就活つらい。泣きたい。辛い時やめたい時は相談しよう

就活つらい。泣きたい。辛い時やめたい時は相談しよう

人生の一大イベント就活。

人生をも大きく左右する就活でなかなか内定が出ず、以下のような悩みを持っているのではないでしょうか?


「面接受けるたびにお祈りメールが届きつらい」

「周りは内定を持っているのに自分だけ出ず、泣きたい」

「いつになったら内定が出るんだろう・・」



落ちる経験をほとんどしてきていない就活生にとってお祈りメールが届くのってほんといん辛いですよね・・

そこで今回は就活がつらいと感じる人向けに就活がなぜつらいのかとつらい時の対処法をご紹介します。



就活つらい人向けのサービスはこちら



就活つらい。なぜやめたいと思うのか

就活はなぜ泣きたいほどつらいのでしょうか。

就活が泣きたいほどつらいと思う気持ちを解消するには、つらいと感じる理由を把握するのが効果的です。

なぜつらいのか分かれば解決策はおのずと見えてきます。

代表的な就活がつらい理由を解説しますので、自分に思い当たるところがないか確認してみてください。

何度応募しても内定を勝ち取れない

就活をする人が最もつらいと感じているものは何度も書類選考や面接に落ちることです。

ほとんどの企業が書類選考や面接の結果を伝えるだけで、落ちた理由については一切話してくれません。

どこが悪かったのかが分かりませんから失敗を次に活かすという成功するためのサイクルが上手く機能しないため、堂々巡りの失敗を繰り返しているような苦しさがあります。

中には面接中に問題点を指摘してくれる面接官もいますが稀なケースで、大半は淡々と形式な質問をして終わりです。

特につらいのは書類選考の段階で落とされてしまうケースです。 面接官の対応から何か読み取る機会もありません。良くて送った履歴書がそのまま返ってくるだけでしょう。

エントリーシートの質問の答えに問題があるのか、それとも学歴や成績が不足していたのかまったく分からず、取り付く島もない感じで泣きたい気持ちになります。

終わりの見えない苦境を前に強い気持ちでいられる人は多くないでしょう。

自分の存在価値を感じられなくなる

就活する方の多くは活動の途中で自分に自信が持てなくなる経験をしています。

自信を失う理由は長期間の就職活動で結果が出ないためです。

面接や書類選考で落とされるのは自分を否定されているように感じます。

何度も何度も自分を否定されるわけですから泣きたいと思うのは自然です。

仮に泣きたい気持ちにならなくてもストレスが溜まって体調不良になるケースも珍しくありません。

人によっては応募した企業からだけでなく、社会全体から自分の存在価値を否定されているように感じてつらく泣きたい気持ちになります。

友人の就活結果で自信を失うケースもあります。

親しい友人たちが次々と内定を得ていく中で、自分だけ内定が無い状態が続くと精神的負担が蓄積し、泣きたいと感じていなくても自然に涙がこぼれることもあります。

人間は社会の中で生きていてます。

ですから社会から疎まれていると感じるのは耐えがたいほどつらいことです。

社会の荒波を経験したことが無い方であれば泣きたい気持ちを抑えるのは難しいでしょう。

就活泣きたい。辛い時にやるべきこと

就活は多くの人にとって大変つらいものですが、対処できないものではありません。

効果的な対処方法を解説しますので是非、試してみてください。

辛いことを書き出してみる

辛い気持ちを解消する方法として

「辛さをそのまま正直に受け止める」

というものがあります。

失恋した時に失恋ソングを聞いて泣くというのが代表的ですが、辛い気持ちを否定せずに認めてしまうことで肩の荷が降りて楽になります。

これを参考に、就活で苦しい時は辛いことを箇条書きにして書き出してみましょう。

気持ちをぶちまけるように、とにかく辛いと感じること全て書いてください。

「自分の弱点を炙り出す」

なんてことを考える必要はありません。

ただただ辛かったことを書きなぐりましょう。 こうすることで気持ちが落ち着きます。

これが何より大事です。

そして翌日に書いたものを読み返してみてください。

中には解決できそうなものや、そこまで辛いことじゃないなと感じられるものが見つかります。

そうやって問題を少しずつ解消していきましょう。

自己分析と企業分析をやり直す

就活が辛いのは面接や書類選考が上手くいかないためです。

この問題を解決するためには、まず書類選考で落とされるのを改善しましょう。

エントリーシートの模範解答を徹底的に覚えると同時に、企業分析をしてどんな人材を求めているのか考察してください。

企業が欲しい人材を想定できればエントリーシートをその企業に最適化できます。書類選考を突破できる確率もグッとアップします。

親族や友人に頼ってみる

人によっては能力も人柄も問題ないのに口下手で面接に苦戦する方がいます。

回数を重ねることで解決されるケースもありますが、その前に精神的に参ってしまう場合もあります。

また、責任感が強く真面目な方は周囲に迷惑をかけたくないと誰にも頼らず一人で就活しがちです。

その結果、見当違いの就活を続けてしまうこともあり危険です。 社会に出れば実感することですが、人は持ちつ持たれつです。

就職で親族から助力を得ることは珍しいことではありません。

相手から話を持ってきてくれるのを待たずに、自分から声をかけるくらいの積極性で難局を乗り切りましょう。

就活つらい時はプロに相談しよう

就活で泣きたいくらいつらくなった時に頼りになるのは親族や友人だけじゃありません。

就活エージェントも強力にバックアップしてくれます。

書類選考に落ちる初心者から、大手を狙う方まで様々なニーズに対応していますから必要なサポートをピンポイントで得られます。

就活エージェントの中には内定率が91.7%もあるJobSpringや年間1万人以上の相談に乗っているキャリアチケットなどの内定に大きく近づけるサービスもあるので、一度利用してみることをおすすめします。

【就活エージェント関連記事】

就活エージェントとは?おすすめや仕組み、内定率が高い評判のいい業者を徹底解説

就活カテゴリの最新記事