チャレンジ精神を魅力的に言い換え&就活で評価される上手なアピール方法を伝授

チャレンジ精神を魅力的に言い換え&就活で評価される上手なアピール方法を伝授

「チャレンジ精神は就活で好印象になる?」「自己PRでチャレンジ精神を上手に伝えるには?」就活でチャンレンジ精神をアピールしたいと思う方は多いはず。

チャレンジ精神は何事にも積極的に取り組む姿勢が評価されますが、伝え方によってはマイナスになることも。ただ「チャンレンジ精神があります」と伝えても抽象的すぎて、具体的なイメージがわかず信憑性もありません。

とはいえ、「どうやって自己PRに盛り込んだらいいかわからない」という方もいるでしょう。

そこでこの記事では、就活の自己PRや面接でチャンレンジ精神を上手にアピールするコツや注意点をお伝えしていきます。

自己PRや言い換えに悩んだ時の相談先も紹介していますので、就活にぜひお役立てください。

チャレンジ精神は就活で評価される?

「チャレンジ精神は就活で評価される?」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。結論から言えば、十分評価されます。しかし、前述したようにチャレンジ精神があることをどう伝えるかがポイントです。

「私はチャレンジ精神があります」

「何事にも積極的にチャレンジします」

と安易に伝えても、たくさんの就活生を見てきた面接官には響きません。

しかも、チャレンジ精神は自己PRでよく使われる題材ですから他の就活生と差別化する必要があります。

そこでおすすめのテクニックが、次項で紹介する「言い換え表現」です。チャレンジ精神を別の言葉に言い換え、結果的に「チャレンジ精神がある」と思わせることができれば、高評価を得られます。

チャレンジ精神の言い換え表現一覧表

「チャレンジ精神がある」という言葉は下記のような言葉に言い換えられます。

言い換え伝え方・強み
好奇心旺盛視野を広く持ち多くのことに興味を持ち、新しいことにも積極的に挑戦することができる。
向上心がある困難なことでも常に上を目指して努力できる。
探究心がある物事にさまざまな視点から興味を持ち積極的に知ろうとする力がある。
ハングリー精神がある1度挫折や失敗を味わってもそれを糧に努力できる。目標達成に向けて挑戦し続ける。
自己開発意欲自身の能力アップのため、新しい考え方や正しい知識を常に習得しようとする。

このように、言葉を変えるだけで具体性がアップし、「チャレンジ精神」という言葉を使わなくても、積極性が伝わるようになります。

とはいえ、「言い換えはわかったけど具体的にどうやって伝えるべき?」と疑問に思う方も多いでしょう。上手にアピールするポイントを次項で解説していますので、取り入れてみてください。

就活でチャレンジ精神を上手にアピールするときのポイント

次に、「チャレンジ精神」を自分の言葉として上手に伝えるためのポイントを3つ紹介します。

結論から伝える

自己PRや面接で何かを伝える時は、結論から述べましょう。

結論を後に持ってくる伝え方は回りくどく、よほど話が上手な人でない限り、ほとんど内容を聞いてもらえません。特に、ESなど書類の場合は最初の数行が勝負。書類選考では、冒頭部分で惹きつけられる文章しか読んでもらえませんので、必ず結論から書くことが大切です。

「私の長所は困難なことでも常に上を目指して努力できるところです」

「私は1度や2度の挫折を味わったくらいではへこたれない性格です」

このように結論から述べると、今から何を伝えたいかが明確になり次に伝えることを理解してもらいやすくなります。

冒頭のつかみで印象付けることができれば「この人は〇〇の人」とキャッチフレーズのように覚えてもらえる可能性もあるでしょう。

あえてそこを狙って、インパクトあるキャッチフレーズを自分に付けるのもオススメです。

あなたにしか話せないエピソードを盛り込む

チャレンジ精神をアピールする時は、ただ言葉にするだけではなく実際の経験をエピソードにして伝えます。実際にあった出来事はあなたにしか話せないエピソードです。

「過去にこのような経験がありチャレンジ精神が身についた」と、具体的なエピソードに交えて語ることで信憑性が増します。

エピソードにする時の内容は下記のようにまとめると評価してもらえるでしょう。

  1. 結論「私は〇〇だ」
  2. なぜそうしようと思ったか動機を深掘りして伝える
  3. 具体的な行動をエピソードにする
  4. どのようなプロセスを経て結果(成果)を得たのか?
  5. 何を学んだか

ここまでまとめられたら次の項にある最終段階に進みます。エピソードは成功しなかったことでも構いません。成果に繋がらなくても「頑張っている」「乗り越えようとした」「今も挑戦中」ということが大切です。

業務でどう活かすかまで考えておく

最後は、挑戦して得た経験をどう業務に活かせるかを伝えます。どんなにいいエピソードで語っても、ここがうまくできていなければただの「良い話」「よくある話」で終わってしまいます。

そうではなく、体験したり乗り越えたりした経験を、仕事への再現性も意識して伝えるとより高評価をもらえます。あなたを採用するメリットを上手にアピールするといいでしょう。

