Fランでも人生逆転可能!就活で勝ち組になるFラン出身者の特徴とは?

Fランでも人生逆転可能!就活で勝ち組になるFラン出身者の特徴とは?

良い企業に入って安定した暮らしをしたいけど、Fランだし無理かな…」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、就活は学歴フィルターがあるとよく言われているので、Fランでもいい企業に就職できるのか不安を抱えている方は多いと思います。

実際、学歴フィルターは一部の大手企業などでは残っていると言われています。しかし、Fラン出身でも良い企業に内定をもらっている人はたくさんいます。なので、学歴で将来を諦める必要はありません。Fランでも十分に成功可能です。

本記事では、Fラン出身者でも就活で勝ち組になる人の特徴や、勝ち組になるために今からやるべきことをお伝えします。

Fランの就職活動で勝ち組になる人の特徴

就活で不利と言われるFラン出身者の中でも、就職活動で勝ち抜いた人にはいくつかの特徴があります。

今回は3つに絞ってお伝えするので、ぜひ頭に置いておいてください。

自己アピール力が高い

自己アピール力とは、相手に対して自分の個性や強みを上手に伝えることができる力のことです。 

この力を持っている人の特徴として、コミュニケーション力が高く、自分自身を客観的に分析する能力に優れています

そのため、就活においては面接官に気に入られやすいのです。

自己アピール力には自信がないな、と思った人も、今から磨くことは可能です。

自己アピール力を高めるためのポイントは、自己分析を通して自分自身の強みや弱みを理解した上で、それらを受け入れて自信を持つことです。

まずは過去の経験を一つ一つ振り返って自分の人生を肯定していきましょう。

人生で失敗・成功の経験が豊富

転校、部活、受験、失恋…など人生において乗り越えてきた山が多い人は、就活でも有利です。

これまでの人生にたくさんの成功や失敗、挫折などの経験がある人は、自身の内面を見つめ客観的に分析する機会が多いので、面接においてもこれらの経験をもとに説得力の高い話をすることができるからです。

これまでの人生経験から語れることがないと感じる人は、過去の辛かった経験、楽しかった経験、頑張った経験の一つ一つを振り返り、どうして辛かったのか、楽しかったのか、頑張れたのか、そしてその経験から何を学んだのかをふりかえり、これまでの人生を意味づけしていきましょう。

また、これから就職までの期間を使って、サークル、旅、インターンシップ、ブログ…などなど、やってみたいと思ったことに沢山チャレンジしてみてください。結果がどうであれ、それらの経験は皆さんに学びを与えてくれるはずです。

ベンチャー企業に入社

Fラン大学生は、勉強に苦手意識を感じている人が多いと思います。

そのため、SPIなどのWEBテストを取り入れている大手企業の選考では、高学歴の学生に比べて不利になってしまう傾向があります。

それに対し、ベンチャー企業の選考ではwebテストを取り入れていないことが多いです。また、メガベンチャーなどの一部のベンチャー企業を除き、競争力も大手に比べて低いので、Fラン大学生でも十分に内定をとることができます。

また、ベンチャー企業では、学歴よりもやる気や性格、チャレンジ精神を重視しています。そのため、学生を学歴関係なく対等にみてくれる企業が多いのです。

ただし、ベンチャー企業は実力重視、不安定、少数気鋭のため、向き不向きがあります。若いうちから色々なことに挑戦したい人や、飽き性な人、行動力のある人には向いています。

Fランの就職活動で勝ち組に入るためにやるべきこと

ここまで就活で勝ち組になりやすい人の特徴をお伝えしましたが、上記の項目に当てはまるものがなくても就活で成功することは可能です。

しかし、対策をしなくても大丈夫というわけではありません。企業によっては学歴フィルターによって書類選考の段階で学生を落とす所もあるので、これを乗り越えるためにはそれなりに対策が必要です。

ここでは、Fランの大学生が就活で成功するためにやっておくべき事を紹介します。

インターンシップに参加する

1つ目は、企業のインターンシップに積極的に参加することです。

企業のインターンシップに多く参加することで、様々な企業の社風や仕事の内容に触れることができ、それらの経験から皆さん自身の向き・不向きや身を置きたい環境を明確にできるのでオススメです。

また、インターンシップを経験した方が、企業のことを深く理解したうえで選考に臨むことができるので、オリジナリティのある志望動機をつくりやすくなります。

1,2年生や時間のある方は、長期インターンに参加することをお勧めします。長期インターンに参加すると、実際に社員の一人として仕事をまかせてもらえるので、本格的な仕事の経験を積むことができます。そのため、社会人になる前に働くことを身を持って体感でき、自身の働く意味についての考えの精度を高めることができます。更に、実践的な社会人スキルをつけることができるので、自身の市場価値を高めることができます。

資格の勉強をする

新卒で資格を求められることはよほどの専門的な職種でない限りありませんが、資格を取ることは職種への志望度の高さや本気度をアピールすることに繋がります。

そのため、将来やりたいことやそのために必要な資格がはっきりしている人は、資格の勉強をすると良いでしょう。

取りたい資格がない人は、TOEICの勉強をすることをオススメします。外資系企業では英語力が必然的に求められ、TOEICのスコアのノルマがある会社もあります。また、TOEICの点数は資格同様に履歴書に書くことができるので、勉強しておいて損はありません。

