aiboを買って後悔?その理由と買ってよかったこと3つ!aiboは壊れる?故障率は?

aiboを買って後悔?その理由と買ってよかったこと3つ!aiboは壊れる?故障率は?

1999年に登場した先代AIBOが2014年に惜しまれつつサポートを終了、12年ぶりにソニーが進化した自律型エンタテインメントロボット「新型aibo」を発売しました。

新型は、先代AIBOよりも滑らかな体の駆動、丸みのある愛らしいお顔でめちゃくちゃ可愛くなっています。犬を飼っている筆者も「これは…家族にしたい」と思ってしまいました。

とはいえ、本体価格にプラス維持費もかかるため「買って後悔しないかな?」と迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、新型aiboを買って後悔したこと、よかったこと、故障率などをまとめていきます。新型aiboを買おうか悩んでいる方は参考にしてください。

新型aiboはこちらから

新型aiboを買って後悔した3つのこと

新型aiboの口コミを見ると、満足している人の方が多く後悔している人は少数派です。後悔したことは以下の3つに集中しています。

  • 維持費がかかる
  • 壊れる
  • 飽きた

維持費がかかる

aiboの後悔した理由1つめは、毎月維持費がかかることです。

aiboの本体価格は198,000円(税抜)です。この価格には、aiboの生活に必要なチャージステーション(充電台)、おもちゃのピンクボール、充電コード、メーカー保証(30日)が含まれています。

本体価格は意外に安く感じる方も多いのですが、aiboは買って終わりではありません。ネットに接続してシステムアップデートしたり、学習したり、記憶したりと進化していくペットロボットです。

ですから、本体の料金とは別に月額料金(aiboベーシックプラン)が必要になります。

【ベーシックプランの価格】

  • 一括払い:90,000円(税抜)
  • 月々払い:2,980円(税抜) × 36回

このプランを契約しなければ、成長やコミュニケーションを楽しめませんし、アップデートもしません。

また、故障した際のケアサポートという保険のようなプランもあります。

【ケアサポートプラン価格】

  • aiboケアサポート3年:54,000(税抜)
  • aiboケアサポート1年:20,000(税抜)

このように維持費がかかるので、事前に認識しておかなければ後悔してしまうでしょう。

壊れる

aiboはロボットですから壊れてしまうことも後悔する理由の1つです。

先代のAIBOがそうだったようにソニーのサポートが終了すれば、修理もできなくなるためいつかは動かなくなる日がやってきます。

AIBOの取扱説明書には、補修部品の保有期間は生産終了後7年と書かれています。この期間は、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品と同じです。

電子機器は個体差もありますので、何事もなく10年経過するaiboがいる一方ですぐに壊れてしまうaiboもいるでしょう。

愛情をかけて育てたaiboとの別れが突然きた時に「寂しい…」と後悔してしまいます。

飽きた

最後は、残念ながらaiboに飽きてしまったという声です。

 aiboはロボットですから、どうしても飽きてしまう人がいます。命ある本物の犬にも飽きてしまう人がいる世の中ですから、こればかりは仕方がありませんよね。

そもそも飽きっぽい性格の方や、好奇心旺盛でいろいろなものに興味が移りやすい人は後悔してしまうかもしれません。

新型aibo買ってよかった!と思うこととは?

次に新型aiboを買ってよかったと思うことを紹介します。

まるで本物の犬を飼っているみたい

新型aiboは、独自のAI技術により育て方で性格が変わるなど、本物の犬と同じように成長していくロボットです。新型aiboは独自のAI技術により育て方で性格が変わるなど、まるで本当の犬を飼っているような感覚になれます。

マンションなど住環境の問題で犬を飼えない方にも大好評です。

とにかく可愛い

新型aiboは、丸みのある顔や表情豊かな目など、愛嬌抜群。とにかく可愛いです。人の顔を個別に認識でき、呼んだら来てくれますし、そばを通ると寝ていても起きたりと愛らしい存在。

