Jobspring(ジョブスプリング)の口コミ・評判【徹底解析】

Jobspring(ジョブスプリング)の口コミ・評判【徹底解析】

内定率91.7%、3年以内の早期離職率0.1%を誇るJobspring(ジョブスプリング)。

Jobspring(ジョブスプリング)の魅力はとてもあるけど、

「内定獲得までサポートしてもらえるか心配」
「Jobspring(ジョブスプリング)はどんな人に向いている?」
「調べても情報があまり載っていないから怖い」

本当に就活生にとって良い新卒エージェントなのか不安になっていませんか??

Jobspring(ジョブスプリング)は面談が最低3回以上と丁寧ですが、紹介企業のほとんどが首都圏に集中しています。
しかし、ただの企業紹介だけではないので、面接対策や就活の相談だけでも非常に役に立つサービスになります。

本記事では、Jobspring(ジョブスプリング)の良い評判と悪い評判を口コミからまとめましたのでご紹介します。

JobSpring(ジョブスプリング )はこちら

Jobspring(ジョブスプリング)新卒エージェントとは

Jobspring(ジョブスプリング)とは就職活動中の学生のみに企業を紹介する人材紹介サービスです。

ただ、企業を紹介するだけではなく、面接対策や就活のアドバイスなどを就活生目線で行ってくれるので、人材紹介サービスの中でも人気があります。

数字による実績
・契約企業数 1,000社以上
・内定率91.7%、3年以内の早期離職率0.1%
・利用満足度95%

Jobspring(ジョブスプリング)では「新卒エージェントとの面談」+「適性検査Cubic」AIマッチングの結果を用いて、就活生の適性を診断し最適な企業を紹介してくれます。

通常大手人材紹介サービスですと、面談後に大量にメールが来て「しつこい」と感じる就活生は多いと思いますが、Jobspring(ジョブスプリング)では本当に就活生に合う企業のみ紹介するので、平均3~5社に絞って紹介してくれます。

早期離職率0.1%をキープできている理由は、他社では真似できない新卒エージェントとの濃密な面談と高度な技術で作られたAIマッチングが明確に自己分析をしてくれるからなんですね。

  • 会社名 株式会社Roots
  • 所在地 東京都千代田区神田神保町2-15 第一富士ビル7階
  • 設立年 2014年4月
  • 代表者 中島 悠揮
  • 資本金 1,000万円

中島 悠揮さん(代表)は、元々楽天株式会社で「みんなの就職活動日記」に携わっていた経験から株式会社Rootsを設立しています。
そのため、Jobspring(ジョブスプリング)は、目先の内定だけではなく、入社してからのキャリアまでも考えて企業選択をサポートしてくれます。

【良い評判】Jobspring(ジョブスプリング)口コミ

それではまず、Jobspring(ジョブスプリング)口コミから見ていきましょう。

面接対策が丁寧

自分に合った企業の紹介や企業と自分の特徴に合わせた面接対策を行ってくださいました。
また本番直前には面接の際の心構えやアドバイスまで抜かりなく連絡してくださいました。

東京農工大学 S.K.さん

最低でも3回の新卒エージェントとの面談が実現できるからこそ、就活生に合った企業が紹介できるんですね。
機械的ではなく人間味あふれたエージェントが対応してくれるのはJobspring(ジョブスプリング)の強みです。

Jobspring(ジョブスプリング)では、具体的に次のエージェントサービスが受けられます。

  • 自己分析/カウンセリング(エージェントの面談)
  • 面談の内容とAIによるマッチングによる求人紹介
  • 自己PR/志望動機 作成
  • 応募書類 添削(エントリーシート、履歴書など)
  • 面接練習  etc…

内定者へのコミットが強い

一人一人の内定へのコミットに力を注いでくれると評価をする利用者の声が多いです。

Jobspring(ジョブスプリング)がベンチャー企業だからこそ、企業自体の成功に向けて就活生一人一人の結果にコミットしている傾向が見受けられます。

Jobspring(ジョブスプリング)では、大手エージェントになってしまうとできない細かなサポートが行き届くことで、より就活生の立場と一緒になって、内定までの道のりを伴走してくれるでしょう。

紹介企業とのミスマッチが起きづらい

「ジョブスプリング経由で紹介してもらった企業からの内定を獲得しました。

私は職種も特に決めていなく幅広く見ていたからこそ、結局どこが自分に合うのか分からなくなっていました。

そんな中で、ジョブスプリングの担当者さんと一緒に自己分析を進め、ゆっくり関係性を深めていくタイプの営業である「ルート営業職」という職種の決定をすることができました。

