テレワークしたいけどできない理由と対処法

テレワークしたいけどできない理由と対処法

自宅などで仕事をするテレワーク。

コロナウイルス が蔓延している中でテレワークしたいけど会社の方針でできず、以下のような不満を持っているのではないでしょうか?



「上司の頭が硬くてテレワークさせてくれなくて困る」

「テレワークしたいけど、接客業だからできない」

「テレワークにしたいから転職したい」



コロナウイルス にかかりたくないから、できればテレワークにしたいですよね。

この記事では、上記のような悩みを持っている方向けに、テレワークしたいけどできない理由とテレワークしたい時の対処法をご紹介します。

テレワークしたいけどできない理由

まずはテレワークをしたいけどできない理由についてです。

業種的に厳しい

テレワークができない業種だとテレワークを実現できません。

スーパーや介護といった人と接する仕事の場合、出社しなければならず、在宅での勤務は困難です。

もし、在宅勤務が厳しい業種でテレワークをしたいのであれば、在宅ワーク可能な職種に転職する必要があります。

情報管理のため

仕事によっては多くの個人情報を取り扱っています。

個人情報の種類によっては法律に触れる懸念があるため、テレワークが厳しいケースがあります。

テレワーク環境が整っていない

家にはスマホもありますし、パソコンもあります。
私は一応zoomも使えます。

ですが、職場側がzoomなどのテレビ電話を駆使することができないのです。
つまり、職場側がテレワークしたくても環境が整っていない、ということがあります。
職場がテレワーク対応に対して遅れを取っているため、
私たちがテレワークしたいと思ってもできないのが現状です。

家の環境については、各職員バラバラです。
環境が整っている人と整っていない人がいます。
その差もあるので、会社もテレワークに踏み切れないのかもしれません。

テレワークしたいけどできない。できない時の対処法

次にご紹介するのが、テレワークできない時の対処法です。

転職や市場価値の高いスキルを身につけるのがおすすめです。

転職する

テレワークしたいときの対処法で一番確実なのが転職です。

エンジニアやWebライティングなどテレワーク可能な仕事に転職すれば、在宅勤務もできるようになります。

とはいえ、いきなり辞めるのではなく、転職先を探してからにしましょう。

ゲキサポというサービスを使えば、プロのキャリアアドバイザーがつきっきりで転職活動のサポートをしてくれるので、未経験からの転職でも安心です。

休職中や、ジョブホッパーの方でも年収がアップしたりしているので、転職を検討しているのであれば、一度利用してみるのをおすすめします。



ゲキサポはこちら



市場価値の高いスキルを身につける

転職するのか怖いという方には、市場価値の高いスキルを身につけるのがおすすめです。

自分自身で稼げる力をつけられれば、今いる会社以外でも稼げるようになるので、選択肢が増えます。

最近では、オンライン英会話やオンラインのプログラミングスクールなどが出てきています。

特に、オンライン英会話は1レッスン129円から利用できるレアジョブ英会話など安くてオンラインで受けられるサービスも出てきているので、この機会に使ってみるのもいいでしょう。



レアジョブ英会話はこちら



テレワークしたいのであれば無料のプログラミングスクールがおすすめ

テレワークしたいけどできないのであれば、転職以外に方法論はありません。

転職の際に役に立つのが無料のプログラミングスクールです。

無料のプログラミングスクールでは、市場価値の高いプログラミングスキルを学べるはもちろんのこと転職活動のサポートをしてくれます。

GEEK JOBという無料のプログラミングスクールでは正社員転職率が97.8%と頑張ったほとんどの人が転職できています。

GEEK JOBは完全オンラインですし、オンラインで仕事することが可能なエンジニアになることができるので、テレワークしたいのであればかなりおすすめです。




GEEK JOBはこちら



仕事カテゴリの最新記事