Twitter運用代行に強い業者3選!費用相場と業者選びの注意点を解説!

Twitter運用代行に強い業者3選!費用相場と業者選びの注意点を解説!

あなたは今「Twitter運用代行ってどんなサービス?」「費用はどのくらいかかる?」「業者がいっぱいあってどこを選んで良いかわからない」などのお悩みを抱えていませんか?

Twitterは、手軽に始められる反面、運用には膨大な時間と手間がかかります。運用代行業社に依頼したいと思っても、そもそもどんなサービスなのか?いくらかかるのか?どこに依頼すれば良いかわかりませんよね。

そこでこの記事では、Twitter運用代行サービスの概要と費用相場、業者を選ぶ時の注意点を解説していきます。また、Twitter運用に強い代行業者を厳選して3社ご紹介しますので、参考にしてみてください。

Twitter運用代行サービスとは?

Twitter運用代行サービスとは?

Twitter運用代行サービスとは、アカウントの設定から運営、マーケティング戦略などTwitterで集客やブランディングするために必要な作業をすべて、プロが代行するサービスです。

アカウント作成、プロフィールの作成・投稿・いいね・テキストのライティング・画像選びからフォローまで依頼できます。

  • Twitter運用したいけど時間が取れない
  • Twitterでのプロモーションの方法がよくわからない
  • どうすればフォロワーが増えるかわからない
  • 集客につなげるツイートがわからない

このような方は、運用代行業者に依頼すべきです。

Twitter運用代行に依頼するメリット

Twitter運用代行に依頼するメリットを解説します。

戦略的に運用・企画できる

Twitter運用代行業者は、SNS運営のプロ集団です。代行業者に依頼すれば、フォロワーが増えるノウハウや知識を使って、集客やブランディングを戦略的に進めてもらえます。

Twitter含めSNSは、今や企業に欠かせない営業ツールとなっていますが、上手に運用できない企業がほとんどです。その理由は、まずTwitterなどのSNSは流れが早く常に最新の情報と格闘しなければなりません。140文字の投稿は、戦略的に進めていく必要があり、日々ただツイートするだけではフォロワーが増えません。

Twitterの仕組みをわかっていなければ、多くのツイートに埋もれていくばかりでいいねもフォローも増えないままただ時間だけを消耗してしまいます。

業者に依頼すれば、Twitterを上手に活用して集客や新商品のブランディング、売り上げにつなげることが可能です。

業務に集中できる

Twitter運用を外注すれば、今までTwitterにかけていた労力や時間が必要なくなり、本来の業務に集中できます。これにより業務が効率化し、売り上げアップにつながります。TwitterなどSNS要因で人材を確保する必要もなく経費も削減できるでしょう。

炎上の心配なく拡散

TwitterなどのSNSは、時に思わぬ方向に情報が拡散されることがあります。それはいわゆる炎上と呼ばれるものです。Twitter代行業者に依頼すれば、思わぬ事態を避けられます。

Twitterの成功例では、「1つのツイートで人生が変わった」「売り上げが10倍に増えた」などの声を聞いたことがあると思います。

「よし!うちもTwitterで集客しよう」と取り組み、「話題になろう!」「面白いことを投稿しよう」と思うあまり、ツイートする内容や言葉選びを間違えれば、炎上という望まない形の拡散を生んでしまいます。

特に、商品やサービスを打ち出す企業の場合、炎上すればイメージが悪くなるので致命的です。代行業者に依頼すれば、このような事態を避けられます。

Twitter運用代行の費用と相場について

Twitter運用代行にかかる費用相場を解説します。

基本的に、多くの運用代行業者が月額制を導入しています。依頼する業務内容や目的により料金が変わります。

  • 投稿内容のライティング&投稿代行…月額10万円以下
  • 投稿+コメント返信+レポート作成+いいねなど…月額10〜30万円以下
  • 上記+広告運用+戦略立案+現状分析&施策など…月額50万〜

20〜50万円を超える契約では、競合他社の分析やInstagram、Facebookなど他のSNSを含める運用が可能です。

成果が上がると評判!おすすめのTwitter運用代行業者

それではここで、Twitter運用に強いおすすめの代行業者を3社ご紹介します。

MARQS株式会社:大阪

MARQS株式会社は、大阪心斎橋にオフィスのあるホームページ制作やSNS運用事業を展開する会社です。Web広告運用も可能で、Twitter運用にからめてWeb広告まで依頼できます。Twitter運用代行費用は月額3万円〜とリーズナブル。必要最低限のコストで集客することを目指しています。ターゲットを絞った戦略が得意で、認知拡大やブランディング目的でTwitterを運用したい方におすすめです。

MARQS株式会社

株式会社ハピスキ:東京

東京都でTwitter運用代行に強い会社といえば株式会社ハピスキです。SEOに強く、分析・解析に長けていますので、Twitter運用で集客したい方におすすめ!ハピスキは、コンテンツマーケティングやリスティング広告運用なども行う業界トップクラスのマーケティング集団です。金融系ブログで150万PV達成したアフィリエイターや400万PV突破のオウンドメディア編集長などが在籍するなど、優秀な人材が集まっています。

Twitterで成果をあげたいなら、株式会社ハピスキは間違いありません。

株式会社ハピスキ

株式会社マイティーエース:福岡

株式会社マイティーエースは九州・沖縄エリアを中心にSNSやネット広告運用代行を行う会社です。脱毛サロンや妊活向け健康食品などの成功事例も多く、ジャンル問わずSNSを使った集客や広告運用を得意としています。

SNSごとにアプローチ方法を変え、プロモーションを行います。

株式会社マイティーエース

Twitter運用代行業者を選ぶときの注意点

最後に、Twitter運用代行業者を選ぶ際の注意点を解説します。

実績のある業者を選ぶ

Twitterの運用代行業者を選ぶ時には、会社の大きさや知名度ではなく実績を重視しましょう。Twitter運用は、個人で活動するフリーランスにも優秀な人がいます。SNS運用に関しては、法人・個人問わず、実績を出している人に依頼すべきです。

具体的な数値や事例、伸び率、自社の同じジャンルや業界で成功例があるかも確認しましょう。

柔軟に対応・レスポンスが早い

TwitterなどSNSは常に情報がながれ動きも速いです。日々変化する状況に、柔軟に対応してくれる業者を選びましょう。担当者と連絡がつかない…返信が遅い…電話やチャットがなかなかつながらない!という会社は避けましょう。

また、「この部分は自社でやりたいけど、ここはお任せしたい」というような部分的な依頼にも柔軟に対応してくれる業者もおすすめです。その時の結果や状態に合わせて依頼内容を細かく話し合える会社を選びましょう。

まとめ

この記事ではTwitter運用代行業社のサービス内容、依頼するメリット、費用について解説し、おすすめ業者を3社ご紹介しました。TwitterなどのSNS運用はアカウントを育てるのに非常に労力がかかります。早く話題になろうとして逆に炎上してしまうケースも少なくありませんので、そのようなリスクを避けるためにも運用代行業者の利用は非常に効果的&効率的です。Twitterで集客や認知度をあげたいと思う方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

マーケティングカテゴリの最新記事