GEEK JOBの評判!就職先や学習コースなど

GEEK JOBの評判!就職先や学習コースなど

一定の条件をクリアすれば、無料でプログラミングを学び、転職支援までしてもらえるGEEK JOB。

GEEK JOBは無料でプログラミングが学べることから、プログラミング未経験でエンジニアにキャリアチェンジしたいと思っている人におすすめのプログラミングスクールです。

ただし、インターネットを見てみると、無料でしっかりプログラミングを教えてもらえるなどの良い口コミだけでなく、就職先があまり良くないなど悪い口コミも見受けられます。

そこでここでは、GEEK JOBで学べることやメリット・注意点を紹介するので、実際にGEEK JOBに通うか悩んでいる方はスクール選びの参考にしてください。

GEEK JOBはこちらから

GEEK JOBとは

GEEK JOBとは、未経験者を対象としたプログラミングスクールです。転職支援も行っており、未経験でもエンジニアへのキャリアチェンジを目指せます。

GEEK JOBでの学習はWebテキストを用いて自習形式で学習を進め、分からないところが出てきたらキャンプ内にいるメンターに聞くという形式です。受講料金は0円であり、生活への負担0で学習を進められます。

プログラミングスクールは受講するのに10万円以上するところも多いです。しかし若い人だと10万円以上の支出はなかなか辛いですよね。そのため、スクール費用の高さが理由で学ぶことを諦めてしまった人でも通えます。

原則週3日、自分の時間に合わせて東京都内にあるキャンプに通って学習を進めるというスタイルであることから、自宅学習だとサボってしまう人でも安心です。

GEEK JOBは通学形式での受講だけでなくオンライン受講もできます。そのため、仕事と両立しながら通っている人も実際に多く、無職だけでなくエンジニアへのキャリアチェンジをしたい人にもおすすめのサービスと言えます。

GEEK JOBキャンプの学習コース・言語

GEEK JOBには3つのコースが用意されています。それぞれでどんな言語やスキルを身に着けることができるのでしょうか。それではコースのカリキュラムと学べる内容をチェックしてきましょう。

大学生就職コース

大学生就職コースでは、プログラミングを学んでエンジニアとして働きたいと考えている人を対象としており、受講者は主に文系学部の3年生~4年生が中心となっています。

プログラマコースとインフラコースの2種類が用意されていて、自分が希望する進路に合わせてコースを選びましょう。

学習期間は1ヶ月~3ヶ月となっており、個人のペースで学習を進め、課題が一通り終わったら就職支援に入ります。無料で受講することができますが、基本的にはGEEK JOBが紹介する就職先へ就職する必要があります。

プログラマコースでは自力でWebサイトやアプリケーション開発ができるようになるスキルを身に着けることが可能です。それに対してインフラコースに関しては、プログラミングには一切触れず、サーバーやネットワークなどのインフラ周りについて学び、インフラエンジニアとして就職することを目指します。

インフラコースはサーバーやネットワークの監視・運用スキルを身に着けることができますが、プログラマコースでもこの内容に触れるので、インフラコースよりもプログラマコースの方が人気が高いです。

コース名学べる内容
プログラマコースコードを書いて実際にプログラムを動かす学習がメイン。プログラミングだけでなく基本的なインフラ知識も学べる。
インフラコースサーバーなどインターネットを使うために必要な機器について学ぶ。ネットワークについての学習がメインでプログラミングにはあまり触れない。

社会人転職コース

社会人転職コースのカリキュラムは大学生就職コースと同じです。

社会人転職コースでもパソコンを持参して東京都四ツ谷・九段下にあるキャンプに通い、プログラミングを学んで受講期間が終了したら転職支援に入ることとなります。

社会人転職コースの求人は、SIerが7割、自社開発を行っているIT企業が3割と言われています。そのため、GEEK JOBに通っている大半の人はSIerに就職しています。

無料で利用できますが、あくまでエンジニアへの転職をしたい人向けのコースであり、ただプログラミングを学びたいというだけでは利用することができないので注意が必要です。

また、ただし、20代のエンジニア未経験者が対象となっており、30代以上の人は基本的に受講することができません。

社会人転職コースはこちらから

WEBアプリ学習コース

WEBアプリ学習コースはGEEK JOB唯一の有料コースですが、基本的なカリキュラムは大学生就職コース・社会人転職コースと同じです。

JavaとPHPから好きな言語を学び、簡単なアプリケーションを制作します。

こちらのコースは他のコースと違って年齢制限が無く、30代以上の人でも受講可能であることから、利用している人は転職するつもりはないけれどもプログラミングを学びたい、30代以上であるなど無料コースを利用する条件に当てはまらない人が中心となっています。

WEBアプリ学習コースの料金は社会人だと132,000円大学生だと66,000円です。

もちろんこちらのコースも転職支援がセットとなっており、希望する人は転職支援を受けることができます。その際に転職に成功すれば年齢に関係なく、受講費用がキャッシュバックされるので、実質無料で受講できることを考えると、かなりお得なコースです。

ただしこちらのキャッシュバックを受ける際にはGEEK JOBから紹介された転職先に転職することが条件となっているので注意しましょう。 132,000円 132,000円

