面接で失敗して落ち込む人の特徴・採用されるコツ・おすすめエージェント

面接で失敗して落ち込む人の特徴・採用されるコツ・おすすめエージェント

「よし!これはいける」と思っても、返ってくるのは不採用通知ばかり……。就職や転職の面接で失敗すると落ち込んでしまいますよね。

上手くいかなくてショックを受けるのは当然なのですが、落ち込みやすい人には特徴があります。この記事では面接で失敗して落ち込む前に知っておいてほしいことをまとめてみました。

面接に失敗して落ち込む人の特徴や面接に失敗しないためにすべきこと、面接対策に強いおすすめの就活エージェントを紹介するので、最後まで読んでみてください。

面接に失敗して落ち込む人の特徴

まずは、面接に失敗してひどく落ち込みやすい人の特徴を3つ挙げましょう。面接は、万全の準備をしてどっしり構えるのが大事です。

就活・転職を甘く見ている

就活や転職を「まっ、なんとかなるだろう!」と甘く見ている人は、面接官の鋭い質問にひるんでしまい失敗しやすいです。

就活や転職は自分の価値観や実力と向き合わないといけない難しいものですので、納得のいく結果にするためには企業研究や完成度の高いES作成、面接練習といった努力を重ねないといけません。

そもそも、就活や転職への意欲が低いと入社への熱意が感じられず、届くのは不採用通知ばかりということもよくある話です。面接で気のゆるみを見せていると上手くいかずに落ち込むことになるでしょう。

面接対策をきちんとしていない

就職や転職を甘く見ていることに関連するのですが、「まぁ、面接は場当たり的に対応すればいけるだろう」と思っていると失敗することになるかもしれません。

面接にてボロボロに打ちひしがれる人は、準備不足であるのがほとんどです。「この点をお伺いしたいのですが。」という質問をすると「サイトに載っているんだけどね。」なんて返されるかもしれませんよ。

過度に緊張している

就活や転職への意欲は十分にあり、面接対策も十分に行っているのにもかかわらず、落ち込むことになるケースもあります。それは、過度の緊張です。

自分の将来を決める重要な起点ですので緊張して当たり前ですが、やはり度が過ぎるとよくありません。緊張感は疲労感とも繋がるので、「就活や転職に疲れ切ってしまった……」ということにもなりかねません。

面接に失敗しないためにすべきこと

次に、面接に失敗しないためにすべきことを解説しましょう。よい結果を出そうと思って固くなってしまうのはもったいないです。なるべく平常心で面接を受けるコツをお伝えします。

失敗してもいいやと考える

面接で緊張してしまうのは「内定が欲しい」「失敗したくない」という気持ちが強く表れてしまっているからでしょう。面接を完ぺきにこなしたいと思っていませんか。

そのため、少し噛んでしまっただけで「やばい……」と焦ってしまうことも。これを防ぐためには、「ちょっとぐらい失敗してもいいや」と思うのが大事です。面接官だって、少し噛んだぐらいでマイナス評価にはしませんよ。

とにかく場数を踏んで面接に慣れる

人間は経験したことに対しては少々落ち着いて対応できる傾向があります。誰だって初めてのことには戸惑うかもしれませんが、二度目となると「前にやった通りだな」と、どっしり構えられるもの。

多くの面接を受けると、よくある質問が分かってきます。そのため、第一志望の会社の面接を受ける前に、数社受けて場数を踏んでおきましょう。

よくある質問はあらかじめ答えを考えておく

さて、よくある質問にはあらかじめ答えを用意しておくのが肝心です。丸暗記する必要はありませんが、伝えたいポイントを押えましょう。

丸暗記すると、文章の音読のような話し方になってしまい、「あっ、丸暗記だな」と面接官にバレてしまうかもしれません。よくある質問に対する回答は要点だけ書き出しておきましょう。

就活エージェントを活用する

転職ですと社会人経験があるので人前で話すことに慣れているかもしれません。しかし、就職経験のない新卒は、社会人相手に自己PRをする機会はなかなかないでしょう。

就活を経験した先輩だって、「就活、失敗したわ~」なんて言っていませんか。就活が上手くいかずに留年を決める人もいるほど。そんなことは避けたいですよね……。

就活を成功させるコツは就職エージェントを活用するということ。就職エージェントを活用すると、自分に合った求人を探してくれたり、応募書類の添削や面接対策をしてくれたりします。それが無料で利用できるので、使わない手はありません。

面接対策に強いおすすめの就活エージェント

メリットが盛りだくさんの推薦したい就活エージェントを3つ紹介します。就活エージェントを調べると何社もあって「結局どこがいいの?」と悩みがちですので、これから紹介する特徴を参考にチェックしてみてください。

キャリアチケット

キャリアチケットは、入社後のキャリアを見据えた、本質的な就活を売りにしている就活エージェントです。

入社後、わずか3年以内に大卒者の約3割が退職しています。もちろん前向きな転職もあると思いますが、そもそも完全にマッチして満足していると転職しようとは考えないですよね。やはり何らかのミスマッチが生じているのです。

それらのミスマッチを少しでも減らそうと二人三脚で就活の厳しい道を歩んでくれるのが、キャリアチケット。セミナーはもちろんのこと、大学のすぐそばにある就活カフェでの情報交換も好評です。

▶「キャリアチケット」はこちらから。

Meets Company

Meets Companyは、選考会を兼ねた座談会形式での会社説明会を行っている就活エージェントです。この会社説明会は最大8社までと厳選されているので、大型の会社説明会とは違って落ち着いて話を聞けます。その場で内定を獲得することも⁉

今までサポートしてきた就活生の数は12万人。履歴書の書き方から最終面接までしっかりサポートしてくれます。1次面接で聞かれる内容と最終面接で聞かれる内容は違うのでコツを知っておくのは本当に大事です。

▶「Meets Company」はこちらから。

リクナビ就活エージェント

リクルート就職エージェントは、大手のリクルートが運営している就活エージェントです。登録すると専任アドバイザーとの面談があり、キャリアカウンセリングをしてくれます。

大手なだけあって、リクナビ就職エージェントへの参加企業は多くあります。よく混同されるのが「リクナビ」ですが、リクナビは専任のアドバイザーはついていません。無料なら、一度プロの意見を聞いてみたいと思いませんか。

▶「リクルート就職エージェント」はこちらから。

まとめ

面接で失敗して落ち込む前に、そして落ち込んでからも持ち直すのが大事です。働くうえでも、上司に怒られたりミスをしたりして凹むことは多くあります。人間なのですから失敗して当たり前です。

しかし、「二度同じ失敗はしない」「失敗しないような対策はとる」といった工夫は必要でしょう。とりわけ人生の大きな岐路に立つ就活では就活エージェントの力を借りて、最善の道を突き進んでみてはいかがでしょうか。

一人で悩み過ぎてもつらいだけ。今回紹介した就活エージェントの話を聞いてからでも遅くはありません。しんどくなる前に頼りましょう。

就活カテゴリの最新記事