買ってはいけないテレビメーカー3選とは?その特徴とおすすめテレビも紹介

買ってはいけないテレビメーカー3選とは?その特徴とおすすめテレビも紹介

人気のテレビメーカーといえばソニーや東芝などが思い浮かびますよね。では、反対に買ってはいけないテレビメーカーといえば、どこが思い浮かびますか?

人気なメーカーや有名どころは簡単に名前が挙がっても、買ってはいけないテレビメーカーと聞かれると、なかなか想像できないという方が多いでしょう。

しかし、数あるメーカーの中には買ってはいけないテレビメーカーが存在します。

そんな買ってはいけないテレビメーカーを万が一買ってしまうと、「すぐ壊れた……」「映像が綺麗じゃない……」となり、お金を無駄にすることとなります。

そこで今回は、買ってはいけないテレビメーカーについて解説します。

本記事を読み終えた頃には、あなたは買ってはいけないテレビメーカーを避けられるようになっているでしょう!

買ってはいけないテレビメーカー

まずは、買ってはいけないテレビメーカーをご紹介します。

SHARP(シャープ)

1つ目の買ってはいけないテレビメーカーは「SHARP(シャープ)」です。

シャープと言えば、日本を代表する家電メーカー。冷蔵庫やエアコンなど、様々家電を製造・販売しています。

テレビなら「AQUOS(アクオス)」シリーズが有名ですよね。

しかし、テレビに関してシャープはあまりよい評判がありません。評判を調べてみても、「画質が汚い」「トラブルが多い」など、とにかく悪い口コミを数多く目にします。

シャープは、一見するとソニーや東芝などと並んでいるように感じますが、実際はこれらのメーカーから後れを取っているのが事実です。

有名どころのテレビメーカーから選ぶなら、シャープは避けた方がよいでしょう。

アイリスオーヤマ

2つ目の買ってはいけないテレビメーカーは「アイリスオーヤマ」です。

アイリスオーヤマといえばペット用品の販売で有名でした。

ところが、近年は家電業界にも参入していて、質のよい家電を低価格で販売。もちろん、テレビも取り扱っています。

しかしアイリスオーヤマのテレビの評判は、「画質が悪い……」「映像が映るまでに時間がかかる……」と、あまりよいものではありません。

また、価格は安いとは言っても中国製よりは高額です。

例えば、43インチのテレビを中国メーカーの「ハイセンス」で探すと4万円以下で見つかります。それに対して、アイリスオーヤマの「LUCA」は7万円以上するのです。

このように、画質が悪いのに価格は中国メーカーに負けているとなると、「あまり買う理由がない」と言わざるを得ません。

【アイリスオーヤマのテレビの評判に関連する記事】
アイリスオーヤマはテレビ映りが悪い?購入を迷っている人へ徹底解説!

TCL

3つ目の買ってはいけないテレビメーカーは「TCL」です。

TCLは1981年創業の中国メーカーで、日本では安価なテレビとして比較的人気があります。

しかし、ローコストで生産されているだけあって、やや故障が多いのが難点。「購入してすぐに壊れた……」という口コミを多く目にします。

他にも、「HDMIが使えない」といったネガティブな評判も目にするため、わざわざTCLのテレビを選ぶ理由はないというのが実情です。

買ってはいけないテレビの特徴

続いては、買ってはいけないテレビの特徴について解説します。

画質が粗い

1つ目の買ってはいけないテレビの特徴は「画質が粗い」というものです。

テレビは、映像を楽しむのが最大の目的。そのため、画質が粗いテレビは買わない方がよいでしょう。

もちろん、価格によって画質は変わるもの。なので、購入する際は予算を決めて、その中で最も画質が綺麗なテレビを選んでください。

画素数を見るとテレビの画質のよさが分かります!

また、正面から見たら綺麗な映像でも、角度が変わると色褪せるテレビがあります。

実際に家庭で視聴する場合、正面から見るとは限らないため、角度が変わると画質が落ちるものも避けることをおすすめします。

故障が多い

2つ目の買ってはいけないテレビの特徴は「故障が多い」というものです。

テレビの寿命は長くて20年。平均的には7~10年程度とされています。

テレビを購入する際は、この平均寿命を頭に入れたうえで口コミを調べてみてください。

もし、口コミに平均寿命より短い期間で「壊れた」という投稿がある場合は、そのテレビを避けた方がよいでしょう。

【壊れやすいテレビの関連記事】
【2021年最新】テレビ壊れやすい&壊れにくいメーカーとは?長持ちテレビおすすめ3選!