GEEK JOBキャンプのいい評判・口コミ

GEEK JOBを利用するうえで心配なのが評判ですよね。そこでGEEK JOBを利用した人の中でも特に多かった良い口コミについてまとめました。

仕事をしながら通いやすい

・21時までキャンプが空いていたので、仕事をしながらでも無理なくスキルを身に着けることができた。

・スクーリングのスケジュールが自由だったのが良かった。

GEEK JOBは週3日以上、週30時間以上のスクーリングさえすれば良いので、スケジュールの組み方は自由です。営業時間は午前10時~21時となっており、フリーターの人はもちろん、仕事帰りの人も通いやすいでしょう。

特に仕事をしていると疲れていて勉強をさぼってしまいがちですが、スクーリングをすることでそんな心配も必要なく、しっかり勉強時間を確保できます。

ちなみに社会人の人だと、平日は19時~21時の計10時間、土日は5時間ずつ通っている人が多いようです。

マイペースに学習を進められる

・基本的に独学で学習を進めつつ、分からないところはメンターに聞けるのが良かった。

・初めてのプログラミングだったが、焦らず自分のペースで学習できたのでしっかり知識を定着させることができた。

プログラミングスクールだと周りの生徒に合わせて学習をしなければいけないために、わからないまま次に進んでしまうことも多いです。

それに対してGEEK JOBは原則自習なので自分がしっかり理解できるまで学習をすることができます。そのため、知識を定着させたうえでエンジニアとして就職することが可能です。

GEEK JOBの就職先・就職できないって本当?

GEEK JOBはエンジニアとして就職できるものの、就職先の選択肢が限られています。

先ほどベンチャー企業や大企業、SIerの求人を取り扱っていると紹介しましたが、実際に紹介されるのはSIerばかりとなっている点を理解しておく必要があります。取り扱っている求人の割合はSIerが7割、それ以外の中小企業が3割で、大企業の求人はほとんど取り扱っていません。

ベンチャー企業や大企業は既にスキルが身についている即戦力を採用する余裕があり、わざわざ未経験者を採用する必要がありません。

それに対してSIerはまず数を確保したいという傾向があり、それ故に未経験者でも高確率で転職できます。

そのため、基本的にGEEK JOBを利用してエンジニアへの転職を考えている場合はSESへ転職し、そこからスキルを身に着けてベンチャー企業や大企業へ転職したり、フリーランスとして独立したりするものと思っておいた方が良いでしょう。

GEEK JOBはこちらから

GEEK JOBの注意点

GEEK JOBを利用するにあたってはいくつか注意点があります。注意点を理解していないと転職活動が進まないなどといったリスクが出てきてしまうので、注意点も把握しておきましょう。

いつでもどこでも(オンライン)には条件がある

GEEK JOBの売りは「いつでもどこでもプログラミングが学べる」ですが、原則東京・神奈川・埼玉・千葉など関東近郊に住み、スクーリングをしないと利用することができません。

実践的なコードの書き方はやはりメンターに教えてもらわないと身につきにくいでしょう。そのため、GEEK JOBを利用するにあたっては原則週3回、10時間程度のスクーリングが必須となっています。社会人経験が3年以上ある人だと少し融通してもらえますが、それでも週2回はキャンプに通わなければいけません。

GEEK JOBのキャンプがあるのは東京都四ツ谷・九段下の2箇所。そのため、初回の面談でもキャンプに通える距離に住んでいるかどうか確認されます。

それに、GEEK JOBが紹介できる企業は関東近郊の企業のみです。

先ほど解説したように、GEEK JOBは紹介してもらった企業に就職することが利用条件となっています。そこで地方在住だと関東の企業を紹介してもらっても就職活動が大変であるうえに、就職できる可能性も関東在住の人より低いでしょう。

それ故にGEEK JOBは地方在住の人のオンライン授業に対応していません。

サービスの利用条件にも「東京都内にあるキャンプに通えること」と記載されており、地方在住の人は他のサービスを利用しましょう。

ただし、地方に住んでいて東京に引っ越す予定がある人は利用できるようです。

違約金を取られる可能性

違約金が発生するのは、GEEK JOBを途中で辞めた場合とGEEK JOBを経由しないで転職した場合の2つのケースです。

GEEK JOBに限らず無料で受講できるプログラミングスクールは受講生から受講料を取らない代わりに、受講生の就職先の企業から紹介料を受け取って運営されています。

そこでGEEK JOB以外のサービスを利用して就職すると、その紹介料が入らなくなってしまうので違約金が発生します。

違約金の額はWEBアプリ学習コースの料金と同額であり、社会人だと132,000円、大学生だと66,000円です。

GEEK JOBの場所・アクセス・電話番号など

GEEK JOBのキャンプの場所は四ツ谷と九段下の2箇所です。

【四ツ谷キャンプ】

東京都新宿区四谷1-1-2 四谷見附ビルディング 2階

※JR 総武線/中央線「四ツ谷駅」赤坂口、

東京メトロ 丸ノ内線/南北線「四ツ谷駅」1番出口から徒歩1分

【九段下キャンプ】

東京都千代田区九段北1-12-6 守住ビル 5階

※東京メトロ 東西線/半蔵門線「九段下駅」7番出口より徒歩5分

申し込みはWebサイト経由となっており、そこから説明会にて分からない部分を確認し、納得ができれば通うこととなります。

GEEK JOBはこちらから

プログラマー・エンジニアカテゴリの最新記事