高級時計レディースおすすめ5選!センスのいい・値崩れしない・一生モノの時計を紹介

高級時計レディースおすすめ5選!センスのいい・値崩れしない・一生モノの時計を紹介

「一生モノの高級時計、どれがおすすめ?」「女性が憧れる高級時計は何?」自分へのご褒美や女性へのプレゼントに時計を検討している方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか?

大人の女性にとって時計は、ジュエリーの役目と実用的な側面のある重要なツールです。とはいえ、20万円を超えるハイブランドの高価な時計は種類も多く迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、レディースのおすすめ高級時計を「センスのいい」「値崩れしない」「一生モノ」の順に紹介していきます。

最後に買ってはいけない高級時計の特徴も解説していますので、時計選びに悩んでいる方はチェックしてみてください。

センスのいい高級時計レディースおすすめ

プライベートでもビジネスでも活躍するような上品なデザインの時計は、1つ持っておくと便利ですよね。まずはセンスがいいと言われる高級時計から紹介します。

オーデマピゲ ロイヤルオークオートマティック

オーデマピゲ ロイヤルオークオートマティック

出典:https://www.amazon.co.jp

スイスの歴史ある老舗時計ブランドオーデマピゲ。中でも代表的なモデルが「ロイヤルオーク」です。世界中のセレブ、国内の芸能人や著名人、インスタグラマーに愛用される非常に人気の高い時計。

「成功の証」というイメージがありますので、男性から高い支持を得ています。

ロイヤルオークの始まりは1972年。高級時計初のステンレススチールを採用したスポーツウォッチです。1976年にレディースが登場すると、大ヒット。スポーツウォッチですから実用的なのですが、エレガントで品格あるデザインが多くの女性の心を射止めています。

価格:約180万円〜

オーデマピゲ ロイヤルオークオートマティックはこちら

カルティエ ​​ベニュワール

カルティエ ​​ベニュワール

出典:https://www.amazon.co.jp

女性の憧れ時計ブランドカルティエは、長い年月を経ても今なお色褪せない唯一無二の存在。カルティエといえばタンクですが、さらにラグジュアリー感を高めるならベニュワールも素敵です。

緩やかな曲線が美しく腕にそうフォルムですから、ジュエリーのように使えます。幅広い年齢層に愛されているモデルですから、間違いなく一生モノ。高級時計ですが嫌味がなく、センスが良いと思われる時計です。

価格:90万円〜

カルティエはこちらから

オメガコンステレーション

オメガコンステレーション

出典:https://www.amazon.co.jp

シーマスターやスピードマスターなどメンズイメージが強いオメガですが、女性にも人気です。中でもコンステレーションは、オメガのシンボルと呼ばれるモデル。

コンステレーション=星座という名前にちなんで星をモチーフにしたディテールが特徴です。エレガントなのに50m防水という実用性も兼ね揃えた時計。高い技術力と知名度を誇る時計メーカーですから、信頼性は抜群。

ただ、グレーマーケットに流れることもありますので、値崩れが心配な方は新品より中古を狙ったほうが良いでしょう。

価格:約27万円〜

オメガコンステレーションはこちら

値崩れしない!高級時計レディースおすすめ

高級時計を購入するも、「いざという時は売ればいい」と考える方は、市場価値が崩れないブランドを選ぶことが鉄則です。値崩れしにくい時計を紹介します。

ロレックスデイトジャスト

ロレックスデイトジャスト

出典:https://www.amazon.co.jp

ロレックスといえばデイトジャスト。デイトジャストの正式名称は「オイスター・パーペチュアル・デイトジャスト」。

ロレックスの3大発明と言われる「オイスター」「パーペチュアル」「デイトジャスト」の3つが含まれているデイトジャストは、ド定番ですが安定した人気を誇ります。ロレックスの数々のモデルの中で、もっともロレックスらしい時計です。

防水性に優れ雨や汗も気にならない。自動巻きですからゼンマイ巻きに疲弊することもありません。日付表示機能搭載も便利。1945年登場以降、マイナーチェンジを繰り返しながら時代とともに進化してきたデイトジャスト。

エレガントさを追求したデザインなので高級感があり女性にぴったりなモデルです。

価格:約90万円〜

ロレックスデイトジャストはこちらから

シャネルJ12

シャネルJ12

出典:https://www.amazon.co.j

シャネルの時計の中でも2000年に登場以来多くの芸能人やインスタグラマーが愛用している「J12」は、ケースとブレスレットにセラミックを用いた斬新なデザイン。搭載されているムーブメントは、ケニッシ製ムーブメントで時計マニアや専門家からの評価が高い逸品です。

