「75インチテレビは大きすぎる」後悔した3つの理由と失敗しない選び方

「75インチテレビは大きすぎる」後悔した3つの理由と失敗しない選び方

「大型テレビを買おう、せっかくなら75インチどうかな?」と考える方も多いでしょう。

しかし、「75インチテレビって大きすぎる?」「自分の部屋に75インチは合うかな?」「6畳に75インチはきつい?」など、大画面テレビの購入に不安を感じていませんか?

結論から言えば、予算や条件が合うなら75インチテレビは買いです!

大は小を兼ねると言いますので、65インチと迷っているなら迷わず75インチをおすすめします。人の目は環境に合わせて慣れますので小さい方を買ったとしても「もっと大きくてよかったかも」と思う方が多いのです。

とは言っても、75インチが大きすぎると後悔している人もいるのは事実。そこでこの記事では、75インチテレビが大きすぎて後悔した理由と後悔しない選び方を紹介します。

75インチテレビを購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

75インチテレビはこちらから

75インチテレビは大きすぎる!後悔した理由

それでは早速75インチテレビが「大きすぎる」と後悔した方のよくある理由を紹介します。

設置場所によっては邪魔になる

大画面テレビを購入するときは、設置場所に注意。

75インチは大きいため、テレビ台に置く場合、それなりのスペースが必要です。壁と平行に置く場合はまだ良いとしても、部屋のコーナーに置く場合は、かなり場所をとってしまいます。

デットスペースも生まれますので、大画面を購入する上で気をつけて置くべきポイントです。

75インチを一番すっきり設置できるのは壁掛け。最近は以下のような壁掛け用金具も販売されていますので、利用してみると良いでしょう。

テレビ壁掛け用

出典:Rentlivテレビフルモーション壁掛け金具

やっぱり大きすぎた

次に多い理由が、「やっぱり大きすぎたかも」と後悔することです。

これは、テレビを設置してすぐに感じやすいこと。前のテレビサイズよりも大きくすれば、違和感を持つのは仕方がありません。

しかし、安心してください。

「返品したい」「なんでこんな大画面買ってしまったのだろう」と後悔した1週間後くらいには、不思議と大画面に慣れています。そして、なぜか「もっと大きくてもよかったかも」と思ってしまうのです。

私も43インチから65インチに買い換えたとき「え…ちょっと大きすぎたかも」と後悔しました。しかし、今ではすっかり大画面に魅了されてしまい「次は75インチを」と考えています。

当時は「本当に失敗した」と思ったくらい後悔したのですが意外にも早く慣れました。

もっと大きくてもよかったかな?

次に後悔する理由が「もっと大きくてもよかったかも」という声です。

先述したように、テレビ画面は次第に目が慣れていきます。

最初は大画面と思っていても時間の経過とともに「もう一回り大きくてもよかった」と思ってしまいます。

壁掛けの場合はさらにすっきりとして見えるため「もっと大きな画面でも設置できたな」「もっと大画面の方がカッコイイかも」と感じてしまうのです。

中には我慢できず、さらに大画面へ買い替える人も少なくありません。

75インチテレビは大きすぎる?後悔しない選び方・ポイント

75インチテレビを購入するにあたって後悔しない選び方を紹介します。

サイズに迷ったら大きい方を選ぶ

サイズ選びに悩んだら大きい方を選びましょう。今ある予算の中で購入できる最大のサイズを選ぶと後悔がありません。

というのも先ほども触れましたが、人の目は時間とともに慣れていきます。65インチと75インチで悩んだから、75インチを選ぶ方が後悔も少ないでしょう。

視聴距離に気をつける

視聴距離とは、テレビ画面を一番綺麗に見られる距離のこと。液晶テレビの最適な視聴距離は、画面の高さの約3倍、4Kの場合は1.5倍と言われています。

75インチテレビの視聴距離は、4Kの場合1.5mほどになりますが実際にみると正直近すぎると思います。もちろん、視力や好みがありますしみる番組によっても異なるでしょう。

ただ、カメラや被写体がよく動く、旅系やバラエティ、スポーツ番組の場合は目が疲れてしまいます。体質によっては車酔いのような症状を引き起こす恐れもあります。

75インチなら「ホームシアター映像 調整 ・環境 ガイドライン」が推奨する3〜3.5mほどの距離を取れる場所に設置しましょう。

FPSのゲームは不向き

75インチテレビは、シューティングゲーム(TPS)には適していますが、FPSのゲームでは不向きとされています。

FPSのゲームは、いち早く敵を見つけて攻撃する必要があります。しかし、画面が大きいと視線を動かす範囲が広くなり、敵を探す間にやられてしまうのです。公式大会で使用されているのも24インチのモニターですから、FPSゲームをプレイしたい方は注意してください。

75インチテレビの電気代は高い?

