優柔不断が短所な人必見!面接時の対処法をご紹介!

優柔不断が短所な人必見!面接時の対処法をご紹介!

「優柔不断なことが短所だけど、面接時になんて話せば良いんだろう?」と悩んでいませんか?優柔不断な部分を細かく解説するのは、とても難しいですよね。

この記事では優柔不断が短所だと感じる方へ向け、面接官が思うことや、回答時のポイントについて詳しく解説していきます。

記事内容を参考にし、優柔不断という短所を好印象なイメージに変える話し方をマスターしていただける嬉しいです。

トップ画像出典URL:https://pixabay.com/ja/photos/女性-オフィス-仕事-ビジネス-2773007/

優柔不断が短所だと聞いて面接官が思うこと

面接官は優柔不断と聞くと「引っ込み思案な性格の人なのかな?」と感じる傾向があります。なので短所を理解した上で、自分はどんな対策を立てて普段生活しているのかを話すと良いでしょう。

面接官は短所を自己分析できていることを見ているだけでなく、改善方法を具体的に話し、今はどんな状況で努力しているのかを見ます。

優柔不断という短所に対し、上記のように改善できていることを話せば「この人はもう克服できているな。」や「この人なら他の問題が発生しても、柔軟に対応してくれそうだ!」と評価してくれるでしょう!ぜひ優柔不断が短所と話す際の参考にしてくださいね。

短所が優柔不断だと答える時のポイント4選

企業へ優柔不断なところが短所と伝える際、気をつけなければいけないポイントが4つあるのでご紹介します。

これからご紹介する4つのポイントを元にし、就職活動の参考にして頂けたら嬉しいです。

①必ず優柔不断ということを話すこと

1つ目のポイントは「必ず優柔不断ということを話すこと」です。初めに自分が優柔不断だという短所(結論)を話し、具体的なエピソードで面接官の興味を引きましょう。

そうすることで面接官は「この後、どんな風に改善していくんだろう?」と続きが聞きたい状態になります。

最後に改善しようと努力していることや、継続していることを明確化して伝えると、スッキリとした文章になるのでオススメです!

②自信を持って答える

2つ目のポイントは「自信を持って答える」です。短所に対して話す際に声が小さくなって自信がない人は、「短所に対して、しっかりと向き合えてないな。」という印象を与えてしまうことがあります。

一方、堂々と自信を持って答えることで、マイナスなイメージな内容を話しても、内定を決める際に面接官を優柔不断にすることができるのでオススメです!

なので「優柔不断が短所です!」とハッキリ伝え、どのように優柔不断に対して改善しようと考えているのかをしっかり伝えましょう。

③身近な人に聞いてみる

3つ目のポイントは「身近な人に聞いてみる」です。長年一緒にいる家族や、友人に短所を聞き出すこともオススメ!

優柔不断よりも回答しやすい短所が見つかるかもしれませんし、優柔不断な場面を事細かく聞き出すことができます。

また、最近仲が良くなった友達などに聞いてみるのもオススメです。距離が近い人とあまり近くない人では、あなたの見方が変わってくるので、あまりあなたのことを知っていない方に短所を聞き出してみるのも良いですよ!

短所が優柔不断の例文

この見出しでは、実際に短所を作成する際の例文をご紹介します。良い例と悪い例を紹介するので、ポジティブな印象を与えることができる例文の特徴を知って頂けたらと思います。

また、短所では周りくどい印象の文章なので、自分が面接官になった気持ちで読み進めて見てください。第三者の目線に立つことで、どのようにして話せば伝わりやすいのかわかるのでオススメです。

(良い例)結論から話す文

相手に何かを伝える際は、結論から話すのがオススメです。今回のケースだと「優柔不断ということが短所」なので、結論から話すと以下のような例文になります。

私の短所は優柔不断なところです。物を買う時や食事の注文時に、なかなか決断できない場合があります。

しかし社会人になれば素早い判断力や、臨機応変に対応しなければいけないことが多いと感じています。

自分の優柔不断な考えを改善するためにも、前もって買いたい商品を決めたり、食べたいものを決めておくよう心がけるよう生活しています。

悩む時間は多いと感じていますが入社した際はこの性格を活かし、時間をかけて丁寧な仕事をする自信があります。

(悪い例)結論から話すけど周りくどい文

上記では、結論から話すスッキリとした印象の例文をご紹介しました。次に周りくどい言い回しでの例文を紹介するので、「ちょっと周りくどい印象があるな。」と感じる部分を意識して読み進めてみてください。

そうすることで、面接官の気持ちがわかるようになるのでオススメです。ぜひ最後まで読み進め、面接時の参考にしてください。

私の短所は、物を買う時や食事の注文時に、なかなか決断できない優柔不断なところです。しかし社会人になれば素早い判断力や、臨機応変に対応しなければいけないことが多いと感じています。

なので、自分の優柔不断な考えを改善するためにも、前もって買いたい商品を決めたり、食べたいものを決めておくよう心がけています。

人一倍悩む時間は多いと感じているので、入社した際はこの性格を活かして、時間をかけて丁寧な仕事をする自信がでると思います。

上記の例文を読んで周りくどい印象だけでなく、自信がないようにも思えますよね。接続詞や、〜だと思います。を避けるだけでハッキリとした印象になるのでオススメです!

就活はプロと一緒に行おう

今回のように「短所を伝える際にそうすれば良い印象を与えることができるかな?」と悩んでいる方は、就活のプロに相談することがオススメです!

近年ではネットで気軽に相談することができ、メールや電話で就活の悩みを話すことができます。

例えば「就活情報サイト キャリチャン」や「doda新卒エージェント」などがオススメです。

就活のプロなので志望動機の添削や、面接時の話し方やマナーなどを細かく教えてくれます。

就活の悩みを無料相談できる「OfferBox 」や企業からスカウトが来る「キミスカ」など様々あるので、就活のプロへ相談することを調べてみるのも良いですよ!

企業への合格率がグッと上がるだけでなく、あなたと合っている企業なのかも知ることができますよ!就活の相談はプロにしてみてはいかがでしょうか?

就活カテゴリの最新記事