【2021年8月最新】クレジットカード信頼度ランキング!安全・安心な最強の組み合わせも紹介

【2021年8月最新】クレジットカード信頼度ランキング!安全・安心な最強の組み合わせも紹介

「信頼度の高いカードは?」「安全に使えてさらにお得な組み合わせは?」このような疑問を抱えていませんか?

キャッシュレス決済が主流になった現代では、セキュリティが高く、社会的にも信頼されているクレジットカードが人気です。使い勝手やお得な特典やポイント還元率も大切ですが、まずは安全に使えることが第一条件。万が一の補償も手厚く安心して使えるカードを選びましょう。

とは言え、現在500種類以上あると言われるクレジットカードの中で、これだと思う一枚を見つけ出すのは至難の技。

そこでこの記事では、クレジットカード歴20年の筆者がおすすめする信頼度の高いクレジットカードをランキングで紹介します。

クレジットカード信頼度ランキング

数あるクレジットカードの中で信頼度が高いものを順に紹介します。

これから紹介するカードはセキュリティ対策が充実し、補償も充実しているカードです。

第1位:アメリカン・エキスプレス

アメリカンエキスプレス」通称アメックスはネットショッピングの補償に優れたクレジットカードです。ネット上で不正利用されても支払う必要がなく、不審な利用状況があればすぐに教えてもらえます。

世界的に見てもステータスが高いカードで、使用し続けることでゴールドやプラチナにランクアップ。最高ランクのアメックスセンチュリオンカードは世界トップクラスのステータスです。

国内外問わず旅行に関する特典が充実していて、スタンダードなランクのアメックスでも空港ラウンジが無料で利用できるなど、出張や旅行が多い人にメリットのあるカードです。

海外でも信頼度が高く、海外旅行先での24時間日本語サポートやポイント1%還元など、年会費を特典でカバーできます。

セキュリティ対策・購入から90日以内の破損
・盗難などの損害補償最高500万円まで
・24時間365日利用状況を見守る不正プロテクション
・オンラインでの不正は全額補償
・タッチ決済対応
年会費13,200円
申し込み対象満20歳以上の方
国際ブランドAMERICAN EXPRESS 
還元率1%〜10%
ポイント楽天ポイントやTPOINTに移行可能
Amazonギフト券・スタバなど
旅行損害保険最高5,000万円(旅費をこのカードで支払うなど条件あり)
交換可能マイルJAL/ANA/エールフランス-KLM航空/タイ国際航空/シンガポール航空など

アメリカンエキスプレスの詳細はこちらから

第2位:三井住友カード(NL)

業界最大手「三井住友カード(NL)」は、カード番号や有効期限・セキュリティコードの表示がないナンバーレスカード。カード情報はVpassアプリで確認できます。最新のセキュリティ対策で安心感があります。

大手ですから補償も充実。不正利用がないかのチェック体制も整っています。万が一不正利用された場合でも、三井住友カード会員保障制度がありカード会社へ届出した60日前から損害を補償。

トラブルが発生した時点で利用制限を引き下げるなど被害を最小限に止める対策をとっています。カードを利用すると登録しているメールアドレスに通知がありますので、被害に気づきやすいです。

三井住友カード(NL)」は、信頼度が高いだけではなく、年会費無料&ポイントや特典も充実しています。

セキュリティ対策・カード不正使用検知システム
・ナンバーレス
・24時間監視システム
・あんしん利用制限サービス
・ご利用通知サービス
年会費永年無料(三井住友カード(NL)
申し込み対象満18歳以上の方
国際ブランドVisa 
還元率0.5%~5%
コンビニ3社・マクドナルドは最大5%還元
(5%になるのは三井住友カード(NL)
旅行損害保険最高2,000万円(三井住友カード(NL))(旅費をこのカードで支払うなど条件あり)
交換可能マイルANA

三井住友カードの詳細はこちらから

第3位:JCBカード

JCB CARD W」は、39歳以下を対象にしたJCBカードです。年会費無料・いつでもポイント2倍、Amazonでは3%還元などお得な特典があります。

セキュリティ対策も安心・安全。24時間365日体制で不正利用を監視していますので、被害にいち早く気づくことができます。また、ネットショッピングでは本人認証を行い、不正利用を防止。万が一不正利用されても、届け出から60日前の損害額を補償します。