就活エージェントを使う

就活仲間の少ないFラン就活生に特にお勧めしたいのが就活エージェントです。

就活エージェントは、プロのキャリアコンサルタントが皆さんの求めている職種や適正に合わせて企業の紹介をしてくれたり、内定に向けて一緒に就活対策をしてくれるサービスです。

就活エージェントを利用すると、気軽に就活相談ができるだけでなく、皆さんが知らない優良企業にたくさん出会うことができます。

また、就活エージェントによってはホワイト企業を厳選して紹介しているサービスもあるので、入ってみたらブラック企業だったということを避けることもできます。

ここでは、優良企業に出会いやすいお勧めのエージェントを2つ紹介します。

①厳選企業に出会える!『キャリアチケット』

キャリアチケットでは、独自に企業に対してヒアリングを行い、活躍する人材を明確にしている企業のみを紹介しています。そのため、就職エージェントの中でも紹介企業の質が高いです。なるべくブラックを避けたい学生におすすめです。

また、キャリアチケットではキャリアアドバイザーが一対一で選考対策を行ってくれることはもちろん、グループディスカッションや自己分析のセミナーも豊富に開催されています。そのため、これから内定に向けて力をつけていきたい学生におすすめです。

キャリアチケットはこちらから


②大手も多数紹介!『doda新卒エージェント』

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: OEypWjbpCf0_n_9kgC0nCyn0Y8Ukg_J218fm6pow9tXI5fuMcw5UoQag3dWsX7BqGYlPnjZFsCOe0MRFueayY7p4V3Gu62x8-mdiJYHqfHf7ea4ZcdDa93Sd5HJ9lt-e92gRr4ez

doda新卒エージェントは、提携企業数が4700社以上と他の就職エージェントに比べても非常に多く、さらに大手系列の企業の求人も数多く紹介されています。このため、大手企業に就職したい学生におすすめです。

また、doda新卒エージェントは丁寧なサポートが評判で国家資格を持ったプロのキャリアカウンセラーが90分の面談を通して一人一人の価値観や強みをしっかり整理してくれます。このため、じっくり就活の軸から考えていきたい就活生にオススメです。

doda新卒エージェント はこちら

Fランでも比較的に入りやすい業界

あまり行きたい業界は決まってないけど、とりあえずいい会社に内定が欲しい・・」という方のために、ここではFランでも比較的に入りやすい業界を紹介します。

業界によって向き不向きがあるので、皆さんの適性とあわせて業界を見ていきましょう。

地方公務員

公務員は、大きく中央省庁に勤める国家公務員と、地方自治体の役所に勤める地方公務員にわかれています。

国家公務員は東大や旧帝大クラス出身が多く、殆どが難関大学出身者です。また、倍率も高く、筆記試験から難関大学出身の学生と競うことになるので難易度が高いです。

一方で、地方公務員は全国の都道府県と市町村で募集があり、自治体の規模によって難易度はピンキリです。政令指定都市や県庁はそれなりに倍率が高いですが、一般の市町村は倍率が低いところも多いです。

地方公務員は筆記試験と面接がありますが、勉強を頑張れば大学に関係なく受かることが可能です。また、ホワイトで給料も安定しているので、安定性を重視したい方にはおすすめです。

ただし、災害時など有事には残業が多くなることもあります。そのため、人のために頑張ることが好きな人には向いている職種です。

IT業界

IT業界は、今一番人材不足と言われている業界です。経済産業省が2019年にまとめた『IT人材需給に関する調査*』にによると、2030年時点でIT人材の需要が供給を16~79万人上回るとされており、今後も人材不足が予想されています。そのため、多くの企業が人材を欲しており、IT業界は新卒未経験からでも簡単に入ることができます。

また、教育環境も整っており、最近はIT人材のための様々な研修やスクールが沢山あります。さらに新卒未経験で入社する場合は入社してからスキルをつけるための研修が用意されているケースが多いので、入社してから必要な知識をみにつけることができます

IT業界の代表的な職種であるプログラマーやデータサイエンティストは、細かいデータを処理扱うので、几帳面な人や細かい作業が好きな人は向いています。一方、大雑把な人や細かい作業が苦手な人には大変な職種かもしれません。

(*)https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

小売業界

小売業は、コンビニエンスストアやドラッグストア、スーパー、百貨店などを指します。

小売業は他の業種に比べ、学歴フィルターが少ないと言われています。実際「カイシャの評判」のアンケート結果によると、「学歴フィルターがない企業ランキング」*2に多くランクインしています。そのため、Fラン出身の学生にも入りやすい業界となっています。

小売業では、多くの人が販売員からキャリアをスタートして、企画や物流、総務などの幅広い業務に関わっていきます。販売員はいわゆる「頭の良さ」よりも、社交性、冷静さ、臨機応変さなどが求められることが多いので、人と接するのが好きな人や、冷静に物事に対応できる人は向いています。また、販売や飲食でのアルバイトが好きな人にはおすすめです。

*h2:https://toyokeizai.net/articles/-/197811

まとめ

今回はFランの学生が就職活動で成功するために必要なことをまとめました。

社会人になると多くの壁が待っています。そんな時に、皆さんが企業に入った目的がはっきりしていると辛いこともきっと乗り越えることができます。

そのため、就職活動では世間体や報酬などのわかりやすい基準だけを見るのではなく、皆さんが人生で成し遂げたい目標に向かうための手段として、行きたい会社を選ぶようにしましょう。

大学に関係なく、成功するチャンスはいつでもあります。そのことを忘れず、前に突き進んでいきましょう。

未分類カテゴリの最新記事