Google広告のメリット・デメリットは?わかりやすく解説!

Google広告のメリット・デメリットは?わかりやすく解説!

「Google広告ってよく聞くけど本当に意味あるの?他の広告との違いは?」

なんて思ったことはありませんか?

Google広告はインターネット広告の世界シェアで1位をとっており、実際に目にする機会も多いので、インターネット広告の代名詞と言っても過言ではないかもしれません。

しかし利用する上での実態はあまり知られていないのが現状です。

そこで今回は、Google広告のメリットデメリット、そして実際に利用する上でやるべきことについてわかりやすく解説していきます。

Google広告を出稿するメリット

Google広告を出稿するメリットは以下の3点が挙げられます。

  • 少額から始められる
  • ターゲティング力の強さ
  • 強力な分析ツール

少額から始められる

1つ目のメリットは少額から始められるという点です。

実際、従来主流であった特定の広告枠に自社広告を掲載する形式ですと、月に何十万という契約をすることはザラにありました。

Google広告ではそんなことにはなりません。

なぜかというと自由に予算を設定でき、少額運用が可能だからです。

極論を言えば100円でもGoogle広告を運用することができます。

それでは実際にどのような料金システムになっているのでしょうか?

Google広告運用の具体的な流れを見ていきましょう。

①予算の上限を月額で設定

②その予算にぴったりな広告が自動で掲載

③誰かが広告をクリックした時、料金発生

④課金額が予算に達したとき掲載が終了

このように、従来はクリック数や成果に関わらず固定の月額がかかっていましたが、Google広告ではクリック数に応じた料金しか発生しません

また課金額が設定した予算を超えることもありません。

そのため、Google広告はお財布に優しい料金システムであると言えます。

ターゲティング力の強さ

2つ目のメリットは、誰もが知っているGoogleという大企業が運用している故の強みです。

前提としてGoogleは日本の検索エンジンの約76%をも占めています!2位のYahoo!は16%ですから、いかに圧倒的かがわかりますよね。(参考:https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/desktop/japan/#monthly-201910-202010)

このことから何がわかるかというと、膨大なユーザーの情報を所有してることです。

この膨大な情報を武器にして、Googleはターゲティング精度をあげています

それではなぜ膨大な情報があればターゲティング精度が上がるのでしょうか?

ここでわかりやすく考えるために、とある会社において面接官Aは10人に対して面接を10分ずつ行い、面接官Bは1000人に対して面接を1時間ずつ行った場合を考えてみてください。

ここで面接官AとBに「〇〇事業に最適な人材を1人採用しろ!」と命じた場合、どちらがより適した人材を採用できると思いますか?

当然面接官Bですよね。

同様にGoogleはそもそもユーザー数が多く利用時間も長いため、的確にユーザーの好み、傾向を把握しています。よってターゲティング精度が高いのです。

またインターネット広告の中でGoogleの次にシェアを獲得しているFacebookと比較すると、より“能動的に行動しているユーザー≒購買意欲の強いユーザー”に広告を表示させることができるという強みもあります。

どういうことかというと、Facebookでは様々な情報からスニーカーを欲しそうだと判別できたユーザーの画面にスニーカーの広告を表示させます。

それに対して、Googleでは「スニーカー おすすめ」と検索したユーザーに、その検索した瞬間に広告を表示させることができます。

この2つの例を比較したとき、よりスニーカーの購入に繋がりそうなのは、購買意欲の高い瞬間に広告を出せるGoogle広告の場合ですよね。

以上のようにGoogle広告には、ターゲティング力の強さにメリットがあると言えます。

強力な分析ツール

3つ目のメリットはGoogle広告が強力な分析ツールを備えていることです。

これはGoogleが大量のユーザーを保有していることに起因しています。先ほど述べたターゲティング力の強さと同じですね。

分析をする上で、サンプル数(ユーザーの数)が多ければ多いほど分析結果の精度は上昇していくため、Googleの分析ツールが強力であることは明白です。

具体的にはある広告をクリックしたユーザーがその後商品を購入したのか、アプリをダウンロードしたのか、電話をかけたのかなどまで把握することができます。

Google広告を出稿するデメリット

Google広告のメリットが大方わかったところで、デメリットに関しても見ていきましょう。デメリットは基本的にメリットの裏返し的な側面が大きいです。

デメリットとしては以下の2点が挙げられます。

  • 効果的な運用が難しい
  • 競合他社との差別化が難しい

それではひとつづつ見ていきましょう。

効果的な運用が難しい

以上のメリットでは、Google広告のポテンシャルの素晴らしさについて述べてきました。具体的に言うと、Google広告には優れた料金システムがあり、膨大な情報を基に強力なターゲティング&分析ができるといったところです。

