レバテックルーキーとは?口コミ・評判・特徴・入会方法まで徹底解説!

レバテックルーキーとは?口コミ・評判・特徴・入会方法まで徹底解説!

あなたは「レバテックルーキー」というサービスが気になっていませんか?

「カウンセリングや面談は丁寧な対応なの?」
「料金ってかからないの?」
「みんな内定ってもらえてるの?」

確かに、レバテックルーキーの口コミを調べてみると「面談だけでも勉強になった」「オンラインでもサポートしてくれる」など、多くの良い評判を目にします。

しかし、この情報だけでは「自分に合っているのか分からない……」と思いますよね。

そこで今回は、レバテックルーキーの特徴や口コミ・評判などを解説します。料金や費用の有無や入会方法などもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

レバテックルーキーとは

レバテックルーキーとは、新卒でITエンジニアを目指す方向けに就活のサポートをしてくれるサービスです。

運営会社は2017年に設立された「レバテック株式会社」で、「レバテックキャリア」という転職サポートサービスや「レバテックフリーランス」というフリーランス向けのサポートサービスなどを運営しています。

【レバテック株式会社の概要】

企業名レバテック株式会社
代表取締役岩槻 知秀
資本金60,000,000円(資本準備金含む)
事業内容システムエンジニアリング事業/IT・Web領域における人材紹介事業
設立2017年8月1日
本社所在地東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 24F・25F

ITエンジニアを目指す新卒者をサポートするだけあって、社内にはエンジニアやWEB業界に深い知識を持ったスタッフが大勢いるのが特徴です。実際にエンジニアとして活躍していた方もいるようですね。

そして、レバテックルーキーを利用すれば、以下のようなサポートが受けられるようになっています。

【レバテックルーキーのサポート体制】

 就職相談(面談・カウンセリング)
 厳選された求人の紹介
 履歴書・ESの添削
 面接対策・模擬面接
 企業への推薦
 内定後のサポート

このように、就活に必要な全ての工程を網羅的にサポートしてくれるので、新卒として初めて就活をする方にとっては強い味方となってくれるのです。

もちろん、利用料金などは無料なので、使うか分からないけど念のため登録しておくといった気軽な気持ちで登録しておいてもよいでしょう。

レバテックルーキーの特徴

続いては、レバテックルーキーの特徴について解説します。

徹底した面接対策

レバテックルーキーの特徴1つ目は徹底した面接対策です。

面接の前には必ずLINEで電話をしてくれて、これから面接を受ける企業の情報などを教えてくれます。

「この企業は○○というサービスが特徴」
「○○という経営理念を持っている」
「この企業では過去に○○に関する質問があった」

このように、面接前に細かい情報を伝えてくれるので、その情報を基にどのようなアピールをすれば良いのか決められるのです。

もちろん、「○○のような経営理念を持っているから、あなたの○○という強みをアピールすると効果的」といったアドバイスもしてくれます。

面接終了後には、上手くいったのかどうか確認の連絡もしてくれます。

悩みがあればいつでも相談に乗ってくれるので、内定がもらえるのか不安を感じている方には心強い味方となってくれるでしょう。

IT関連の豊富なノウハウ

レバテックルーキーの特徴2つ目はIT関連の豊富なノウハウです。

レバテックルーキーには、長年IT業界に携わり豊富なノウハウを学んだITエンジニア専門アドバイザーがいるので、ITエンジニアならではの観点から面接対策や履歴書・ESの添削をしてくれます。その結果、レバテックルーキーでは高い内定率を実現しているのです。

もしも、あなたが企業へのアピールポイントなどで悩んでいるなら、ITエンジニア専門アドバイザーによるカウンセリングを受けて対策してみると良いでしょう。

最短2週間のスピード内定

レバテックルーキーの特徴3つ目は最短2週間のスピード内定です。

通常の就職活動では、企業にエントリーして説明会に行き、履歴書・ESを提出して複数回の面接を受けてようやく内定が決まります。そのため、平均1~2か月程度はかかるでしょう。

しかし、レバテックルーキーを通してエントリーすると、面接の回数を減らすといった優遇をしてもらえる場合もあります。その結果、最短2週間というスピード内定が実現できるのです。

できるだけ早く内定が欲しい方には、嬉しい環境と言えるでしょう。

レバテックルーキーはこちら

レバテックルーキーの良い評判・口コミ

ここでは、レバテックルーキーの良い評判・口コミをご紹介します。

特典でプログラミングのレッスンが無料で利用できる

なんと!
レバテックで転職した特典としてProgateの全レッスンが半年無料で使えるようになった!
聞いてなかったからこれはうれしい!
schooは会社の経費で勉強できるし、本も経費で読めるし、Progateも無料だし、お金もらいながら勉強できるなんてすばらしいね

引用元:Twitter

Progateとは、オンラインでプログラミングが学べるサービスです。そのProgateが、半年間無料で利用できるようになれば、就職活動をしながら勉強ができるのでスキルアップをしたい方には嬉しいサービスですね。

話を聞くだけでも勉強になった

とりあえず何も知らない自分にとって就活エージェントとのお話は何を聞いても勉強になった。レバテックルーキーさんよろしくお願いします。

引用元:Twitter

レバテックルーキーには、ITエンジニア専門アドバイザーがいるので、面談やカウンセリングを受けるだけでも多くの学びがあるようですね。

オンラインで教えてもらえる

本日よりプログラミングの技術を更に極めます。
レバテックルーキーというエージェントの人にオンラインで色々教えてもらい成果物の目標が出来ました

引用元:Twitter

LINEなどのオンラインツールを使ってサポートしてくれるというのは、いつでも相談できるので嬉しい環境ですね。就活は孤独なイメージが強いので、自分1人では不安な方こそ利用すべきサービスと言えるでしょう。

