パナソニック電気圧力鍋3つのデメリットとメリット4つ!パナソニック電気圧力鍋がおすすめな理由

パナソニック電気圧力鍋3つのデメリットとメリット4つ!パナソニック電気圧力鍋がおすすめな理由

電気圧力鍋は最近リモートワークや共働き世帯を中心に注目を集めている調理家電の一つです。火を使わず簡単に圧力調理ができる優れもの。中でも、パナソニックの電気圧力鍋は、コンパクトなのに大容量で使いやすいと大人気です。現在購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

1台で4役こなす多彩な機能が自慢のパナソニック圧力鍋ですが、他の圧力鍋との違いやデメリットも気になりますよね。短所次第では、他メーカーの電気圧力鍋を選びたいと思う方もいるでしょう。

そこでこの記事では、パナソニックの電気圧力鍋のメリットデメリットと共働き世帯におすすめのポイントをなどを解説していきます。記事の最後には、パナソニック以外の電気圧力鍋も紹介していますので、購入の参考にしてみてください。

パナソニック電気圧力鍋はこちら

パナソニック電気圧力鍋のデメリット

まずはパナソニック電気圧力鍋のデメリットからチェックしていきましょう。

デザイン性が低い

パナソニックの電気圧力鍋は、SR-MP300-Kの1種類しかありません。他メーカーと比べてデザイン性に不満を感じる方もいるようです。

また、他のデザインが欲しいと思っても、選択肢がないため、残念と感じる方も少なくないでしょう。ただ、「1種類しかないから迷わない」とメリットに感じる方もいます。

昔の炊飯器のようなデザインが「ダサい」と感じる方もいれば「可愛い」と評価する方もいて好みが二分しています。

炒め調理に非対応

調理に関するデメリットでは、炒め調理に不対応なところです。下ごしらえで炒めが必要な場合は、フライパンで一度炒める必要があります。

ここをめんどくさいと感じる方はデメリットになるでしょう。フライパンを洗う手間もかかりますし、電気圧力鍋だけでパッと済ませたい方には不向きです。

ご飯は炊飯器の方が美味しい

多くの電気圧力鍋で共通するデメリットがご飯を炊く場合、炊飯器よりは味が落ちることです。パナソニックの電気圧力鍋も、ご飯は炊飯器の方が美味しく炊けます。

もし電気圧力鍋を炊飯器代わりにするつもりで購入を考えていましたら、検討し直した方がいいでしょう。

パナソニック電気圧力鍋のメリット

次に、メリットを紹介します。

口コミ評価が高い

購入を検討する上で、口コミ評価を参考にする方も多いでしょう。パナソニック電気圧力鍋はとにかく口コミ評価が高い商品です。アマゾンレビューは4.5を超えていますし、ツイッターでも悪い評価は見られません。

むしろ、いい評価で溢れています。

Advertisement

家電カテゴリの最新記事