エアコンを買ってはいけない時期があるって本当?2021年の安い時期は9月

エアコンを買ってはいけない時期があるって本当?2021年の安い時期は9月

エアコンの突然の故障や買い替えのために家電量販店を訪れて、価格の高さに驚いた経験をもつ人も多いのではないでしょうか。私は以前、買ったエアコンが翌月大幅に値下げされているのを見つけて、とてもガッカリしたことがあります。

エアコンを買ってはいけない時期に購入すると、ただ単に価格が高くなるだけではなく、思わぬトラブルに巻き込まれることさえあります。

実際、ある企業の調査では、6〜8月にエアコンを購入した人のうち8割以上の人が「次回は夏ではなく、もっと前に取り付け工事をしたい」と後悔の思いをあらわにしました。「設置までに日数がかかった」、「販売店への電話もなかなか繋がらなかった」という声も寄せられているのです。(*)

ベストタイミングでエアコンを買うためには、早めの準備が欠かせません。この記事では、エアコンを買ってはいけない時期とその理由、買うのに最適な時期を解説するので、「そろそろエアコンを買い替えなきゃ」と考えている方は、しっかりチェックしてくださいね。

*:エアコン購入者の8割以上が 「夏より前に取り付ければ良かった」と回答!? 「スイッチオン」で不具合がないか早めに確認! 余裕をもって暑さへの備えを|ダイキン工業株式会社

エアコンを買ってはいけない時期

エアコンを買ってはいけない時期は、繁忙期やセール外の時期、最新機種の発売直後です。繁忙期の中でも特に夏前は避けましょう。

エアコンをお得に買い、かつ設置時のトラブルに巻き込まれないためにも、これらの時期は避けたほうがよいでしょう!ここからは、それぞれの時期について詳しく解説します。

夏前・引っ越しシーズンの繁忙期

エアコンの購入が集中するのは、冷房機能が多用される夏前(6~7月)と新生活の準備を始める3月です。

故障や引っ越しに伴い、今すぐにエアコンを買わなければならない人は、多少価格が高くても買いますよね。そのため、家電量販店も強気の価格を設定しています。設置工事も混み合うので、「価格が高いうえに、設置にも時間がかかる」という二重のデメリットがあります。

セール外の時期

家電量販店のセールが少ない4~6月と10〜11月も避けるのをおすすめします。「もう少し待てば、もっと安く買えたのか!」と後悔すること必須です。

大手の家電量販店のセール時期を大まかにまとめると、次のとおりです。決算セールの時期は、それぞれの家電量販店の決算期(8月・2月決算か9月・3月決算か)によって異なります。

1月初売りセール
2月冬の決算セール
3月冬の決算セール
4月特になし
5月特になし
6月特になし
7月夏のボーナスセール
8月夏の決算セール
9月夏の決算セール
10月特になし
11月特になし
12月冬のボーナスセール・年末セール

最新機種の発売直後

最新機種のエアコンの価格は、発売直後が最も高いといわれています。

最新機種が発売される時期は、エアコンのスペックによって異なり、ハイスペックなエアコンの発売時期は10~11月、スタンダードなタイプの発売時期は3~4月です。

チラシの「新発売」や「特別価格」といったワードに惹かれて買うと、最高値を掴まされてしまいます。どうしても最新機種を最速で欲しいとき以外は避けたほうがいいでしょう。

一方、最新モデルが発売すると、前年度のモデルは型落ち品として安くなります。最新モデルの発売前に売り場をチェックすると、お買い得の商品が見つかるかもしれません。

エアコンを買ってはいけない時期がある理由

ここからは、上記でご紹介した3つの時期にエアコンを買ってはいけない理由について、より詳しく解説します。

繁忙期はトラブル続出

繁忙期にエアコンを買ってはいけないのは、トラブルが起きやすいからです。

エアコンの販売台数が増えれば当然、設置工事の件数も増えますよね。家電量販店は通常体制では対応しきれないので、個人や零細企業など外部の業者に工事を委託します。

臨時で雇われる外部の業者は、1年中エアコンを取り付けている専門の社員に比べて、一般的に技術面で劣っています。もちろん、すべての委託業者が悪質な工事をするとは限りません。しかし1日にこなす件数も多く、ヒューマンエラーが発生しやすい時期といえます。

