IT企業とは?意味や仕事内容などを徹底解説

IT企業とは?意味や仕事内容などを徹底解説

未経験の人向けのIT系の求人は多いです。しかし、ITの仕事と言っても様々なので、どんな仕事ができるのかイメージが湧かない人もいるでしょう。

それに、未経験の人は情報系の大学・大学院を卒業している人と比べてできる仕事が限られる部分もあります。そこでここでは未経験の人でも目指せるIT系の仕事や、IT業界に就職する方法を解説します!

IT企業とは?意味について簡単にご紹介

ITの意味は「Internet Technology(情報技術)」でありIT企業とは基本的にコンピューターをはじめとする情報技術を用いて個人・法人のクライアントが抱えている悩みを解決するサービスを提供する企業のことを言います。

ただ、IT企業と言っても種類は様々で、ホームページ制作などを行うWeb制作会社、顧客のニーズに応じて開発を行うソフトウェア・ハードウェア開発会社、クライアントにエンジニアを派遣するSIerなどが挙げられます。

このようにIT企業には種類がたくさんある故に、待遇も企業によって様々です。ただ、学歴よりも実力主義の面が強い業界でもあるので、文系やプログラミング未経験の人でも年収1,000万円越えを狙えます。

IT企業の仕事内容

それでは、IT企業ではどんな仕事をするのでしょうか。IT企業の仕事の中でも代表的な仕事の例を見ていきましょう。

プログラマー

プログラマーの仕事はJavaなどのプログラミング言語を用いてプログラムを組み、スマホアプリやパソコンで使うソフトウェアなどを作る仕事のことを言います。エンジニアと言われるとプログラマーの仕事が真っ先に浮かぶ人も多いでしょう。

プログラミング言語にはホームページなどの見た目を作るフロントエンド言語と、データベース接続などユーザーから見えない部分を作るサーバーサイド言語の2種類があり、どちらを選択するかでキャリアが大きく変わるので注意が必要です。ちなみにフロントエンドだと見た目を作るのでデザインの仕事を担当することもあるのに対して、サーバーサイドだとコードを書く仕事がメインとなります。

またIT業界の仕事だとシステムエンジニア(SE)が有名ですが、SEはプログラマーを管理し、設計などを行うポジションです。そのため、プログラマーとして経験を積んでからキャリアアップするのが一般的なルートとなっています。

プログラマーの年収は働き先によって大きく異なります。1つの会社に所属して様々な取引先の会社にエンジニアとして派遣されるSIerだと大体250万円~400万円程度となっており、この場合はシステムエンジニアにキャリアアップして年収を上げるのが一般的です。

ベンチャー企業や大手企業で仕事をする場合は企業の規模や任されるポジションによって変動しますが、新卒で250万円程度、経験を積んで年収1,000万円を超える人もいます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは会社などでインターネットを使うためにネットワークやサーバーを構築したり監視したりする仕事のことを言います。私たちの生活において、インターネットは今や欠かせないものとなりましたが、毎日途切れることなくインターネットが使えているのはインフラエンジニアのお陰です。

プログラマーと比べると知名度は劣りますが、インフラ業界も急速に発展している故に人員が必要な業界であることから、未経験者を積極的に募集しています。

基本的にはネットワーク・サーバー監視・運用にてネットワークが正常に動いているか、バグが発生していないかなどを見る仕事からスタートし、キャリアを積んで設計・構築などの上流工程を任されるようになります。

インフラエンジニアの年収は一般的にはプログラマーと変わりません。新卒で250万円程度と思っておくと良いでしょう。

ただし、インフラエンジニアは運用・監視などの下流工程と設計などの上流工程との難易度の差がプログラマーよりも遥かに大きいです。そのため、上流工程ができるようになると年収も一気に上がり、年収1,000万円を超えるケースも多々あります。

特に上流工程ができるインフラエンジニアの数は限られており、需要が高いのでエンジニアで稼ぎたいならインフラエンジニアを目指すという選択肢もありです。

Webデザイナー

Webデザイナーの仕事はその名の通りWebサイトなどの見た目を作ります。基本的にはイラスト描画ソフトや画像編集ソフトを使って行うのでプログラミングスキルは無くても目指すことが可能ですが、キャリアアップを目指したいならフロントエンド言語を学んでプログラミングができるようになる必要があります。