ステンレス鋼より加工が難しいセラミックを採用。加工途中で割れたり破損しやすいセラミックは高い技術力があってこそ美くしく仕上がるもの。

一目でシャネルとわかるフェイスやラグジュアリー感あるデザインはメンズにも人気があります。

価格:約40万円〜

シャネルJ12はこちらから

一生もの!女性が憧れる高級時計ブランド

これが一生モノ!と思える憧れの高級時計ブランドを紹介します。

カルティエ

カルティエ

出典:カルティエ公式サイト

女性の憧れジュエリーブランドカルティエ。カルティエが時計も優秀で、ロレックスと人気を二分する存在です。世界的な宝飾メゾンらしく、質の良いダイヤが文字盤で輝くジュエリーウォッチ。いくつになっても女性の憧れブランドです。

時計業界で歴史を刻んだ「タンク」はカルティエの普遍的モデル。独特なデザインは一目で「カルティエ?」とわかるほど、知名度の高い時計です。

エレガントさと機能性を併せ持つ芸術的価値の高いブランド。安売りせず、グレーマーケーットに流れないためブランド価値が下がる心配がありません。

カルティエの時計一覧

シャネル

シャネル

出典:シャネル公式サイト

1987年に時計業界へ参入したシャネルは自動巻ムーブメントの製造会社ケニッシに資本参加し、積極的に自社ムーブメントを追い求めた結果、技術力が向上しました。ムーブメントから自社一環製造するマニュファクチュールを実現し、世界中の富裕層に愛される時計ブランドです。

他のファッションブランドと比べて時計の技術力は最高クラス。そもそもシャネルは値崩れしにくいブランドですが、時計は特に人気のため中古市場でも需要が高く新品で購入しても損をしにくい数少ないブランドの1つです。

シャネルの時計一覧

ロレックス

ロレックス

出典:ロレックス公式サイト

男性からダントツの人気を誇る高級時計ブランドロレックスは、レディス専用モデルは特にないにもかかわらず、女性からの人気も高いブランド。

グレーマーケットに流さないのでブランド価値が下がることはありません。それどころか、入手困難が続き、需要が高まる一方。定価以上の価格で取引されるなど、資産としても価値の高い時計です。

誰もが知る高級時計ですから、ステータス性があり手に入れる満足度が高いブランド。現行品でも十分レディースに最適なモデルはありますが、旧型番には小さめフェイスが多いためあえて中古や旧型番にこだわるのもおすすめです。

ロレックス時計一覧

買ってはいけない高級時計の特徴

最後に、買ってはいけない高級時計の特徴を解説します。

市場価値が下がりやすい

もし高級時計を購入する際、「何かあったら売ればいいかな?」と売却を視野に入れている場合は、市場価値が下がりやすいブランドは避けましょう。

例えば、オメガやブルガリなどは時計業界で売れ残った在庫品を格安で流すグレーマーケットに出回りやすいブランドです。新品の並行輸入品として安く販売されることになれば、中古品はさらにやすい価格じゃないと売れなくなります。

そうなれば買い取り価格の相場も低くなり、手元にはわずかなお金しか残りません。売る可能性が少しでもあるなら「ロレックス」や「カルティア」など値崩れしにくいブランドを選ぶといいでしょう。

個性や流行色が強いもの

デザインやカラーリングが個性的なモデルやその年の流行だとすぐわかるようなデザインは、飽きてしまいがち。派手なものや個性を強調するデザインは、使う場所も限られますし普段使いするにも難しいですよね。

せっかく数十万円投資したにもかかわらず、飽きてしまえば手放すか使わずしまっておくかのどちらかになります。これでは非常にもったいないですよね。

しかも、その年の流行色が強すぎると、ブームが去った後に使いづらいこともあるでしょう。高級時計ビギナーの方は、最初はベーシックな定番モデルを選ぶべきです。

場所やシーンに合わないもの

ビジネスシーンで身につける時計は、主張が強すぎる個性的なデザインは避けたいもの。初対面では身につけているものからどのような人かをイメージします。奇抜なデザインは多くの場合あまり良い印象をもたれませんので、避けたほうが無難です。

購入する際はその時計をいつどこで使うか?も考えて選びましょう。

まとめ

この記事では女性におすすめしたい高級時計を紹介しました。クセのない上品なデザインを選ぶと、どんなシーンでも活躍します。一生ものと言われる超高級時計は、値崩れしないロレックスやカルティエがおすすめ。

売却する可能性がある方は、できるだけ市場価値の下がらないブランドを選ぶと後悔がないでしょう。値崩れしやすいオメガは新品で購入するより中古が最強。「欲しいけど予算が…」という方は、中古も視野に選んでみてください。

ファッションカテゴリの最新記事