還元率が高くポイントがザクザク貯まるカードなので、メインカードとして最強です。

セキュリティ対策・カードにICチップを埋め込み情報を暗号化
・24時間365日不正利用を監視
・ネットショッピング利用時の本人認証
年会費永年無料
申し込み対象満18歳以上の方
国際ブランドJCB
還元率1%~10%
Amazon・セブンイレブンは最大3%還元
旅行損害保険最高2,000万円
交換可能マイルANA/JAL/スカイマーク

【JCB CARD Wの詳細はこちら】

第4位:エポスカード

エポスカード」はナンバーレスでセキュリティが高く、悪用・不正利用・紛失・盗難時に全額補償するカードです。カードにはICチップを埋め込み、偽造を防止。カード利用時に通知が届きますので、不正に早く気づきます。

年会費無料で、所定の条件を満たせばゴールドへのランクアップも無料。ステータスが上がっても年会費はかかりません。マルイやモディ・マルイネット通販で年4回会員優待セールがあったり、割引・ポイントアップの恩恵を受けられるカードです。

セキュリティ対策・ICチップ搭載
・利用通知システム
・不正利用監視
・悪用、不正、盗難など全額補償
年会費永年無料
申し込み対象満18歳以上の方
国際ブランドVisa
還元率0.5〜1.5%
旅行損害保険海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
自動付帯
交換可能マイルJAL/ANA

エポスカードの詳細はこちら

第5位:楽天カード

楽天カード」は、本人認証サービスや不正検知システムを採用し、不正使用やトラブルを未然に防ぐ対策がしっかりと取られているカードです。会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」へのログインは、2重でパスワードをかけられます。

楽天ユーザーなら持っていて損なしの楽天カード。ポイントも貯まりやすく、貯まったポイントを楽天で使用できるなどかなり便利です。セキュリティ対策は万全で、ポイント還元率も高いため安心。お得に利用できます。

セキュリティ対策・ISMS認証を取得
・本人認証サービス
・不正検知システム
・ICチップ搭載
・利用通知メール・
年会費永年無料
申し込み対象満18歳以上の方
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB、 AMERICAN EXPRESS 
還元率1.0〜3.0%
旅行損害保険海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
交換可能マイルANA

楽天カードの詳細はこちら

クレジットカード 究極の1枚!選び方

メインで使いたいクレジットカードの選び方を紹介します。ベストな1枚を見つけるには、これから紹介するポイントを押さえておきましょう。

使用目的にあったものを選ぶ

クレジットカードは、どんな目的でどこで使いたいかなどを明確にし、その条件にあったカードを選びましょう。

例えば以下のような感じです。

目的条件おすすめカード
スーパーやコンビニなどでキャッシュレス決済したいそのお店でポイント還元率がより高いもの。・Amazonセブンイレブンでポイント3%還元の「JCB CARD W

・イオンのお買い物1.5%還元「イオンカード
海外旅行メインで使いたい国際ブランドで旅行の優待特典が多く、損害保険が手厚いもの・旅に関する特典が多い「アメリカンエキスプレス

・損害保険が手厚い「ANAJCBカード
ネットショップの利用でザクザクポイントを貯めたいネットショップのポイント還元率が高いもの・楽天市場3%還元「楽天カード

・Amazon3%還元「JCB CARD W
日常利用・特にレジャーでお得になるカードが欲しいレストランやカフェ・ホテルやスパなどで優待が受けられる・特定の飲食店10%オフ「エポスカード

・じゃらん利用でポイント最大11%還元「リクルートカード
マイルを貯めたい貯まったポイントをマイルに交換できる・ANAマイルがたまる「ANAJCBカード
・国内航空会社3社のマイルに交換できる「JCB CARD W

クレジットカードはただ「お得そうだから」「キャンペーンをやってたから」といった理由だけで選ぶと、自身の生活に密着せずメリットを得られにくいでしょう。

クレジットカードの利用目的を明確にして優先順位をつければ、たくさんのカードの中から最適なカードを見つけられます。

セキュリティーが高い

日本クレジット協会が公表したデータによれば2020年の不正利用はなんと251億円(クレジットカード不正利用被害の発生状況)にも及び、不正利用が大きな社会問題となっています。

