買ってはいけない高級時計の特徴と今買うべき高級時計ブランドおすすめ紹介!

買ってはいけない高級時計の特徴と今買うべき高級時計ブランドおすすめ紹介!

高級時計の購入を検討しているあなたは今、「どのブランドを購入すればいいか迷っている」「今買ってはいけない高級時計ブランドは?」「購入してから後悔したくない」とお悩みではないでしょうか?

高級時計は価格が高く、気軽に購入できるようなものではありません。だからこそ、「失敗したくない」「後悔したくない」「自分が満足する一本を」と悩んでしまいます。

お店で見て気に入って購入したものの「違いものにすればよかった」「使い勝手が悪くずっと家に置いている」など悔やんでいる方も多いのです。

高級時計は好みや憧れが人それぞれ違いますので、一概に「これがいい」とは言えません。ただ、今新品の高級時計を買う場合、購入を考えたほうがいい時計やブランドがあります。

そこで、この記事では、私独自の見解になりますが、買ってはいけない高級時計の特徴とその理由、失敗しない高級時計の選び方とおすすめブランドを解説していきます。

買ってはいけない高級時計の特徴・その理由

買ってはいけない高級時計の特徴

いくら以上が高級時計かと言われればそれは人それぞれですが、買って後悔しやすい時計の特徴は値段関係なく共通しています。買ってはいけない高級時計の特徴をご紹介します。

資産価値が低い

買ってはいけない高級時計は、資産価値が下がるものです。経済状態はいつどうなるかわかりません。何かあったときに、現金化できれば助かりますよね。このように高級時計を資産として考え収集している人も少なくないでしょう。この場合、新品で購入して買取してもらうときに、購入価格から大きく金額が下がるような資産価値の低い時計は、購入をおすすめできません。

例えば、ルイヴィトン、オメガ、ブルガリなどは、中古市場で価格が上がりにくく、ルイヴィトンに関しては半値以下の買取になることも少なくないのです。

他にも、ベル&ロス、ジャガー・ルクルト、ブレゲなども、売却価格が低いです。

中古市場で需要のないブランドは「欲しい人がいない=市場価値が低い」となり、買取価格もかなり下がってしまうでしょう。

中古市場に出回っている販売価格は、買取業者が買い取った時計をクリーニングやメンテナンス費用に利益を乗せて販売する価格です。販売価格が高いからといって、その閣下雨で買い取ってもらえるわけではありませんので注意が必要です。

さらに言えば、ブルガリやルイヴィトンはアウトレットで値引きして販売されることもあり、ブランド価値に疑問の声が上がっています。

一方でロレックスは、希望小売価格を引き上げプレミア感もありますので、ブランド価値が高くなり中古市場でも需要が高いため買取価格も高めになっています。

カラフル&派手なもの

いくら気に入って購入した時計でも、派手でカラフルなものは飽きてしまいます。

口コミでも購入して後悔した高級時計の理由に「飽きてしまった」「好みが変わった」などの声が多く寄せられています。

また、癖のあるタイプはよっぽど希少価値の高いものでない限り、中古市場でも売れにくい傾向にあります。「売れにくい=買値が安い」ということになりますので、カラフルで派手な高級時計は避けた方が無難でしょう。

メンテナンスコストが高い

高級時計は、メンテナンスが不可欠です。メンテナンス料金の高い時計は、買って後悔することになるかもしれません。

高級時計は3〜5年に一度、必ずオーバーホール(分解掃除)が必要です。

長く使い続けるには、日々のお手入れと定期的なメンテナンスが大切なのです。ロレックスで約4万円〜9万円ほど、オメガでは6万円〜15万円ほどかかります。

メンテナンス費用に関しては、全然OKという方もいれば、「知らなかった」と後悔する人もいます。オーバーホールの際に不具合が見つかり修理が必要になれば、修理費用もかかりますので、注意が必要です。