75インチテレビは大画面だけに「電気代が高いのでは?」と心配になりませんか?確かに、画面サイズで電気代が変わるのは間違いありません。

そこで、パナソニックのテレビに絞ってサイズ別年間の電気代を以下の表でチェックしてみましょう。

機種&サイズ年間消費電力年間電気代
ビエラ24インチTH-24H30032 kWh864円
ビエラ32インチTH-32H30042 kWh1,134円
ビエラ43インTH-43HX850118 kWh3,186円
ビエラ50インTH-50JX750120 kWh3,240円
ビエラ65インTH-65JX750153 kWh4,131円
ビエラ75インTH-75JX950216 kWh5,832円

*電気代は「年間消費電力(kWh)×電気料金単価(円/kWh)」、電気料金単価は「27円/kWh」として算出しています。

ご覧のように24インチと75インチでは、年間の電気代は約5,000円違いますよね。

経済産業省の資源エネルギー庁HPによれば、テレビは9年前と比べると約42%の省エネを実現しています。9年前の製品から買い替えるだけでも電気代は安くなるはず。

また、省エネ製品を選ぶことで、さらに電気代を安く抑えることもできるでしょう。

「こまめに消す」、「画面の明るさを暗くする」だけでも、電気代の節約になりますので、試してみてください。

75インチテレビおすすめ機種

最後に75インチテレビのおすすめ機種を紹介します。

ソニー 75V型 液晶テレビ ブラビア KJ-75X8000H 

ソニー「ブラビア KJ-75X8000H」は、テレビ番組やNetflixなどのネット動画を4K画質へアップコンバートできる超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載。

「X-Balanced Speaker」を採用し音のひずみを低減、クリアな高音質を再現しています。高さ方向の音表現も可能な立体音響技術で臨場感ある音を楽しめます。

PS4ソフト「Marvel’s Avengers」「ファイナルファンタジーVIIリメイク」公認画質でゲーム好きな方にもおすすめです。

価格(Amazon)191,565円
省エネ基準達成率125%(2012年度)
年間電気代8,208円

ソニー 75V型 液晶テレビ ブラビア KJ-75X8000H はこちらから

LG 75型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ 75NANO91JNA 

 LGの4Kチューナー内蔵液晶テレビ「75NANO91JNA 」は、省エネ達成率なんと206%。節電抜群のテレビです。

AI統合エンジン対応で画質・音質をコンテンツに合わせて最適化します。

IPSパネルなので視野角が広く、斜めから視聴する方にもおすすめ。

75インチで20万円を切るコスパの良さも人気です。海外メーカーですが有機ELを世界で唯一自社制作する世界的メーカーですから信頼感もあります。

価格(Amazon)191,565円
省エネ基準達成率206%(2012年度)
年間電気代5,184円

LG 75型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ 75NANO91JNA はこちらから

東芝 75V型 液晶テレビ レグザ 75M540X 

東芝「レグザ 75M540X」は、省エネ率286%、年間電気代が圧倒的に安い機種です。高画質処理を実現する「レグザエンジンCloud」を搭載し高精細な映像を楽しめます。

ネット動画もゲームも世界観にとことん陶酔できる高画質。

国内メーカーで省エネでこの価格はかなりお買い得です。地上波よりネット動画派におすすめ。

価格(Amazon)221,790円
省エネ基準達成率286%(2012年度)
年間電気代3,591円

東芝 75V型 液晶テレビ レグザ 75M540X はこちらから

まとめ

この記事では、75インチテレビが大きすると後悔する理由、選び方について解説しました。

「75インチは大きすぎて後悔するかな?」と悩みがちですが、大画面は時間とともに慣れていきます。ですから、65インチと迷ったら75インチを選ぶと後悔がありません。


75インチテレビの推奨視聴距離は、4Kで1.4m。この距離ではさすがに近すぎるため、3mほどの視聴距離が取れるのであれば買いでしょう。視聴距離は、有機ELテレビを選べばさらに短くなります。

機種選びに悩んだら、この記事で紹介したテレビを参考にしてみてください。

家電カテゴリの最新記事