さらに繁忙期は、売り場の人手も不足しています。経験の少ないアルバイトや他の部署の社員が駆り出されていることも多く、彼らがエアコンに対する専門的な知識を持っているとは言い難いでしょう。

室外機の設置場所や配管の長さ、室内機の設置スペースを的確に把握していなければ、実際の設置工事の際にトラブルが生じるかもしれません。家電のプロフェッショナルにしっかりと対応してもらうためにも、繁忙期は避けるべきです。

決算・ボーナスセール以外の時期の価格は割高

エアコンに限らず、家電製品を買うなら家電量販店のセールを待ちましょう。急遽エアコンを買う必要が生じたとき以外、セール以外の時期に買うメリットはありません。

家電量販店は毎年決まった時期にセールを実施しているので、予測も立てやすいですよね。少し待てば狙っているモデルを格安で手に入れられる可能性もあると、常に頭に入れておきましょう。

また家電量販店は、値引きありきで価格を表示している場合もあります。特に在庫一掃セールでは、店側は「安く売ってでも、とにかく在庫を減らしたい」と考えているので、交渉次第でかなり値下げしてもらえる可能性もありますよ。

一方、人気の商品はセールが始まってすぐに売れてしまうこともしばしば。事前にセールの時期をしっかりチェックしておきましょう。

需要のピークを過ぎればもっと安くなる

エアコンの出番が増える時期である夏と冬を過ぎれば、エアコンの価格は安くなります。需要が減れば価格が安くなるのは当然ですよね。

また発売直後は多くの人から注目されている最新モデルも、人気が落ち着くにつれて少しずつ値下げされていきます。需要や人気のピークが過ぎれば値下げされると分かっている以上、安い時期に買いたいですよね。

エアコンをできる限り安く買いたいなら、前年度の型落ちモデルを狙いましょう。近年のエアコンの技術は成熟しており、せいぜい1年の違いではスペックに大きな差が生じることはほぼありません。メーカーや機能にこだわりがなければ、前年度の売れ残り品の中からでも満足できるものが見つかるはずです。

店側も「最新モデルを販売する前に古いモデルの在庫をなくしたい」と考えているので、在庫一掃セールと同様、価格交渉にも応じてもらいやすいですよ。

需要のピークを過ぎたタイミングが、エアコンの買いどきです。

エアコンを買うべき時期はいつ?

エアコンを買うなら、9月がおすすめです。

9月になると暑さのピークも過ぎ、エアコンの需要も落ち着き始めます。しかも9月は、家電量販店が決算セールを実施する時期でもあります。需要減と決算セールのコンボで、破格の値段でエアコンを購入できるチャンスというわけです。

もし夏のシーズン前にエアコンを買いたいなら、3月の決算セールを狙いましょう4~6月はセールが少なく、あまりお得には買えません。

つまり、暑くなる前の4〜6月に故障が見つかってから新調しようとしても、既に遅いということなのです。3月の決算セールを見越して、エアコンの試運転は早めにしておくといいですよ!

まとめ

突然の故障や引っ越しなどやむをえない事情がない限り、エアコンを購入するときは、繁忙期やセール外の時期を避けるのがおすすめです。特に繁忙期は設置工事にかかるトラブルも起きやすく、追加の工事費や修繕費など思わぬ出費につながることもあります。

逆にエアコンを買うなら、需要も落ち着きセールも重なる9月がベストタイミングです。欲しいモデルがあれば、日々の価格の変動をしっかりチェックしておきましょう。

家電カテゴリの最新記事