Webデザイナーの年収は200万円~1,000万円以上とかなり差が大きいです。Webデザイナーの仕事はプログラマーなどと違って、いかに人から愛されるかつ使いやすいデザインを作れるかが重要となります。そのため、実力主義の面が強く、年収も成果に応じたものとなることが多いです。

また、Webデザイナーはフリーランスで活躍している人も多く、複数の案件を掛け持ちすることで稼いでいる人もいます。

主なIT企業の例

それでは有名なIT企業だとどんな会社が挙げられるのでしょうか。大手・ベンチャーで有名なIT企業を見ていきましょう。

大手

・Microsoft

OS「Windows」でお馴染みの企業です。日本支社として「日本マイクロソフト」があり、海外勤務も狙えます。

・Oracle

データベースで有名な企業であり、Javaの開発元の企業であるサン・マイクロシステムズも買収したことからJavaもOracleのものとなりました。IT業界と関わりの無い人だとあまり知られていないかもしれませんが、IT業界で働く人なら誰もが知っている会社です。

・NTTデータ

NTTと言えば電話回線などでお馴染みであり、日本に住んでいるとNTTのサービスを利用することも多いでしょう。NTTではSIerなど様々なIT系の子会社を運営しており、日系のIT企業のトップと言われています。

ベンチャー

・サイバーエージェント

ベンチャー企業の中でも日本とプクラスの規模を誇る企業です。AbemaTVの運営やスマートフォン向けアプリの開発など様々なIT系の業務を行っており、さらに発展が期待される企業と言えるでしょう。

・レバレジーズ

IT系などスペシャリストに特化した人材派遣系のベンチャー企業です。渋谷ヒカリエにオフィスを構えており、オシャレな環境で働きたい人から人気を集めています。

IT企業に入りたい!社員として就職する方法

IT企業に入りたいと思っていても、どのようなアクションを起こせば良いかわからないという人も多いです。IT業界は未経験者に対する門戸が比較的広い業界であり、未経験でも努力次第で目指せます。それではIT業界に就職する方法を見ていきましょう。

独学でプログラミングを学ぶ

最も手軽に取り組める方法は独学でプログラミングを学んで制作物(ポートフォリオ)を作り、転職するという方法です。今はプログラミング学習サービスなども多く登場しており、

パソコンさえあれば手軽にプログラミングが学べる時代になりました。

また、先ほど解説したようにIT業界は実力主義の面が強く、IT業界で働いた経験が無かったとしてもスキルさえあれば雇いたいという企業も多いです。そのため、費用をかけずにエンジニアを目指したいなら独学で学ぶのが良いでしょう。

情報系の大学院へ進学する

IT業界は未経験者を積極的に採用していると解説しましたが、データベースエンジニアやAIエンジニアなど高度な知識が求められる仕事は学歴も求められます。そのため、大学院でプログラミングを深く学んでエンジニアへの転職を目指すというのも一つの手段です。

大学院を卒業するには最低2年は必要ですし、通学費用も必要となりますが、高度なスキルが求められる仕事はその分年収も高く、よりエンジニアとして稼ぎたいと思っているなら大学院も視野に入れると良いでしょう。

就職支援付きのプログラミングスクールに通う

IT業界を目指しているけれどもスクールはお金がかかってしまいます。そんな時におすすめなのがGEEK JOBです。

GEEK JOBではプログラマー・インフラエンジニアになるためのスキルを無料で身に着けることができます。

就職支援サービスも付いており、プログラミングなどを学んだ後はキャリアに関する相談に乗ってもらったり、就職先を紹介してもらったりできるので、未経験だから転職できるか不安という人も心配ありません。

未経験からエンジニア正社員への転職成功率は97.8%と高い数字を誇っており、IT業界にキャリアチェンジしてみたい、手に職を付けて正社員になりたいと思っている人はまず無料体験から初めてみてはいかがでしょうか?

GEEK JOBはこちらから


未分類カテゴリの最新記事