失敗しない高級時計の選び方

失敗しない高級時計の選び方

それでは、失敗しない高級時計の選び方をご紹介します。

ムーヴメントの違いをチェック

高級時計を選ぶときは、時計を駆動させる装置=ムーブメントの違いとメリットデメリットを知っておくことで、購入後の「こんなはずじゃなかった」を避けられます。

時計には、クオーツ、自動巻、手巻きの3種類があります。それぞれの違いを表にしましたので確認しておきましょう。

種類特徴メリットデメリット
クオーツ電池で動く。機械式に比べて高精度。時刻が正確。メンテナンスや維持が楽。価格が比較的安い。電子回路の故障で時計本体も壊れてしまう。電池交換が必要。
自動巻ローター機構なので腕の動きで自動的にゼンマイを巻き上げる。手巻きのように毎日巻かなくていい。色々な商品がある。電池交換がいらない。手巻きよりメンテナンス費用がかかる。少し厚みが増す。
手巻き自分でゼンマイを巻く。昔からの伝統的な時計でこだわりのある人に人気。時計の厚みを薄くできる。上品なデザインが多い。日々自分で巻く必要があるので大切にする。ゼンマイを巻くのが面倒。巻きすぎると故障の原因となる。

使いたいシーンから選ぶ

高級時計は、時計を使うシーンや場所に合うものを選ぶようにしましょう。仕事用なのか、プライベート用なのか?で、デザインも変わります。

また、仕事用でも業種によってOKかNGかの見極めが必要です。

購入したけど「仕事につけていくと注意された」「あまりいい目で見られなかった」など、の声も少なくありません。目的と場所に合わない時計はどんなに欲しくても、後悔する可能性が高いので、買ってはいけません。

持っている人がいないかチェック

もし周りとかぶることが嫌な方は、身近で持っている人がいないかチェックしておきましょう。ロレックスのサブマリーナやオメガのスピードマスターはかぶる可能性大。この辺りは、高級時計の定番なのでかぶってもあまりきにする必要はありません。

ただ、上司より高額モデルだった場合は、少し注意しましょう。若い時に良い物をつけて仕事に邁進する姿を好意的に見る上司なら大丈夫ですが、逆の場合は、余計な嫉妬や妬みを生んでしまいます。

おすすめの高級時計ブランド

おすすめの高級時計ブランドは、以下の6ブランドです。

ロレックス

高級時計といえばロレックス。ロレックスが欲しいと憧れている方は多いでしょう。男女ともに人気があります。

ロレックスは人気すぎて希少価値が高まり、プレミア価格でも手に入らない事態に陥っていましたが、現在コロナの影響で価格が下落し、以前より手に入りやすくなっているのでチャンスです。中古市場でも値崩れしない時計ですし、今後相場が上がる可能性も高い。不景気でも売れ続けるブランドなので、購入して良い時計に間違いありません。

ロレックス一覧

パテックフィリップ

時計関連のメディアでも一生を共にする時計として名が上がるパテックフィリップ。世界最高峰の時計といわれる名門時計ブランドです。

製造からデザイン、設計など時計の製作を自社工房で一貫して行い、ノウハウは全て保管されています。永続的に引き継がれていますので100年経っている時計の修理も可能です。

そんなパテックフィリップは、アウトレットなどに絶対に出回らないことで有名です。値段が崩れませんので、価値も下がりません。

パテックフィリップ一覧

リシャール・ミル

2000万を超える超高額時計ブランド「リシャール・ミル」。1億を超えるモデルはもはや当たり前。1000万円台が安く見えてしまう驚異の超一流ブランドです。リシャールミルもロレックスと同じく、アウトレットや時計メーカーが在庫や型落ちモデルを流すグレーマッケットには絶対に流れません。

価格が高価なのでこの時計を購入する人は、手放すことを考えていないケースが多いのですが、たとえ売却しても高価買取対象です。さらに、リシャール・ミルはブランド価値を維持するため、認定中古制度をスタートしています。

ブランド自らが中古市場に参入することで、自社製品の中古価格を設定でき、メーカー補償を徹底することで多少高くても並行輸入店や他の中古販売店と差別化を図っているのです。