この優秀さを裏返して考えると、これだけ幅広い機能を備えた優秀な広告を効果的に使いこなすには相応の知識・技術が必要ということになります。

つまりデメリットはGoogle広告のポテンシャルを完全に引き出すことが難しいということです。

イメージとしては、非常に優秀であらゆる能力を備えた部下を完全に使いこなすのが難しい感じです。

競合他社との差別化が難しい

Google広告が多くの人に利用されているということは、競合他社も当然利用しているということになります。

そのため競合他社と差別化する難しさというデメリットが生まれます。

差別化せずとも一定の効果は得られるでしょうが、効果を最大化するには、競合他社を分析し差別化することが必要不可欠です。

この差別化には、自社の分析や市場の把握、競合他社の分析等様々な手順が必要となってくるため、所謂マーケティング等の知識がある程度求められることになります。

Google広告を成功させるためにやるべきこと

これまででGoogle広告のメリット、デメリットがわかってきたと思いますが、実際にGoogle広告を成功させるには何をすればいいのでしょうか。

Google広告の理解

何度も述べてきたように、Google広告は多様なサービスを提供しており、利用の仕方によってGoogleの価値は大きく変わります。

そのためGoogle広告に対する理解を深めましょう

Google広告の理解度がそのまま広告効果に直結すると言っても過言ではありません。

ぜひ一度時間をかけてGoogle広告の勉強をしてみてください。

成果の出る代理店に外注する

これまで読んできて、「なんだかGoogle広告始めるの面倒くさそう、、」なんて思った方もいるかと思います。

日々の仕事で忙しく、Google広告の理解や、分析に時間をかけられない方も多いことでしょう。

そんなあなたには成果の出る代理店に外注するという方法をおすすめします。

代理店はGoogle広告の運用経験が豊富で、Google広告のポテンシャルを最大限まで活用してくれます

また他の広告形態に関する知見も備えているため、あらゆる広告手段を提案してもらうことも可能です。

以下2社ほどおすすめの代理店を紹介します。

  • 株式会社ハピスキ

株式会社ハピスキは、webマーケティングのコンサルティングやWEB広告の代行を行っている企業です。口コミの評判がよく、営業をほとんどかけずに顧客を獲得しているという強みがあります。

特徴としては、業界においても優秀な人材が多数在籍していることがあります。

またそのような優秀な担当者と共に広告戦略や、現状分析を行ってもらうことも可能です。

全国対応しております。

会社名株式会社ハピスキ
HPhttp://hapisuki.co.jp/
所在地東京都新宿区西新宿3丁目2−9 新宿ワシントンビル本館 2F

株式会社ハピスキに関してはこちら!

  • 株式会社イーナ

株式会社イーナは大阪に本社を構え、Webマーケティング、Webサイト構築、Eコマース事業などを手がける会社です。実践成果主義を企業のモットーに掲げ、高い実績を出し続けています

会社名株式会社イーナ
HPhttps://www.e-n-a.jp/
所在地〒541-0051 大阪市中央区備後町3丁目4-9 輸出繊維会館2F

株式会社イーナに関してはこちら!

まとめ

今回は、Google広告のメリット・デメリット、そしてGoogle広告を始める前にやるべきことについてご紹介しました。

今“伸びてる”Google広告であるので、ぜひ皆さん一度Google広告に手を出してみてはいかがでしょうか?

もし始めてみようと思われた方は、より高い成果を得られるためにも、入念に準備する、もしくは代理店に相談することをおすすめします!

マーケティングカテゴリの最新記事