【2021版】おすすめ記事作成代行即戦力3社!費用×選び方まとめ

【2021版】おすすめ記事作成代行即戦力3社!費用×選び方まとめ

自社HPやメディア運営している方にとってSEOに強い記事の執筆や大量の記事作成を依頼できる記事作成代会社はとても便利な存在です。

しかしここ最近では、記事作成代行会社が急増し、安価で質の低い記事を納品する会社も少なくないのが現状です。


筆者も記事作成代行を利用する一人ですが、過去には

  • イメージと違う記事が納品され修正に応じてもらえない
  • クオリティの低い記事が大量納品された
  • 納品期限が守られない

などのトラブルが生じ、「こんなことなら自分で書いたほうがマシだ」と大きなストレスを抱えた経験があります。

せっかく記事を外注しても、効果の薄い記事ばかり生産されては費用対効果が見込めません。記事作成は、実績と信頼おける記事作成代行に依頼しなければトラブルを招いてしまいます。

そこでこの記事では2021年おすすめの記事作成代行会社で即戦力になる3社を紹介します。

記事作成代行サービスの費用相場や選び方も解説していますので、参考にしてみてください。

おすすめの記事作成代行

記事作成代行会社を3社

即戦力となる記事作成代行会社を3社ご紹介します。

SEOに強い記事ならハピスキ

ハピスキ

合同会社ハピスキは、SEOに強い記事制作が得意な記事作成代行会社です。

SEOに強い記事の執筆だけではなくサイト設計やキーワードのリサーチ、記事構成などトータルでサポートしてもらえますので、自社のコンテンツマーケティングで限界を感じている方におすすめです。

ハピスキには、個人で立ち上げたメディア5ヶ月で37万PV、80000PVのオウンドメディア5ヶ月で20万PVまで伸ばした実績のあるトップコンサルタントが在籍しています。

在籍ライターには、SEOを意識した記事を書く指導が徹底しており、納品前に編集者が記事をチェックすることで、高い品質を保っています。

多くの記事作成代行会社では、ヒアリングは簡単なものでこちらが指定したキーワードで記事を執筆してもらう形が一般的です。

しかし、ハピスキでは丁寧なヒアリングを通して、記事作成だけではなく企業にあったマーケティング戦略、キーワード選定や構成などトータルでサポートしてくれます。

やみくもに記事を作成するのではなく、どうしたら効率的に売上アップにつながるかを重視。アナリティクスやサーチコンソールを使った数字分析も優れており、現状何が足りていないかを精査したうえで改善案を提示してもらえます。

【ハピスキの特徴】

  • 月間300万PVオウンドメディアの編集長が在籍
  • コンテンツSEOに強い
  • 丁寧なヒアリング
  • 数字に基づいた解析と改善提案
  • 戦略、記事の構成、キーワード選定まで任せられる
  • LP制作やマーケティング、デザイン制作全般も依頼可能
  • 効果が出る被リンク対策も得意
  • 編集者が記事をチェックし品質を保つ
  • 予算のない企業も導入できる料金設定

特定のキーワードで上位表示するのは通常3ヶ月ほどかかりますが、ハピスキでは数日で順位をあげた実績があり、高いSEOスキルを持っています。

ハピスキの詳細はこちら

大量に記事が欲しい人はZETTON

ZETTON

ZETTONは、1文字0.7円〜とリーズナブルな費用で大量発注が可能な記事代行会社です。

「予算がないけど大量に記事を発注したい」「急いで記事が欲しい」という企業に向いています。

ライターの管理、コピペチェック、構成など一貫して依頼可能。専任のディレクターが納期管理しますので依頼側の手間が一切かかりません。

依頼できる記事は、コラムやブログ、口コミ体験談など幅広く、1記事からの発注もオッケーです。

【ZETTONの特徴】

  • 1文字0.7円〜リーズナブル
  • 1記事発注オッケー
  • 大量発注(1000記事以上)にも対応
  • 翌日納期可能
  • 納品前にシステム&目視チェックあり
  • 発注や管理業務も丸ごとお任せ
  • 納品はWEBサイト直打ちも可能

