【Facebook運用代行おすすめ4社】外注内容と料金相場・業者の選び方を解説します

【Facebook運用代行おすすめ4社】外注内容と料金相場・業者の選び方を解説します

Facebook運用代行について「運用に強い代行業者はどこ?」「Facebook運用代行ってどんなサービス?」「費用はどれくらいかかる?」など、お悩みではないですか?

Facebookの運用を外注したいと思っても、代行業者が多すぎて、どこを選んでいいのか?どんな依頼ができるのかよくわかりませんよね。

そこでこの記事では、Facebook運用に強いおすすめ業者の紹介とFacebook運用代行サービスの内容、料金相場、業者選びのポイントについて解説していきます。

個人的にも使用している人が多いFacebookですが、ビジネスにつなげるにはスキルと知識が必要です。プロに依頼して、効果的に売り上げや集客につなげていきましょう。

おすすめのFacebook運用代行業者

まずは、国内で厳選したFacebook運用代行業者のおすすめ4社をご紹介します。多くの業者がある中、以下4社は、費用対効果がよく成果が上がると評判です。迷ったらこの4社から選ぶと間違いないでしょう。

株式会社グラッドキューブ

大阪市にオフィスのある株式会社グラッドキューブは、Facebook運用代行のほか、Instagram、TwitterなどSNSの広告運用代行、動画広告にも対応しています。

東京・福岡・名古屋にも支社があり全国対応可能。

静止画・動画・スライドショーなど様々な形式で広告を運用します。広告費25万円月額固定の限定プランもあり。少額からでも依頼できます。

会社名株式会社グラッドキューブ
HPhttps://www.glad-cube.com/
所在地〒541-0048大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F
電話番号06-6105-0315

ハピスキ

東京都にオフィスがあるハピスキはFacebookを始め、Instagram、TwitterなどのSNS運用全般に強いマーケティング代行業者です。コンテンツマーケティングやリスティング広告の分野でもトップレベルの人材が成果をあげると評判の会社です。

ハピスキの特徴は、大型案件だけではなく少額からスタートするスモールスタートにも対応しているところです。最初は様子を見ながら広告費を投入していきたい方にもおすすめです。クライアントの売り上げを最大限にアップする戦略立案と数字による分析が得意。

SEOにも強いです。

会社名株式会社ハピスキ
HPhttp://hapisuki.co.jp/
所在地東京都新宿区西新宿3丁目2−9 新宿ワシントンビル本館 2F

ダブルループ

ダブルループ

株式会社ダブルループは、Web戦略を活用しFacebookでの売り上げアップや集客を得意とする会社です。

他にもワードプレスのサイト制作やLP制作、リスティング広告運用にも対応。Facebookページの作成から運用までトータルでサポートします。スライドショーや動画広告などクリエイティブな制作も行います。広告レポートの作成は月1回。Facebook広告の初期設定の費用は40,000円〜となっています。

会社名株式会社ダブルループ
HPhttps://www.doubleloop.co.jp/
所在地〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-7-4九段MSCビル4F

株式会社MixtureScape

株式会社MixtureScape

株式会社MixtureScapeは東京にオフィスを構えるWebサイト制作会社です。facebookをビジネスに活用するためのカスタムページ作成や運用サービス支援を行っています。

新製品やサービスの魅力をしっかりと伝える魅力的なページを制作。

多くのFacebook制作・運用経験を活かしたノウハウで、記事作成や投稿などの運用を代行します。Facebook関連の書籍も執筆する会社です。

会社名株式会社MixtureScape
HPhttps://mixturescape.jp/
所在地東京都町田市小野路町2431-1-503
電話番号050-5309-2689

Facebook運用代行で依頼できること

Facebook運用代行で依頼できること

Facebook運用代行とは、どのようなサービスなのでしょうか?依頼できる業務は、代行業者によって異なりますが、概ね以下のような業務を外注出来ます。

アカウントの設定・管理・戦略

Facebookアカウントの設定や立ち上げです。まだアカウントも立ち上げていない企業は、どのようにFacebookを活用していくか戦略を立て、アカウント設定から管理まで依頼出来ます。Facebookだけではなく、連携してInstagramやTwitterなど他のSNSの初期設定も短期間で同時にスタートできます。SNSのノウハウがない場合、プロに最初から設定してもらい一緒に盛り上げていけるのは、安心感があります。

初期設定は意外に面倒な作業なので、外注できると楽です。

Facebookページの制作・カスタマイズ

Facebookページをビジネスで使う場合、個人のページとは違い様々な施策が必要です。自社製品やサービスを魅力的に伝える写真や投稿、プロフィール部分などは手を抜けません。お問い合わせなど独自ページを導入することも大切。

