【2021最新】エントリーシート添削サービスおすすめ3つと添削アプリ&添削方法を解説!

【2021最新】エントリーシート添削サービスおすすめ3つと添削アプリ&添削方法を解説!

企業に応募するにあたって、エントリーシートを添削してもらいたいと思う学生は多いですよね。
しかし、「どこに添削してもらえばいいかわからない」「効果的な添削サービスはどこ?」など、添削をどこの誰に頼んでいいか迷子になっている方も少なくありません。
筆者も就活時代、エントリーシートのクオリティを上げるため、無料から有料まで様々なサービスを利用しました。

そこでわかったのが、エントリーシートの添削は「安易に誰にでも頼めない」ということ。誰に添削してもらうかで選考通過率が大きく変わってしまいます。
添削してもらう相手を間違えると、質が悪く企業とマッチしない内容になるなど添削が裏目に出てしまうでしょう。

選考に通過しやすいエントリーシートにするには、大量のエントリーシートに向き合ってきたプロを選ぶ必要があります。
そこでこの記事では、何社もの添削サービスを使って内定をもらった筆者がおすすめするエントリシート添削サービスをご紹介します。

おすすめのエントリーシート添削サービス

早速ですが、おすすめのエントリーシート添削サービスのある3社ご紹介します。

ご紹介する3社は、就活のプロ集団。
エントリーシートだけではなく、履歴書添削や面接対策、自己分析など幅広いサービスを無料で受けられます。

内定獲得率92%エントリシート添削全力サポート「JHR」

「JHR」は、JHR株式会社が運営する新卒専門就職エージェントです。

プロのエージェントが、丁寧にカウンセリングし、エントリーシートや履歴書の添削を行います。応募したい企業が好印象を持つエントリーシートを作成しますので、かなり頼れる存在です。
エントリーシートの他にも、履歴書や志望動機の添削、面接対策も行っています。

また、志望企業に迷っている場合は、約5000社の中から自分にあった企業を紹介してもらえますし、企業に合わせたエントリーシートの作成も手助けしてくれます。

担当エージェントがカウンセリングから応募書類添削、面接対応までマンツーマンでサポート。就活を効率的に進められます。
入社後の不安や悩みなどアフターサポートも充実していますので、内定が決まった後も安心です。


【JHRの口コミ評判】

・カウンセリング実施から1週間で内定が決まり就職活動を終えることができました。夜遅い時間や土日もご対応頂き大変感謝しております。

・周りよりスタートが遅れてしまいどこから始めて良いかわからなかった就職活動も、業種・職種選びから面接のポイントまで丁寧に教えていただきました。
1人では不安でしたがいつでも相談にのっていただき、面接当日も事前対策をしていただき内定を獲得できました。ありがとうございました!

【JHR】はこちら

人事目線のエントリーシート添削が受けられる「キャリアチケット」

キャリアチケットは、レバレジーズ株式会社が運営する就活エージェントです。
オリコン顧客満足度調査 「新卒エージェントランキング」で総合満足度第1位を獲得している人気と実績を兼ね揃えたエージェント。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、企業目線でエントリーシートを添削します。
「エントリーシートの書き方がわからない」といった初期の段階でつまづいている方にも丁寧なサポートがあります。

就活生の適性や性格、価値観にマッチする企業の紹介や面接対策も万全です。内定獲得率をあげる業界研究や自己分析など、様々なセミナーが無料で開催されています。
就活本を読むより実践的なスキルが身につきますので、おすすめのエージェントです。

キャリアチケットはこちら


エントリーシート添削を親身にサポート「JobSpring」

JobSpringは、株式会社Rootsが運営する就活エージェントです。
内定成功率が91.7%と高く、離職率が低いことで知られています。
JobSpringでは、キャリアコンサルタントが親身にエントリーシートなどの応募資料をアドバイス。内定率をあげるため、企業の目に止まるエントリーシートを作り上げます。

エントリーシートは書類選考だけではなく、面接試験でも使われます。
添削と同時に、面接対策することで、提出エントリーシートと面接の答えのズレをなくし信頼度アップ。
エントリーシートを送付するときのマナーや、添え状の文言なども教えてもらえます。