レバテックルーキーの悪い評判・口コミ

続いては、レバテックルーキーの悪い評判・口コミをご紹介します。

良い会社がない

レバテックルーキーはやめましょう。いい会社はありません。

引用元:Twitter

レバテックはITエンジニアの就活をサポートするサービスなので、その事実を理解しないまま利用すると、良い会社がないといった不満を感じる可能性があります。まずは、本当にITエンジニアを目指したいのか明確にすると良いでしょう。

動きが遅い

レバテックルーキー動き遅い
7月半ばに初相談したのに未だに1社どころか説明会の日程も決まらない
1ヶ月で1社内定目指そうと言われたが努力目標である以上関係ないのか

引用元:Twitter

レバテックでは、利用者1人に対して専任の担当者が付くので、担当者によっては対応が悪い可能性があるようですね。もし、あまりにも対応が悪いようなら、レバテックルーキーに問い合わせで相談してみると良いでしょう。

レバテックルーキーがおすすめの人

ここでは、レバテックルーキーがおすすめな人について解説します。

リアルな企業情報が知りたい人

1つ目のレバテックルーキーがおすすめな人は、リアルな企業情報が知りたい人です。

レバテックルーキーを運営するレバテック株式会社は、日本最大規模のIT業界のネットワークを有しています。そのため、普通では手に入らないようなリアルな企業情報を持っているのです。

インターネットによるリサーチでは分かりにくい職場環境や社員の人柄といった情報もレバテックルーキーなら手に入ります。

本当の自分に合った企業なのか確認してから、就活を進められるので入社後にイメージと違ったというトラブルを軽減できるでしょう。

文系だけどITエンジニアを目指したい人

2つ目のレバテックルーキーがおすすめな人は、文系だけどITエンジニアを目指したい人です。

ITエンジニアに特化したサービスと聞くと、文系の人は利用できない印象を受けるでしょう。しかし、文系からITエンジニアを目指す人こそ、レバテックルーキーを利用すべきなのです。

そもそも、新卒の就活で紹介される求人では、最初から高いプログラミングスキルなどが求められるわけではありません。専門的なスキルが低くても人柄やビジネスマナーが備わっていれば、十分に内定はもらえるのです。

また、レバテックルーキーにはITに関する深い知識を持ったITエンジニア専門アドバイザーがいるため、ITエンジニアになるうえで必要な知識や情報を提供してもらえます。

実際、レバテックルーキーを通して文系からITエンジニアになった人もいるので、理系・文系に関係なく安心して受けられるサービスですよ。

面接の回数を減らしたい人

3つ目のレバテックルーキーがおすすめな人は、面接の回数を減らしたい人です。

前の項目でも伝えした通り、レバテックルーキーには独自のルートで構築した企業とのパイプがあります。そのため、レバテックルーキーを通してエントリーするだけで面接の回数を少なくしてもらえるのです。

面接はできるだけ少ない方が良いという方にとっては嬉しい環境なので、ぜひ利用してみてください。

レバテックルーキーの入会方法と流れ

最後は、レバテックルーキーの入会方法と利用の流れについて解説します。

ステップ1.公式サイトから登録

まずは、公式サイトにアクセスして会員登録をしてください。

登録では、氏名や生年月日といった基本情報に加えて、学校情報や希望条件も聞かれます。プログラミングやクリエイティブデザインの経験は「なし」も選択できるので、文系の方でも安心ですね。

また、一番最後に個別面談の日時を入力できるので、指定しておいた方が登録がスムーズに進むでしょう。

ステップ2.ヒアリング面談

ステップ1で決めた日時に、エージェントの方と面談をします。

面談は、電話で実施するか本社に出向いて対面で行うか選択できます。どちらにするかは、登録後の日程調整で伝えてください。

実際の面談では、以下のような内容について話し合います。

 エンジニアとしての志向性
 どんなキャリアを積みたいか
 プログラミング経験の度合い

これらの内容についてあらかじめ考えをまとめておくと、当日の面談がスムーズに進むでしょう。

ステップ3.企業の紹介

ステップ2で話した内容を基に、担当者の方が10社ほど企業を紹介してくれます。加えて、その企業の特徴についても教えてくれますよ。

  • どんな事業を展開しているのか
  • おすすめのポイント
  • 入社後のビジョン

各企業の詳細な資料はLINEでも送付してもらえるので、後でゆっくりと確認ができます。

ステップ4.採用試験を受ける

企業を紹介してもらえば、後は書類選考や面接といった採用試験を受けましょう。もちろん、履歴書やESは提出前に添削をしてくれて、面接前には各企業に沿った対策を考えてくれます。

面接対策では、聞かれる内容や近年の不採用となった原因などを教えてくれるので、面接が苦手な方には嬉しいですよね。

まとめ

今回はレバテックルーキーという就活エージェントについて解説しました。

IT業界に太いパイプを持っていて、スタッフにはIT関連に深い知識を持つ方が大勢在籍しているので、とにかくITエンジニアを目指す方に最適なサービスだと分かりましたね。

また、利用すれば面接回数が少なくなったり、普通では手に入らないような企業情報が入手できたりと、非常に有利に就活が進められるのも理解できたでしょう。

ITエンジニアに特化したサービスなので、理系・文系を問わずITエンジニアを目指す方は、ぜひレバテックルーキーを利用してみてください。

レバテックルーキーはこちら

新卒エージェントカテゴリの最新記事