訴求方法や魅せ方が、ホームページやブログとは違いますので、活用がなかなか難しいのですが、プロの手にかかれば強力な営業ツールになります。

日々の投稿・いいねなどの運用

日々の業務とは並行して、FacebookだけではなくInstagramやTwitterなど、戦略的にかつ効果的な投稿を続けるのは、かなり大変です。

「投稿内容が思いつかない」と思い悩む方も多いでしょう。ネタがなく「日記的な投稿になる」「内輪ネタが多い」といった間違った方向に進んでいく企業も少なくありません。ファンを育てるために一番重要な部分が「記事の投稿」ですから、ここをプロに外注できるのはとても効率がよく成果も上がります。

また、いいねを増やす運用もノウハウを持っていますので、安心して任せられます。

Facebook広告の運用

Facebookページを活用したファン獲得のほか、新規顧客獲得のための「広告運用」も外せません。広告文言の策定やバナー、動画制作など、どのような広告を打ち出せば、売り上げアップにつながるかを一緒に考えてもらえます。

プロの視点から様々なアドバイスをもらえますし、広告運用全般を丸投げできるのも魅力です。

分析・解析・改善

Facebookページにアクセスしてくるユーザーの属性、コメントから見える心理などを分析し、レポートで提出してもらえます。Facebookユーザーの心理は複雑で、素人ではなかなか理解できません。また、どの数値をどのように見たらいいのかもわかりません。

ユーザー心理は、商品開発やサービスに活用できますので非常に重要です。改善することで、興味関心度が高くなったり、好感度が上がりシェアされる確率もアップします。
また、今現在、Facebookページで成果が上がっていない場合は、分析と解析を依頼し、改善点の提案などサポートを依頼できます。

Facebook運用代行の料金相場

Facebook運用代行の料金相場

Facebook運用代行の料金相場を解説します。

  • 月額3〜10万円以下
    記事内容の作成・投稿や広告文言の制作・広告文入稿など
  • 月額20〜30万円
    記事内容の作成・投稿や広告文言の制作・広告文入稿・コメントへの返信・問い合わせの対応やレポーティング

基本的な相場はこのような感じですが、フォロワー数や作業範囲によっては50万円以上かかることもあります。他のSNSと絡めたり、広告運用やLP制作も一緒に依頼するなど、企業の希望により変動しますので、あくまでも目安です。

SNSノウハウや経験がない会社は、プロに依頼することでその知識を得られますしノウハウを蓄積できるメリットがあります。

失敗しないFacebook運用代行業者の選び方

失敗しないFacebook運用代行業者

最後に、失敗しないFacebook運用代行業者の選び方をいくつかご紹介します。

運用実績とノウハウがある

代行業者を選び時は、Facebookでの運用実績とノウハウがどのくらいあるかを必ずチェックしましょう。「実績がある=結果が出る」ということですから、ノウハウが蓄積されていて、社員の知識レベルが高い会社を選ぶべきです。

担当者の質がそのまま、自社のサービスに直結してくるため、会社の実績とは別に、担当者にどれだけに実績があるかも確認しておくといいでしょう。

費用とサービス内容が合うか?

予算と希望するサービスが自社に合うかも大事なポイントです。

FacebookなどのSNSアカウントを育てるには、継続性が大事。最低でも半年〜1年は継続できる予算を組み、その予算と依頼するサービスが合うかをチェックしましょう。

料金が安いからといって、成果が上がらなければ意味がありませんし、料金が高いのに依頼に柔軟に対応できないのも問題です。

「このくらいの予算でどこまで対応してもらえるか?」を必ず確認し最初の時点で、しっかりとした提案をしてくれる業者を選びましょう。

担当者と連絡が取りやすい

FacebookなどSNSは動きが早く、運用中すぐに連絡を取りたい場面が多々あります。「担当者がいつも不在」「返信が遅い」「電話がつながらない」このような会社との取引は、ストレスが多く、早急な対応を見込めません。

担当者とまめに連絡が取れ、自社に寄り添った体制でサポートしてくれる会社を選びましょう。コミュニケーションが取りやすく、今後の施策や戦略を話しやすい運用代行がおすすめです。

まとめ

この記事では、Facebook運用代行に依頼できること、おすすすめの代行業者、費用相場などをご紹介しました。FacebookなどのSNSは、無料ですからうまく活用できれば広告コストをかけず集客や売り上げアップにつながります。拡散力も強く、活用しない手はありませんが、運用にはスキルと経験が必要です。自社でうまく運用できなければ、手が回らない部分だけでも代行業者に外注し、効率よくアカウントを育てていきましょう。

マーケティングカテゴリの最新記事