プロがはどこを見る?エアコンの選び方とメーカー解説!買ってよかったおすめ機種紹介

プロがはどこを見る?エアコンの選び方とメーカー解説!買ってよかったおすめ機種紹介

「エアコンの選び方がわからない」「プロってどの機能を見る?」エアコン選びでこのようなお悩みを抱えていませんか?

エアコンは見た目がどれも同じなのに、種類や大きさが豊富で、何を基準に選んだらいいかわかりませんよね。機種選びに失敗すると「部屋が冷えない」「電気代が高くなる」など後悔することに。

そこでこの記事では、プロがエアコンを選ぶ際のポイントやおすすめメーカーを解説します。

エアコン選びの参考にどうぞ。

プロはどこを見る?エアコンの選び方

エアコンを選ぶ際、プロはどこを見て決めるのか、選び方のポイントを解説します。

部屋の広さに合う冷暖房能力があるか?

エアコンには、部屋の広さにあった冷暖房能力が必要です。

冷暖房能力とは、部屋の温度を調整するエアコンのパワーのこと。能力は「kw」という単位で示されています。

冷暖房能力と部屋の広さが合っていない場合、部屋の温度調節に多くのパワーと時間が必要です。部屋を冷やすのも温めるのも常にフル稼働しなければならず電気代も高くなります。

また、エアコンは機械ですから、消耗も激しくなり寿命が短くなる可能性もあるでしょう。

逆に、冷暖房能力と部屋の畳数が合っていれば、冷暖房が早く効いて快適ですし、節電になります。冷暖房能力に対する部屋の広さは、機種により異なりますので必ずチェックしておきましょう。

また、冷暖房能力は、木造や鉄筋コンクリートでも異なりますので注意してください。

例えば、エアコンのカタログに以下のような表示がある場合、数字が小さい方が木造、大きい方が鉄筋コンクリートの対応畳数です。

引用:ダイキン公式サイト

部屋の広さだけではなく構造も重要なポイントになりますので、忘れずにチェックしておきましょう。

シンプル機能のものを選ぶ

最近のエアコンは、加湿やお掃除機能など多機能なものが増えています。どうしても必要な機能じゃなければ、シンプルな機能のエアコンがおすすめです。

というのも、エアコンなどの機器は、機能が増えれば増えるだけ故障や不具合の出る箇所が多くなります。また、お値段が高くなるでしょう。

多くの機能を十分に使いこなせれば問題ありませんが、そうでない場合は必要ありません。シンプル機能の方が、不具合も少ないですし価格も抑えめ。

コンパクトでシンプルなエアコンは、軽量化されていますので、壁への負担も軽減できます。

設置場所にも注意して選ぶ

エアコンはサイズや機能だけではなく、設置場所もよく確認してから購入しましょう。

「配管の穴も、コンセントもあるし大丈夫」と思っていても取り付けできなかった例もあります。「サイズが合わない」「高さが足りない」「カーテンレールが邪魔」といったトラブルがないよう、しっかりチェックしておきましょう。

室外機の置き場所も気流の邪魔になるようなものがないか、確認してみてください。

プロが選ぶエアコンメーカー

故障が少ない、使い勝手がいい、コスパ最強など、プロが選ぶエアコンメーカとその特徴を解説します。

ダイキン

世界的空調メーカーのダイキンは、信頼性が高く性能がいいためエアコンのプロからも評判のいいメーカーです。

他メーカーと比べて故障が少なく、耐久性があります。

家庭用エアコンの国内シェア率は、パナソニックに続いて第2位。業務用エアコンではシェア率1位を誇るトップメーカーです。

狭い部屋から大きな部屋、オフィスまで対応するラインナップの幅広さも特徴。AI機能や加湿機能搭載のエアコンも人気があります。

ダイキンのエアコンはこちらから

パナソニック(お掃除機能なし)