このように、ブランド価値が下がらない戦略で年々シェアを拡大しています。

超高級時計ですが、真の成功者が身につける時計として一線を画したブランドです。

リシャール・ミル一覧

カルティエ

宝飾ブランドで唯一、ロレックスやオメガなどの時計老舗メーカーと並んで名前が上がる高級ブランドカルティエ。いい女の代名詞でもあるカルティエの時計は、男女ともに人気があります。定番ですが、品が良く20代〜40代と幅広い年代に支持を得ています。

カルティエも価値が下がらない時計として有名です。理由は、ブランドに歴史がありステータス性があること。そして、中古市場でも常に人気があることです。

メンテナンスもしっかりしているので、親から子に代々受け継いでいきたい時計です。

カルティエ一覧

ウブロ

ウブロは、1980年に創業した時計メーカーです。人気芸能人やスポーツ選手が着用したことから人気が爆発し、今やロレックスと肩を並べるほど成長しています。

ロレックスのように周りの人とかぶらないので、おしゃれでおすすめ。おまけに資産価値が下がらない時計としても有名です。

特に耐久性に優れた定番のビッグバンは人気が高いモデルで、中古市場でも常に品薄状態。

買取価格も高めです。

定価約145万円のモデルも買取価格が75万円と高額。高級時計の中ではコスパも良く、市場価値も高い。今最もおすすめできる時計ブランドです。

ウブロ一覧

今買うべき!おすすめ高級時計を紹介

最後に、今買うべきおすすめの高級時計をご紹介します。

ウブロHUBLOT ビッグバンエボリューション カーボンブラック 301.SM.1770.RX:¥1,180,000

ウブロHUBLOT ビッグバンエボリューション

ウブロHUBLOT ビッグバンエボリューション301.SM.1770.RXは、ウブロのトレードマーク 6 本のチタニウム製 H 型ビスが光る洗練されたデザインが魅力です。

「異素材との融合」をコンセプトに設計されステンレス×セラミック×ブラックラバーの構成が印象的。44mmのフェイスがダイナミックです。

  • セット内容:本体、ボックス、取扱説明書、保証書同梱
  • 100M防水
  • 原産国:スイス
  • セラミック/ステンレスケース

ウブロHUBLOT ビッグバンエボリューション301.SM.1770.RX

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル デイト 115234 ブラック:¥820,000 

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル デイト

ロレックスROLEX 腕時計 オイスター パーペチュアルは、ロレックスが開発したオイスターケースとパーペチュアルを搭載したモデルです。オイスターは高い防水・防塵性能を備えたケースで、ドーバー海峡黄疸でも使用されたタフなケース。

パーペチュアルは、ゼンマイを自動で巻き上げる機構で両方向に回転するローターを搭載。ロレックスの中でも初心者でも手が出しやすい価格です。スーツやカジュアルな服にも合わせやすいのでおすすめ。

  • 【素材】ステンレス,ホワイトゴールド
  • 【耐水圧】100m防水
  • 【付属品】国際保証書(ギャランティー)有り,純正BOX有り
  • ケースサイズ:39.0mm

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル デイトはこちら

カルティエ Cartier カリブル ドゥ W7100016:¥924,000 

カルティエ Cartier カリブル ドゥ

男性がカルティエを身につけるならカリブル ドゥW7100016がおすすめ。時計愛好家からも高評価を得ているモデルで、品薄状態。2019年に生産終了となりましたので、今後中古市場でも価格が高騰する可能性があります。一見スポーティーですが、非常に上品。

  • 【素材】ステンレス
  • 【耐水圧】日常生活防水

カルティエ Cartier カリブル ドゥ W7100016

まとめ

この記事では、買ってはいけない高級時計の特徴と理由、今おすすめの高級時計を解説しました。数十万円〜数百万円する高級時計は資産と考える方も少なくありません。ルイヴィトンやブルガリなど人気ブランドでもアウトレットやグレーマーケットに出回ればブランド価値が下がってしまいます。同じ時計がアウトレットで安く売られていたら定価で購入した人は、がっかりしてしまいます。

アウトレットに出回らないロレックスやカルティエは市場価値が高くブランド価値が下がりません。現在リセールする予定がなくても、この先気持ちがどう変化するかわかりませんので、できるだけ市場価値が高いものを購入するといいでしょう。

ファッションカテゴリの最新記事