また、JobSpringのサイトには、就活に関するノウハウが満載です。
就活本にはないリアルな情報ですから、チェックしておいて損はありません。

jobSpringはこちら

おすすめのエントリーシートを添削してくれるアプリ

エントリーシートを添削してもう方法には、アプリも便利です。
アプリのメリットは、手軽なこと。

カメラ機能を使って添削依頼できるなど便利な機能が満載です。就活に関する情報も手に入りますから、使えるものは利用してエントリーシートの質を高めていきましょう。

マイナビ2021 新卒・既卒学生のための就活アプリ

マイナビ2021 新卒・既卒学生のための就活アプリは、就職アプリ利用率No.1アプリとして就活生に大人気のアプリです。

自己分析ツール適性診断や長所短所診断など、就活に役立つコンテンツがたくさん!
アプリを通じて、エントリーシートや履歴書の書き方を教えてもらえます。

視聴者参加型プログラムや業界研究の動画講座などWEB配信プログラムにも力を入れています。

マイナビ2021 新卒・既卒学生のための就活アプリはこちら

アプリで手軽に提出!ES添削カメラ

ES添削カメラは、その名の通り、エントリーシート添削アプリです。

ES添削カメラは株式会社ベネッセiキャリアが運営するアプリで、スマホのカメラでエントリーシートを撮影し送るだけで、プロの添削を受けられます。

エントリーシート添削結果は、5日〜7日で返信があり、自分の強みをより伝わるような添削指導が評判です。

ES添削カメラはこちらから

エントリーシートを添削してもらう方法

エントリーシートは、就活エージェントやアプリを使うほか、身近なところに対面で依頼する方法もいくつかあります。
いくつかのサービスを併用すれば、効率的に就活を進められますのでおすすめです。

ハローワーク

ハローワークは言わずと知れた職業紹介所のプロ。
ハローワークを求人相談だけの場所と思っている方が少なくありませんが、実は自己分析や履歴書の書き方、エントリーシートの添削など、就活に関する悩みや疑問を相談できる場所です。

初めに登録が必要ですが、登録後はWEBで求人検索をできたりと便利。
職員は、就職に関する知識に長けていますので、試しに相談してみるといいでしょう。

OG・OBに依頼する

エントリーシートは、大学のOG・OBに添削してもらう方法もあります。OG・OBは、就活の先輩です。内定をもらったリアルな情報や企業の傾向などを教えてもらえますので、OG・OB訪問の際には、エントリーシートを持参して見てもらいましょう。

もし、OG・OBが見つからない場合は、ビズリーチキャンパスが便利です。
ビズリーチキャンパスは、全国の企業で活躍している大学のOG・OBとアプリで気軽に繋がれるサービスを提供しています。

社会でバリバリ働くOG・OBにアプリ上で質問できたり、オンラインでOG・OB訪問できます。エントリーシートの添削も依頼すれば、相談に乗ってもらえるでしょう。

ビズリーチキャンパスはこちらから


大学のキャリアセンターに頼む

大学のキャリアセンターもエントリーシート添削を依頼できる場所です。
キャリアセンターは、学生の就活活動を支援する様々なサポートが充実しています。

キャリアセンターの職員は、何百社を超える企業の人事担当者から得た情報を元にアドバイスしますので、かなり有益な情報を得られる可能性があります。

学生にとって一番身近ですから大いに活用し、希望企業に就職できるよう活動していきましょう。

まとめ

この記事ではエントリーシートを無料で添削してもらうおすすめのサービスを紹介しました。エントリーシートの添削は、経験と実績、人事担当者からリアルな情報を得ている人に依頼するのが一番効果的です。

特に、企業側の目線からアドバイスしてもらえる就活エージェントは、就活支援のプロですから利用してみる価値あり。いくつか登録して、自分にあったエージェントを見つけましょう。また、身近な場所では、ハローワークや大学のキャリアセンターも添削を依頼できます。1つの場所にこだわらず、色々なサービスを利用し納得するエントリーシートを作り上げましょう。

就活カテゴリの最新記事