パナソニックも故障が少ないとして、プロの間では評判の良いメーカーです。家庭用エアコンでは国内シェア率NO.1。デザイン性にも優れています。

ただし、プロが選ぶのは、お掃除ロボット機能なしのエアコン。パナソニックのお掃除ロボット機能は故障が多いと言われています。

エアコンの寿命よりもお掃除ロボット機能が先に壊れるケースも少なくありません。パナソニックはシンプル機能のエアコンを選びましょう。

パナソニックエアコンはこちらから

三菱電機

三菱電機もプロによく選ばれるメーカーです。分解しやすくエアコンクリーニング業者からも好まれています。

三菱電機といえば「霧ヶ峰シリーズ」。省エネや温度調整がボタンひとつで操作可能。暖房では、床温度センサーフロアアイで底冷えしやすい足元も快適に。

コンパクトな室外機や効きの良いパワフルさ、価格とのバランスが良いのも魅力的。

プロじゃなくてもエアコンのルーバーを簡単に取り外せてお手入れできるため、お掃除が楽チンです。

三菱電機のエアコンはこちらから

プロが選ぶ!買ってよかったエアコンおすすめ機種

「買ってよかった」と評判のおすすめ機種を紹介します。

ダイキン エアコンEシリーズ主に8畳S25WTES-W

ダイキン エアコンEシリーズ

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイキンのベーシックなEシリーズ2019年モデル。

運転開始から立ち上がりが早く、暖房ではハイスピードでお部屋を暖めます。「風ないス運転」「ワンタッチ入・切タイマー」など基本機能が充実したタイプ。

シンプルでコンパクトですが、かなりパワフル。さすがダイキンと言える1台です。

限られたスペースにもすっきり収まる省設計で、設置場所を選びません。

価格(Amazon)72,400円
冷房対応畳数(目安)7畳〜10畳
冷房能力2.5 kW
省エネ基準達成率100%(2010年度)
室内機サイズ幅770x高さ285x奥行233mm

ダイキン エアコンEシリーズ主に8畳S25WTES-Wはこちらから

Panasonic パナソニック ルームエアコン 14畳用CS-400DFL2

Panasonic パナソニック ルームエアコン

出典:https://www.amazon.co.jp

14畳の広いリビングにも対応するパナソニックのエアコン「CS-400DFL2」。人気のエオリアシリーズで、エオリアアプリを使用して外出先から遠隔操作可能です。

運転終了のたびにエアコン内部を40度以上に加熱して乾燥する内部クリーン機能つき。エアコン特有のカビくさい匂いを抑制します。

冷たい風が直接体に当たらない天井シャワー気流も快適な機能です。

価格(Amazon)86,000円
冷房対応畳数(目安)11畳〜17畳
冷房能力冷房4 kW 暖房5kw
省エネ基準達成率100%(2010年度)
室内機サイズ幅780x高さ285x奥行239mm

Panasonic パナソニック ルームエアコンCS-400DFL2はこちらから

プロが選ぶ!買ってよかったエアコン安い機種

「買ってよかった」おすすめエアコンの中でも安い機種を紹介します。

三菱電機 霧ヶ峰ルームエアコンGVシリーズMSZ-GV2219-W

三菱電機 霧ヶ峰ルームエアコンGVシリーズ

出典:https://www.amazon.co.jp

三菱電機の人気モデル霧ヶ峰ルームエアコン。基本機能と品質にこだわったスタンダードなエアコンです。

日本製で性能が高く、耐久性も期待できます。

清潔コート熱交換器を採用し、油をドレン水で洗浄。前面パネルも取り外し安くお手入れしやすい1台です。

価格(Amazon)49,800円
冷房対応畳数(目安)6畳〜9畳
冷房能力2.2 kW
省エネ基準達成率100%(2010年度)
室内機サイズ幅799x高さ290x奥行232(237)mm

三菱電機 霧ヶ峰ルームエアコンGVシリーズMSZ-GV2219-Wはこちらから

ダイキン エアコン 冷暖房 Eシリーズ ホワイト 18畳 S56WTEP 

ダイキン エアコン 冷暖房 Eシリーズ

出典:https://www.amazon.co.jp

先ほど紹介したダイキンエアコン「S25WTES-W」と同じEシリーズ。18畳対応でこの価格は安い!2019年モデルの型落ちなので、お得に購入できます。

シンプルコンパクトなベーシックモデル。故障しにくく耐久性抜群。洋室の袖壁や和室の真壁(しんかべ)などにも納まるコンパクト設計です。

価格(Amazon)120,000円
冷房対応畳数(目安)冷房:15畳〜23畳暖房:15畳〜18畳
冷房能力5.6kW
省エネ基準達成率100%(2010年度)
室内機サイズ幅770x高さ285x奥行233mm

ダイキン エアコン 冷暖房 Eシリーズ ホワイト 18畳 S56WTEP はこちらから

まとめ

この記事では、プロのエアコン選びのポイントとおすすめメーカー、機種を紹介しました。

エアコンは、価格より冷暖房能力と設置場所に注意して選びましょう。また、部屋の畳数にあったサイズを選ぶことも大切です。

この記事を参考に、あなたの環境に合った最適なエアコンを見つけてみてください。

家電カテゴリの最新記事