壁掛けテレビで後悔!時代遅れで首が痛い?

壁掛けテレビで後悔!時代遅れで首が痛い?

「壁掛けのテレビを設置したいけど、失敗したらどうしよう」このように考えている方はいらっしゃいませんか。

壁掛けテレビはスタイリッシュですが、思わぬ後悔をしてしまう可能性もあります。「壁に穴をあけたら後悔するかも」「収納スペースが減ってしまいそう」このように不安に思うことも当然です。

そこで今回は、壁掛けテレビを設置して後悔した理由を紹介します。おすすめのテレビもご紹介するので、参考にしてください。

壁掛けテレビで後悔した理由

「壁掛けテレビで後悔したらどうしよう」このようにお悩みの方は少なくないと思います。壁掛けタイプのテレビはデザイン性が高い反面、デメリットも存在します。

壁掛けテレビを設置して後悔した理由を3つ紹介するので参考にしてください。

壁に穴があく

壁掛けテレビの後悔で一番多いのが「壁に穴があいた」ということです。ビスのための穴なので、そこまで大きいわけではありませんが、やはり壁に穴があくと気になりますよね。

壁掛けテレビが設置されている間はほとんど気にならないと思います。しかし、途中で置き型のテレビに変えてしまうと、穴が目立ってしまうのです。

簡単に移動できない

「部屋の模様替えをしたい」「家具の位置を変えようかな」このように思っても、壁掛けテレビを簡単に動かすことはできません。

壁掛けテレビを設置する際には、壁に金具を付け、それにテレビを固定します。また、配線用の穴をあける場合もあるので、簡単にテレビを動かすことは難しいです。

壁掛けテレビの位置は、基本的には変えないつもりで慎重に設置しましょう。

配線が見える

壁掛けテレビは配線が丸見えになってしまう可能性もあります。

新築では、壁の中に配線を隠す「隠ぺい配管」という方法を用いている場合が多いので、配線が気になることは少ないでしょう。

しかし、問題は将来的にAV機器が増えた場合です。隠ぺい配管が使えない場合は、配線やコードが丸見えの状態で放置するしかありません。

「住み始めた際は気にならなかったが、後々配線が気になるようになった」という口コミは多いので注意しましょう。

首が痛い

テレビを壁掛けにして首が痛いとの声も上がっています。

ただ、首が痛いに関しては高さの設定をしているケースがほとんど。

テレビ以外もそうですが、高いものや低いものを見続けると首に負担がかかるので痛くなります。

ソファに座りながら見る人や寝っ転がりながら見る人など姿勢によって高さも変わってくるので、つけるときは業者に相談するといいでしょう。

後悔、時代遅れは嘘?壁掛けテレビのよかったの声

後悔したという声だけでなく、壁掛けテレビに対する喜びの声も存在します。3つ紹介するので、参考にしてください。

部屋が広く感じる

「壁掛けテレビだと、部屋が広くてすっきりする」という口コミは多いです。

置き型テレビから壁掛けテレビに変更すると、テレビ台が必要なくなるので、その分部屋は広くなります。「テレビは場所をとるもの」という認識は変化するでしょう。

また、テレビ周りはゴチャゴチャしておりデッドスペースだと思われがちですが、壁掛けテレビにすることで空間を有効活用できます。新しく家具を置くこともできますし、すっきりとした空間として保つこともできます。

掃除が簡単

壁掛けテレビにすると、劇的に掃除が楽になります。

置き型テレビだと、テレビの裏のホコリをとるのが面倒ですし、テレビ台やAV機器の隙間には汚れが溜まりやすいです。テレビ周りの掃除が億劫だという方も多いのではないでしょうか。

壁掛けテレビにすることで、掃除は簡単になり、時間も短縮されます。汚れも溜まりにくいので、掃除が億劫になることもないでしょう。

おしゃれな部屋になる

「生活感をできるだけなくしたい」「モデルルームのような部屋にしたい」このように思っている方にとって、壁掛けテレビは非常に魅力的です。

壁掛けテレビは見た目がすっきりしているので、生活感がないオシャレな空間を演出できます。置き型だとコンセントが気になったり、テレビ台の汚れが気になったりすると思いますが、壁掛けタイプだとそのような問題はありません。