そのため、各カード会社もカードに番号や名前の表示がないナンバーレスカードや、裏面に記載するよりセキュリティの高いタイプを発行。これから持つなら高いセキュリティを誇り、保障が充実した社会的に信頼されているクレジットカードを選ぶべきです。

例えば、先ほど紹介した「アメリカンエキスプレス」や「三井住友カード(NL)」は、安全性が高く、補償もバッチリ。おまけに優待やポイント還元率も高いので、おすすめです。

クレジットカードにステータスはいらない

一昔前と現在では、ゴールドカードに対する意識も変わってきています。最近はある程度収入が安定していればゴールドカードを持つことも難しくなくなりました。そのためステータス感が薄れ「年会費がもったいない」と考える方も多くなっています

今やステータスを感じるのはプラチナカード以上。ですから、よほど明確な目的や得られる特典にメリットがなければ、ステータスだけを目的に高い年会費を払ってゴールドカードを持つ必要はないでしょう。

ちなみに「エポスカード」なら、所定の条件をクリアすると年会費無料でゴールドにアップグレードできます。その条件も厳しくはありません。

ステータスの高いカードを持つことが、メリットになるかどうかを考慮して選びましょう。

迷ったら2枚持ちを検討しよう

クレジットカード選びで1枚に絞れない場合は、2枚持ちがおすすめ。それぞれのカードの弱みを補い、強みを活かせる組み合わせを選べばポイントが貯まるスピードも早いです。目的や場所によって使い分けすれば、お得度も増します。

どちらか一方を紛失・破損しても、もう1枚あるので再発行までカードが使えないという事態を避けられるでしょう。

次項では、カード2枚持ち最強の組み合わせを紹介します。

クレジットカード最強の2枚はコレ

両カードの強みを活かし、短所を補える最強の組み合わせを紹介します。

アメリカンエキスプレスカード+楽天カード

アメリカンエキスプレスカード」は、信頼度が高く旅行関係の優待が充実していますが、国内では使えない場所も多く1枚だけだと不便に感じることが少なくありません。そこでプラスしたいのが「楽天カード」です。

楽天カードでVISAを選べば、使えない場所はほぼありません。しかも、楽天カードは年会費が無料。また、アメリカンエキスプレスカードで貯まったポイントは楽天ポイントへ交換可能。互換性もよく、2枚持ちにおすすめ。

旅行ではアメリカンエキスプレスカード、ネットショッピングでは楽天カードを使うといいでしょう。

三井住友カード+JCB CARD W

三井住友カード(NL)」と「JCB CARD W」の組み合わせはセキュリティとポイント面で最高レベル。どちらも年会費無料でポイント還元率も高いです。

交換可能マイルはANAが共通しているので、マイルも貯めやすいでしょう。国際ブランドJCBとVISAを持っておけば、困ることはありません。海外旅行傷害保険も付帯し、Apple Pay・Googl Payのキャッシュレス決済にも対応。

互換性が高く、使い勝手もいい。さらに信頼度も厚い会社なので迷ったらこの2枚で決まりです。

JCB CARD W+エポスカード

JCB CARD W」と「エポスカード」もおすすめの組み合わせ。この2枚なら、メインはJCBカードで、エポスをサブにするのがおすすめ。JCBが利用できない場合にエポスカードが活躍します。

どちらも年会費という維持費がかからず、エポスに関してはゴールドカードも年会費無料です。セキュリティ面も安心。大手ですから、特典や還元率も高いことが特徴。

両カードともANAとJALマイルへのポイント交換可能なので、マイルを貯めている方にもおすすめです。

まとめ

この記事では、セキュリティが高く信頼度の厚いクレジットカードをランキングで紹介しました。不正利用が横行する昨今、クレジットカードの取り扱いには重々注意しなければなりません。万が一のことを考え、ナンバーレスカードや補償の手厚い会社を選んでおくと安心ですよね。

また、2枚持ちする場合はそれぞれの短所を補い、互換性のいいものをセレクトしましょう。どちらの強みも活かせればさらにお得に活用できます。

未分類カテゴリの最新記事