そのためにも、日頃から自身の行動によって得られた経験や知識をどこでどのように活かせるか常に考える癖をつけておくのも大切です。

就活でチャレンジ精神を伝える時の3つの注意点

多くの業界で強みとしてアピールできる「チャレンジ精神」ですが、伝え方や業界によっては「マッチしない」「生意気?」と思われてしまうことも。

そこで、就活で伝えるときの3つ注意点を紹介します。

話を盛りすぎない

最初の注意点は話を盛りすぎないことです。就活では「良く見せたい」という思いからエピソードを盛ることは良くあります。

しかし、他人がやったことを自分がやったように話したり、数字を偽ったり、成果を水増しする行為はNGです。嘘は、面接の深掘り質問でボロが出ますので、注意してください。

自慢話にならないよう気をつける

2つ目の注意点は、自慢話にならないように気をつけることです。面接官は、就活生の「人となり」を知りたいのであって、自慢話を聞きたいわけではありません。

企業が求めているのは派手な成功体験ではなく「どのような目標を立てそれに向かってどう行動し、気づきを得たか?」ということが聞きたいのです。

成果と結果だけの自慢話は印象が悪くなるため注意しましょう。

チャレンジ精神を評価される業界や職種で使う

チャレンジ精神をPRするときは、「チャレンジ精神のある人材」を求めている業界や職種で使いましょう。

チャレンジ精神は「新しいことにどんどんチャレンジする」というイメージが強いため、伝統があり昔ながらのやり方を守っているような企業ではあまり求められません。

このように、すべての企業がチャレンジ精神旺盛な人材を求めているわけではありませんので、業界研究をしっかり行い、企業が求める人材に合わせてアピールの仕方を変えることが大切です。

チャレンジ精神が評価される業界マスコミ・IT・商社・広告・物流・コンサル

短所と思われないよう注意する

最後の注意点は、短所と思われないよう注意することです。

長所と短所は紙一重です。短所は裏を返せば長所ですし、その反対もあり得ます。新しいことにどんどんチャレンジする姿勢は、伝え方によっては「飽きっぽい」「計画性がない」といったマイナスの印象を与えてしまうことがあるでしょう。

そこで、「集中力がある」「思慮深い」「計画性がある」と思われるような補足能力も併せて伝える必要があります。

エピソードの中で「目標に向かって準備を重ねた」「1つのことに集中して挑戦し続けた」といったフォローも入れておきましょう。

チャレンジ精神の伝え方に悩んだ時の相談先

ここまで、チャレンジ精神の言い換えや自己PRとしての上手な伝え方を解説しました。自分なりに色々考えてみたけど「まだ自信がない」「添削してほしい」「何も思い浮かばない」と悩む方は少なくないでしょう。

そこで、自己PRやESに悩んだ時の相談先を3つ紹介します。

  • 就活のプロに添削してもらう
  • OB・OG訪問
  • 大学のキャリアセンター

就活のプロに添削してもらう

まず一番有効な手段が、就活のプロに添削してもらうことです。例えば、JobSpringなどの就活エージェントでは、自己PRや面接、書類作成まで就活に関するあらゆることに専属のキャリアコンサルタントが個別でみっちりアドバイスしてくれます。

企業側の目線で応えてもらえますので、就活に自信が持てない方に最適。何が正解かわからない就活の道標になってくれます。

おまけに、自分にあった優良企業を紹介してくれますので、あなたの強み「チャレンジ精神」を活かした業界や企業に出会えるでしょう。

JobSpringはこちら


OB・OG訪問

OB・OG訪問も自己PRの添削におすすめです。実際に企業で働く先輩たちから「この方がうちの社風にあうよ」「求めている人材はこんな人」といった具体的なアドバイスをもらえるでしょう。

もし相談するOB・OGがいない場合は、ビズリーチキャンパスがおすすめです。ビズリーチキャンパスとは、就活の悩みを日本全国にいる先輩たちと繋がれるアプリです。

アプリ上でOB・OGたちに気軽に相談できますし、オンラインでOB・OG訪問可能です。しかも、日本を代表する大企業に就職している先輩たちの声を聞けますのでかなり貴重。就活生なら無料で使えます。

ビズリーチキャンパスはこちら


大学のキャリアセンター

もうすでに利用している方も多いと思いますが、大学のキャリアセンターも外せない相談先です。長く学生の就活サポートをしている経験とスキルがありますし、求人も紹介してくれますので相談先として最適。

卒業生による講演会やシンポジウム、懇談会も開催されていますので、視野を広げられます。チャレンジ精神をどう伝えるか悩んでいる時は、話を聞いてもらうだけでもすっきりするでしょう。

まとめ

この記事では就活でチャレンジ精神を上手に言い換えるポイントや注意点を解説しました。チャレンジ精神は、アピールの仕方を間違えなければどんな企業にも好印象を得やすい題材です。一方で、多くの就活生が使う言葉ですから、他の言葉に言い換えて差別化を図りましょう。

就活では、あくまでも「企業にとって必要な人材」と思われることが目的です。企業が求めている人材を業界・企業研究で深く理解しそこからかけ離れないよう注意してください。

あなたの強みと企業が求める人材がマッチした時、採用される可能性がぐっと高まります。

就活カテゴリの最新記事