物感を与えると思われがちですが、自分を動物に例えるとという質問の場合、思考力とフットワークの軽さをイメージでき、意外と好印象を与えます。

そんなネズミの例文ですが、

「自分を動物に例えればネズミです。部活ではネズミのようにフットワーク軽く動くことで評価をされましたが、ゼミの活動でもメンバー内で調査などの面において、その俊敏さを褒められたことがあります。また、ネズミは様々なことを考えて行動しますが、アルバイトでもお客さんの状況に応じて様々なことを考えて適切な接客をしていたことで評価されました。」

自分を動物に例えるとを上手に答えるコツ・対策方法

自分を動物に例えるとをうまく答えるコツや対策について紹介していきます。

それは、頑張っている動物や意表を突く動物を選ぶという手段です。

頑張っている動物や意表を突く動物を選ぼう

ポイントとして、頑張っている動物を例えるのがおすすめです。

活動的な動物、例えばネズミも良いですし、意外な所では砂漠などの過酷な環境で荷物を運ぶことがあるラクダなども注目と言えます。

また、ナマケモノと言った意表をつくものもPRになる可能性が高い場合もあるのです。

ナマケモノはネガティブなイメージですが、穏やかな性格、厳しい自然界でも効率よく生存しているという点などしたたかさを持っていることをPRできます。

就活エージェントを使う

もし、自分を動物に例えるとを上手に答えられる自信がなければ、就活エージェントを使ってみるのをおすすめします。

就活エージェントは無料で企業紹介や面接対策、ES添削などをしてくれるサービスで、就活のサポートをしれくれます。

面接対策などは一人でやるのはなかなか厳しいのですが、就活のプロのエージェントに対策してもらう事で、内定率が上がります。

JobSpringのような徹底的に面接対策をしてくれるサービスでは、就職率が91.7%もあるので、頑張れば内定を勝ち取ることができます。

一人で就活を行おうのは優秀な人以外は厳しいので、就活に少しでも自信のない人は使ってみることをおすすめします。

おすすめの就活エージェント
・内定率91.7%・・・JobSpring
・1万人以上に利用されていて安心して利用できる・・・キャリアチケット


就活カテゴリの最新記事