海外製

3つ目の買ってはいけないテレビの特徴は「海外製」というものです。

近年、海外製のテレビメーカーの人気が高まりつつあります。高画質なテレビを安価で購入できるとあって検討している方も多いでしょう。

しかし、海外製はコストダウンのために機能性や耐久性を犠牲にしています。つまり、国内メーカーよりも壊れやすいという欠点があるのです。

また、壊れた場合でも保証などが整っていないケースが多いため、よほどの理由がない限りは買わない方がよいでしょう。

日本には優れた国内メーカーが数多くあるため、やはりテレビは国産を選んだ方が安心感はありますよ!

おすすめのテレビ

最後は、おすすめのテレビをご紹介します。

SONY(ソニー)BRAVIA(ブラビア)KJ-55X8000H

画像:Amazon

1つ目のおすすめテレビは「SONY(ソニー)BRAVIA(ブラビア)KJ-55X8000H」です。

抜群の高画質と高音質を堪能できる55型の液晶テレビ。4Kの美しさを最大限に高められる「HDR X1」を搭載しているため、細かい映像もリアルに再現します。

まるで、肉眼で見ているかのような奥行きや立体感を楽しめます。

映画はもちろん、スポーツを楽しみたいという方におすすめです。

メーカーSONY(ソニー)
画面サイズ55インチ
チューナー数2
商品販売価格116,558円

*商品販売価格はAmazon掲載のもの

>>SONY(ソニー)BRAVIA(ブラビア)KJ-55X8000Hの詳細はこちら

東芝 REGZA(レグザ)43M540X

画像:Amazon

2つ目のおすすめテレビは「東芝 REGZA(レグザ)43M540X」です。

テレビでは、まだまだ少ないAI機能を搭載した43型の液晶テレビ。AIが部屋の明るさなどに合わせて最適な画質に自動調整してくれます。

また、映像は「地デジビューティーX」によってノイズを抑えて高精度に!
細かい絵柄であっても、非常にくっきりした画質を再現してくれます。

メーカー東芝
画面サイズ43インチ
チューナー数新4K衛星放送:2/地上デジタル:3/BS・110度CSデジタル3
商品販売価格62,143円

*商品販売価格はAmazon掲載のもの

>>東芝 REGZA(レグザ)43M540Xの詳細はこちら

Panasonic(パナソニック)VIERA(ビエラ)TH-55HZ1800

画像:Amazon

3つ目のおすすめテレビは、「Panasonic(パナソニック)VIERA(ビエラ)TH-55HZ1800」です。

テレビの縁がほとんどない55型の4K液晶テレビ。縁がない分、同じ55型と比べると非常にコンパクトな印象となっています。

もちろん、画質も抜群に優れていますよ!

ビエラ最高峰の高コントラスト映像が楽しめる「プレミアム液晶ディスプレイ」を搭載。スポーツなど動きが激しい映像でも、クリアに映し出してくれます。

2021年は東京オリンピックが開催される年なので、オリンピックを自宅で楽しみたい方にはおすすめのテレビです。

メーカーPanasonic(パナソニック)
画面サイズ55インチ
チューナー数3(4K放送は2)
商品販売価格191,918円

*商品販売価格はAmazon掲載のもの

>>Panasonic(パナソニック)VIERA(ビエラ)TH-55HZ1800の詳細はこちら

まとめ

今回は、買ってはいけないテレビメーカーについて解説しました。

一見すると価格が安くてよさそうに見えても、実際は「画質が悪い……」「すぐ壊れる……」「保証が整っていない……」などの欠点があるメーカーが存在します。

もちろん、どのメーカーであっても絶対に買ってはいけないわけではありません。

しかし、メーカーによって特徴などが異なるため、購入する際はその点をしっかり理解しておいた方がよいでしょう。

2021年は東京オリンピックが開催される年です。オリンピックを最大限に楽しむためにも、ぜひ自分に合う良質なテレビを探してみてください!

【おすすめテレビの関連記事】
【2021最新】テレビおすすめメーカーと機種12選!安い!液晶・壁掛け・大型など売れ筋紹介!

今買うべき4kテレビおすすめメーカーと機種10選【2021最新】安い・人気・大型から厳選して紹介!

家電カテゴリの最新記事