ZETTONは対応ジャンルが幅広く、特殊なテーマでの執筆も依頼できます。

見積もりは無料、サンプル記事1本無料でもらえるため、依頼前に品質をチェックできて便利です。

ZETTONの詳細はこちら

費用を安く抑えるならクラウドワークス

クラウドワークスは、会員数71万人の国内最大級クラウドソーシングサービスです。多くのライターが在籍していますので、短期間で大量の記事を発注できます。

クラウドソーシングは、WEBサイト上で募集をかけてフリーラーターに記事を執筆してもらいます。費用が安く納期も早いのですが、ライターの質がバラバラなのでリライトできるスキルがある方、クオリティそこそこで安価な記事が欲しい方に向いてます

記事のテーマや文字数、報酬を設定し仕事を募集するタスク形式では、1記事あたり数十円〜と安い価格で発注可能です。

医療や法律など専門知識を必要とするジャンルでも、国家資格を持ったライターが在籍していますので安心して依頼できます。

ただし、ライターのレベルがバラバラのため品質にもばらつきが目立ちます。

リライトや構成・企画などの体制がある程度整っている方、品質より安くて早い記事を大量に発注したい方はおすすめです。

【クラウドワークスの特徴】

  • 会員数71万人多くのライターが在籍
  • 1文字0.2円〜とかなりリーズナブル
  • 医療、金融、法律など専門ジャンルをかけるライター在籍
  • 幅広いテーマに対応
  • タスク形式で安く大量発注
  • 納期が早い
  • 予算に合わせた発注が可能で発注手数料無料

どんなライターと出会えるか、発注してみないとわかりませんが安く優秀なライターと契約できる可能性は大いにあります。

ライター数が多いので、他のクライドソーシングサービスより応募率が高いのも魅力です。

クラウドワークスの詳細はこちら

記事作成代行の費用相場

記事作成代行の費用相場

記事作成代行サービスを利用するうえで気になるのが費用面ではないでしょうか?

記事執筆費用は、ライターの質や記事のクオリティ、依頼する会社によって様々です。

クラウドソーシングの場合、口コミ体験談のタスク案件のケースでは1記事10円〜とかなり低価格で記事を集められます。

また、初心者ライターでは1文字0.5円〜の依頼も少なくありません。

その代わり、SEOの知識やライティングのスキルは期待できないでしょう。

コンテンツマーケティングで利益を出すには、SEOに強く質のいい記事を執筆できるライターを抱える記事代行会社に依頼することをおすすめします。

SEOに強い記事代行会社の料金相場は、1文字2円〜10円以上と会社によって異なります。

希望文字数、テーマによっても変わってきますので、複数の記事代行会社から見積もりを取り比較してみましょう。

記事制作代行と内製化の比較表

記事作成代行

記事作成代行サービスを依頼するか、内製(自社で記事を書くか)するか迷う方も多いのではないでしょうか。

内製した方が安く収まるのではないかと考える方も多いのですが、以下の表をご覧ください。


メリットデメリット
記事作成代行・ライター業にかける時間を他の業務に回せる
・SEOに強い記事を増やせる
・コストを抑えて安定したペースで投稿できる
・まとまった記事を作成できる
・ライターの発注、管理が必要ない
・費用がかかる
・依頼する会社によって記事の質が異なる
・クラウドソーシングではライターの質がバラバラ
内製・外注費がかからない
・契約の手間を減らせる
・ライティングスキルのある社員が育てば記事のクオリティが安定する
・ライティングスキルのない社員が担当し効果が薄い
・執筆に時間が掛かる
・ライターを雇うコストがかかる
・SEOに強い記事の書き方がわからない
・他の業務に支障をきたす

前述したとおり、コンテンツマーケティングの効果を最大限に出すには、SEOに強い記事作成が不可欠です。そのためには、優秀なライターとトップクラスの編集者が必要になります。