「オシャレな部屋を作りたい」「生活感をなくしたい」このような高いデザイン性を求める方に壁掛けテレビは向いていると言えます。

おすすめ壁掛けテレビ

「具体的にはどのテレビがおすすめなのかな」このように考えている方もいらっしゃると思います。そこで、ぜひおすすめしたい壁掛けテレビを3つ紹介します。

ソニー55V型 有機ELテレビ

このテレビは有機ELテレビということもあり、画質が非常に良いです。従来のテレビでは、ぼやけてしまうような動きの速い映像も、このテレビではくっきりと見られます。スポーツ鑑賞にはうってつけです。

また、音質の良さも特徴です。「アコースティックサーフェス オーディオ」という機能を搭載したことにより、画面そのものから音が出ているような臨場感を楽しめます。
「PrimeVideo」「YouTube」「TVer」などのネット動画サービスも楽しめます。

【商品情報】
・ソニー有機ELテレビ
・55型
・227,500円

【こんな人におすすめ】
・とにかく画質にこだわりたい
・動きの速い映像もはっきり見たい
・臨場感のあるサウンドを楽しみたい

【ソニー55V型 有機ELテレビはこちらから】

SmartTV 50V型

こちらの商品では、アプリをインストールすれば、YouTube、AmazonPrimeVideo、Netflix、hulu、 AbemaTVなどのたくさんのネット動画サービスを利用できます。ネット動画を大画面で見られるのは魅力的ですね。

また、4Kなので従来のテレビの約4倍も高精度な映像を楽しめます。価格はリーズナブルですが、映像クオリティはとても高いです。

【商品情報】
・SmartTV
・50型
・58,800円

【こんな人におすすめ】
・たくさんのネット動画を楽しみたい
・価格は抑えたい
・映像は綺麗な方が良い

【SmartTV 50V型はこちらから】

TCL 55V型

こちらのテレビは圧倒的な映像美を誇っており、自然に近い色を楽しめます。景色や植物などの鑑賞にはうってつけです。

また、ネット動画のコンテンツ数も圧倒的で、YouTube、Netflix、Hulu、AmazonPrime など多様な動画を楽しめます。

テレビのデザインはフルスクリーンで、シンプルかつ洗練されています。壁掛けテレビとして使うと、お部屋のインテリアになるでしょう。

【商品情報】
・TCL
・55型
・69,800円

【こんな人におすすめ】
・美しい映像を楽しみたい
・たくさんのネットコンテンツを見たい
・洗練されたデザインが良い

【TCL 55V型はこちらから】

高すぎた?壁掛けテレビの位置を変えたい

ここからは番外編。

テレビの壁掛けに失敗し、テレビの位置を変えたい人もいますよね。

壁掛けテレビは個人でも位置調整することができますが、できれば二人以上で行いたいです。

壁掛けテレビは金具を引っ掛けているので、どうついていたかを記憶しておき、外す時とは逆の手順でつけると位置を変えることができます。

記憶する自信がないという方は、外すときにカメラで撮影しておき、忘れた場合は動画を見返せば思い出すことができるので、おすすめです。

まとめ

今回は、壁掛けテレビで後悔した理由について紹介しました。壁掛けタイプのテレビはスタイリッシュなので、購入を考えている方も多いと思います。しかし、デメリットもいくつか存在するので、注意して購入することが必要です。

もちろん悪い面だけでなく、部屋がすっきりしたりオシャレな部屋をつくれたりするなどの良い面もあります。メリットとデメリットの両方を考慮して購入しましょう。

壁掛けテレビの購入についてお悩みの方は、今回紹介したことをぜひ参考にしてください。

家電カテゴリの最新記事