受けた面談は合計で4回だったのですが、1回1回の面談が濃密で、相談する相手が少なかった自分にとって非常に助かりました。

「なぜルート営業が自分に合っているのか?」という理由を明確化できたからこそ、それを紹介してもらった企業に伝えることができ、内定の獲得に至ったのだと思います。」

【19卒・東京理科大学・男性からの口コミ】

特に、Jobspring(ジョブスプリング)利用に向いている人の特徴はこちらです。

  • 新卒の就活生
  • 短期間で転職したくない
  • 首都圏で就職を考えている
  • 地方在住ではない

新卒エージェントと自己分析を徹底的に分析することができるため、東京で働きたいと少しでも考えている就活生には、まずJobspring(ジョブスプリング)を利用することをオススメします。

JobSpring(ジョブスプリング )はこちら

【悪い評判】Jobspring(ジョブスプリング)口コミ

続いては、Jobspring(ジョブスプリング)の口コミから見えてくる悪い評判も見ていきましょう。

東京以外で就職したい学生には使えない

新卒エージェントと面談ができる場所は東京本社の一択となり、かつ紹介してくれる企業も東京を中心とした首都圏内がほとんどです。

そのため、Jobspring(ジョブスプリング)に登録しても、自分が望んでいる企業を紹介してもらうことができないかもしれません。

しかし、企業のマッチング度は高いので、少しでも東京勤務を考えているのであればJobspring(ジョブスプリング)はオススメです。

沢山の企業を紹介してもらえない

ここが、他社の新卒エージェントと違うところです。

紹介してくれる企業は約3~5社になります。
念入りに自己分析や面談を重ねることで、紹介してくれる企業が絞られるためですね。

3年以内の離職率が0.1%や内定率が高い理由はここからきていますが、とりあえず色んな企業を紹介してもらいたいということであれば、他の新卒エージェントも併用すると良いでしょう。

紹介企業に大手が少ない

Jobspring(ジョブスプリング)が紹介してくれる企業は、主に中小企業やベンチャー企業が多いです。
さらに紹介された企業しか選考できないというルールなので、初めから視野が狭くなる可能性があります。
大手企業を見たいということであれば、大手企業に強いDODA新卒エージェントを一緒に使うことで企業の選択肢を増やすことができます。

Jobspring(ジョブスプリング)の利用・面談までの流れ

①登録
②エージェントとの面談
③企業紹介
④内定支援
⑤内定

①登録

登録は3分で完了します。

その後、新卒エージェントから電話の連絡がありますので面談日程の確定をします。

②エージェントとの面談③企業紹介

プロのエージェントとAI機能を利用して、約1000社以上の中から、就活生にマッチした企業をご紹介くれます。

この段階で就活でこだわっていることや望みがあれば事前にエージェントに伝えておきましょう。

④内定支援⑤内定

自己分析・自己PR・志望動機の確認・エントリーシートの書き方・面接練習など、内定へ向けて全面的に支援させていただきます。

Jobspring(ジョブスプリング)のアクセス・場所

Jobspring(ジョブスプリング)から電話がかかってくるのは次の番号です。

  • 電話番号
    • 03-6261-5989

迷惑電話扱いしないように、事前に携帯で連絡先を登録しておきましょう。

東京

東京本社

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-15 第一富士ビル7階

最寄駅:神保町駅A6口から徒歩1分 (東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・三田線)

Mail : info@roots-holdings.com

A6出口を出て右、サンドラッグのビル7Fです。

入り口はサンドラッグの横の花屋を奥に進み、Fingersさんの脇にあるガラス扉から入ることができます。

まとめ

Jobspring(ジョブスプリング)は、就活生本人との企業マッチングをかなりの高い確率で実現している新卒エージェントでしたね。

特に首都圏のベンチャー企業や中小企業に就職したい人に向いていることが分かりました。

ただし、もっとも賢い新卒エージェントの使い方は、一つだけの新卒エージェントに頼るのではなく、目的に合わせて複数の新卒エージェントに頼ることです。

自分と本当に合う企業を見つけて、内定を確実に獲得していきましょう!

JobSpring(ジョブスプリング )はこちら


新卒エージェントカテゴリの最新記事