自社でこの体制を整えるには、費用と時間がかかりますから餅は餅屋ということでプロに任せた方が費用対効果も高まるでしょう。

記事作成を外注することは、広告を出すのと同じ感覚です。広告と違うのは、コンテンツはずっと生き続けるということ。

サイトに載せたコンテンツは、時間をかけてじわじわと効果を発揮します。短期間でバズって(話題になる)大きな利益をもたらすことも珍しくありません。

短期間でバズって(話題になる)大きな利益をもたらすことも珍しくありません。

単発で終わる広告よりも、長い期間効果を期待できます。

自社に合ったSEOに強い記事を記事作成代行サービスの活用は、WEB戦略においてはこれからの時代に欠かせません。

記事作成代行の選び方

記事作成代行の選びかた

良質な記事を提供する記事作成代行を選ぶには、下記4つの項目をチェックすることが大切です。

  • 記事の質と費用バランス
  • SEOに強い
  • 実績がある
  • 丁寧なヒアリングがあるか

それぞれ詳しく解説していきます。

品質と費用のバランス

品質と料金のバランスが取れているかどうかは最も大切です。

ライターの質は、そのまま料金に直結しますから、安価な記事はそれなりのクオリティと考えておいたほうが良いでしょう。

費用を抑えて安い記事を量産しても効果がなければ、外注する意味がありません

逆に、高い費用を払ってやみくもに記事を増やしても効果があるとも限らないでしょう。

コンテンツマーケティングで利益を出すためには、費用に見合った価値のある情報やコンテンツを提供する会社に予算を投入すべきです。

「費用に見合った価値のあるコンテンツを提供する会社ってどういうもの?」と疑問に思い方もいらっしゃるでしょう。それが次に紹介するSEOに強い記事を制作できる会社です。

SEOに強い

記事作成代行サービスは、SEOに特化した記事を制作できる会社を選ぶことが大切です。

SEOとは検索エンジン最適化のことで、GoogleやYahoo!の検索結果の特定のWEBサイトが上位に露出するようにコンテンツを調整する手法です。

狙っているキーワードでWEBサイトが検索結果の上位に表示されれば、集客や売上が上がります。

SEOはコンテンツマーケティングに欠かせない重要なポイントですから、記事作成代行に依頼する場合はSEOに強く実績のある記事作成ができる会社を選択しましょう。

内部ライターがいる

記事作成代行会社のライターは、外部ライターか内部ライターかで記事の質が変わってきます。クラウドソーシングなどは、外部ライターです。

内部ライターは、記事作成代行会社の指導が行き届き、フィードバックなどで品質を保っています。ですから、選ぶなら内部ライターを抱えている会社です。

外部ライターの場合は、ライターに丸投げするケースもあり低品質な記事が上がってくることも少なくないでしょう。

外部ライターの多いクラウドソーシングに依頼するときは、経験値の高いライターを選ぶか校正・フィードバックまで行う会社を選ぶと安心です。

丁寧なヒアリングがあるか

記事作成代行サービスを利用する際には、ヒアリングのある会社とない会社があります。

選ぶなら断然、ヒアリングが丁寧な会社です。ヒアリングが丁寧な会社は、ただ記事を依頼するだけでは見えない課題に気づき、SEOに強いプロの観点から改善点を提案してもらえるでしょう。

記事作成を依頼する目的や、メディアの特性、何を期待するかを共有することで現状の問題点や足りない部分を明確にできます。

メディアのコンセプトや色を変えずに良質なコンテンツを作成するには、記事校正やレギュレーションなどもしっかりすり合わせることが大切です。

まとめ

この記事では、記事作成代行のおすすめ3社と費用相場、選び方について解説しました。記事作成代行は、良質な記事を作成する時間がない企業にとって便利なサービスです。

SEOに特化した記事作成が得意な代行サービスを選べば、良質なコンテンツを大量に追加できコンテンツマーケティングの効果も十分に期待できるでしょう。自社でライターを抱えるよりコストを抑え、安定したペースで記事を投稿できるのも魅力です。

最近は、記事作成代行サービスの会社が増え、低品質な記事を制作する業者も少なからずいます。記事の外注を検討中の方は、この記事で解説した「記事作成代行の選び方」を参考にSEOに強く実績のある会社を選ぶようにしましょう。

webライターカテゴリの最新記事