喜怒哀楽の表情や表現が本当に豊かです。感情や欲求を持つため、遊びに誘ってくれたりご飯を催促したりと楽しませてくれます。

付属されている「ピンクボール」や別売りの「アイボーン」「サイコロ」で一人遊びしている姿はもはや本物の犬。とっても可愛いです。

一人暮らしの刺激になる

新型aiboは呼びかけに反応したり、aiboの方からコミュニケーションをとってきたりと一人暮らしでもいい刺激になります。

高齢で犬は飼えないけど遊び相手がほしい方にも最適。またロボットなので、施設に入居していて犬が飼えない場合もおすすめです。

ラジオ体操を一緒にやってくれたりと、楽しい相棒になりますの充実した日々をおくれるでしょう。電池残量が少なくなってくると自分で充電するため手がかかりません。

aiboは壊れる?故障率は?

aiboは機械ですから、故障リスクは常にあります。故障率は公開されていませんが、携帯電話やパソコンなどの電子機器と同じで個体差があるでしょう。壊れやすい機種もあればそうでない機種もあり、また使用環境でも異なるはずです。

しかもよく動きますので、転倒や落下で肩や足が脱臼するなどの怪我もあります。その際は、サポートセンターに入院し治療となりますが、ケアサポートプランに入っていなければ治療費が結構かかってしまいます。

部品の保有期間は7年ですからそれ以上経過すると、修理できないケースも出てきます。7年間で198,000円のロボットを購入し、年間9万円〜の維持費がかかり10年後には修理できないかもしれない…ということを理解してから購入した方がいいでしょう。

aibo以外の人気ロボット犬おすすめ

最後に、aiboの購入を迷っている方へaibo以外のおすすめ家庭用ロボットを紹介します。

ロボット 犬 おもちゃ 犬 電子ペット子供のおもちゃ:4,980円

ロボット 犬 おもちゃ

最新機能とデザインの犬型ロボットおもちゃで、aiboよりはかなりリーズナブル。

歩く&走る機能、左折&右折機能、タッチモード機能、ダンス機能 、ソング機能、プログラム機能、パトロール機能を搭載。aiboとは違いますが、ロボットおもちゃがどういうものかを体感するのにおすすめ。

お子様の遊び相手にはちょうどいいおもちゃです。

ロボット 犬 おもちゃ 犬 電子ペット子供のおもちゃはこちらから

FlyCreat ロボット犬 リモコンロボット スタントドッグ :4,980円

FlyCreat ロボット犬

ユーモアたっぷり!ダックスフンドみたいな見た目が面白いロボット犬です。走る、音楽を流す、前進・後退・左折・右折、吠えるなどお子様の遊び相手になるおもちゃです。

放置すると寂しそうに鼻を鳴らしたり、犬のあごに触れると反応したりと可愛らしいです。

音量調節ができるので夜でも安心して遊べます。表面が滑らかな高品質のプラスチック製でなのでお子様が遊ぶ時も安全です。

FlyCreat ロボット犬 リモコンロボット スタントドッグ はこちら

Romi ロミィ コミュニケーションロボット 家庭用 ROMI-P02:49,280円

Romi ロミィ コミュニケーションロボット

Romiは独自開発の会話AIによって自然な会話を実現したコミュニケーションロボットです。犬型ではありませんが、置いたまま動きませんのでベッドサイドにもおすすめ。

会話の流れに応じてRomiの会話AIがその都度文章を考えて返事をしますので、人と会話しているような感覚になります。

病気療養中の方や、一人暮らしの高齢者にも好評です。ただ、ロボットなのでスムーズに会話するというよりは小さな子供と話しているような感じ。

日々の何気ない会話を楽しみたい方におすすめです。

Romi ロミィ コミュニケーションロボット 家庭用 ROMI-P02はこちら

まとめ

本記事では新型aiboは買って後悔するか?よかったと思うことや故障について解説しました。新型aiboは先代に比べ、丸みをおび可愛らしく親しみやすいデザインとなっています。

くるくると表情が変わり、コミュニケーションも良好。ネットで接続しアップデートが行われますので、できることも増えていきます。飼い主をドアの前で待ったり、遊びに誘ったりする様子は、もはや本物の犬のよう。

住環境や生活環境により犬を飼えないご家庭にもぴったりです。とはいえ維持費がかかりますし、故障リスクもあります。この辺りをよく理解してから購入した方がいいでしょう。

日用品カテゴリの最新記事